カードローン審査落ち理由を知ってスムーズな借入を実現しよう

カードローン審査の審査基準は、想像以上にしっかりしています。

そのため、カードローン審査で審査落ちが目立つ人は、もしかすると基本的な対応で大きな失敗を犯している可能性が出てきます。そんな問題を抱えている場合、とりあえずカードローン審査の申し込みを行ってしまうのは良くありません。

可能な限り、カードローン審査に落ちてしまう理由を把握してから、適切なタイミングで申し込みを行うようにしましょう。

審査落ちの基本!収入が少ないとカードローン審査に通らない

銀行、消費者金融に関係無く、必ずカードローン審査では収入がチェックされます。カードローン審査に関する情報をインターネット上で探ると、低収入でも借りられるという文言を見かけることもありますが、正確には以下のことを意味しているので注意してください。

  • 収入が安定している
  • 勤続年数が1年以上

大事なことなのでしっかりと覚えておきたいことなのですが、大手、中堅の金融業者は信用を重んじてカードローン審査を行っています。

そのため、収入が無いのにカードローン審査を受ける人、勤続年数が少ないのに偽るような人では、カードローン審査で審査落ちになってしまうでしょう。ただし、収入が200万円未満であっても、カードローン審査に通ることはあります。

なので、どうしてもカードローン審査に自信が持てないという場合は、カードローン審査前に、金融業者との間で相談を終えておいたほうが良いでしょう。

審査落ちの対応策!適切な対処でカードローン審査に通ろう

以下のような方法で、カードローン審査で審査落ちになる問題を解決できることがあります。

  • 手取り年収ではなく税込年収で申し込みを行う
  • 副収入がある場合は副収入も申告する

さらに、金融業者の公式ホームページも確認しておいたほうが良いです。審査基準に関する情報が載せられているため、以下のような情報をまとめてチェックできるようになっています。

  • 収入に対する基準
  • 職業に対する基準
  • 在籍確認に対する基準
  • 借入状況に対する基準

補足となりますが、年齢が影響してカードローン審査で審査落ちすることが多くなるケースは稀です。

過去のカードローン審査では、57歳以上は審査基準を満たさないため審査不可というふうに、細かい審査基準が存在していました。ですが今では、60~70歳に対してもカードローン審査を行っている時代のため、そこまで年齢に固執する必要はありません。

入力ミスで審査落ち!?カードローン審査に落ちる理由は様々

簡単なようで重要なことなのですが、カードローン審査はシステムによって初期段階の審査が進むようになっています。そのため、以下のようなミスが多い人も、カードローン審査で審査落ちになる可能性が高いのです。

  • 電話番号、メールアドレスの情報に誤りがある
  • 勤務先の情報が誤っている
  • アドレスの入力で半角英数字を正しく使用していない

入力ミスで、カードローン審査に落ちてしまうというケースは少ないと思って問題ありません。

ですが今では、カードローン審査もコンピューターに頼って審査を行うような時代となっているため、入力ミスが相次いでいるようであれば、本人による申し込みなのか、その裏を取ることが難しくなってしまうこともあるのです。

なのでカードローン審査を申し込む時は、入力した情報に誤りがないかもチェックしたほうが良いでしょう。

信用を重んじたほうが良い!嘘の情報で審査落ちもありえる!

カードローン審査で審査落ちになるケースの中には、嘘の情報を意図的に組み込んでしまったため、審査落ちになるケースもあります。

具体的には、以下のような対応を取ってしまった時に、審査落ちになる可能性が高くなってしまうのです。

  • 年収をごまかす
  • 借入件数をごまかす

年収、借入件数をごまかしたところで、簡単に自分の収入、借入状況をチェックされることはないと考えてしまう人もいるのですが、今では100万人以上がカードローン審査の申し込み、契約を行っているような時代です。

そのため、大まかではありますが職業ごとの年収をチェックできる体制にあるため、カードローン審査で年収をごまかすことは難しいと、思ったほうが良いでしょう。これは借入件数も同じで、借入状況は個人信用情報機関に登録される仕組みになっているため、100%バレないという保証はありません。

審査落ちしやすくて困っている!そんな人にオススメの対処法

以下のことを守るだけで、カードローン審査で審査落ちになる可能性を下げることが可能です。

  • 完済していない借金を完済する
  • 返済の督促が無い状態で申し込む

これらの情報は信用情報という形で登録されていき、個人信用情報機関で管理されるようになっています。

そのため、借金がいくらあるか、完済しているか、返済でトラブルを起こしていないか、これらがチェックされた状態でカードローン審査は進行するようになっているのです。ちなみに、銀行のみ個人信用情報機関の情報を活用しているのではなく、大手の消費者金融、中小の金融業者も個人信用情報機関の情報を活用しています。

知らずの内にグレーゾーン!カードローン審査が難しくなる原因

昔からカードローンは借り過ぎ注意と言われていますが、以下のような借入状況にあると、最悪のケースではカードローン審査そのものを受けられなくなります。

  • 家や車のローン額が高い
  • クレジットカードを複数所持している
  • ローンの返済実績が短い
  • 携帯電話の後払いサービスを良く利用している

上記のような状況は、借金をされたことがある人であれば経験済みという人も多いでしょう。ですが、返済を急いで対応していない、もしくは返済日から遅れて返済の対応をされていることが多いと、カードローン審査を行う業者も快く審査対応しなくなるのです。

返済そのものをまともに行えるのか怪しいというふうに疑われてしまい、そのような人だと判断された場合、以下のような対応を取られてしまうことが多くなるでしょう。

  • 1時間ほどでカードローン審査が終了する
  • 毎回、定まった表現のみで審査が完了する

1時間ほどでカードローン審査が終了するという場合、もしかすると審査そのものを行っていないかもしれません。このような状況を放置されていると、システムによる自動対応のみで審査が完了してしまうため、次の審査を受けられなくなってしまうのです。

借りられるのに借りられない!不思議な状況を改善する方法

他の人よりも収入が多い、借金そのものがまったく無いという条件を満たしているのに、なぜかカードローン審査で審査落ちになる人もいます。

このような問題を抱えている場合は、もしかすると、以下のような基本的なミスを犯しているのかもしれません。

  • 借入希望限度額が高い
  • 複数のローンをまとめて申し込んでいる

銀行、消費者金融の広告を確認すると、500万円以上の借入にも対応しているといった、借入を希望している側にとって有力な情報が見つかることもあります。ですが、一般的なカードローン審査では10~100万円の借入希望限度額に対して審査を行っているので、いきなり100万円以上で借りようとするのは良くありません。

また、すでにカードローン契約を組んでいるのに、すぐ新しいカードローン契約を組もうとするのも良くありません。今では、借入状況がすぐにチェックされる時代となっているので、このような申し込みを繰り返していると、金融業者と上手く付き合っていけなくなる、このようなトラブルが併発することもあるのです。

他にも、以下のようなミスが目立つため、あえてカードローン審査を行わないと、金融業者側が判断するケースもあるので注意してください。

  • 審査中に何度も電話、メールによる対応を求めている
  • 職業の問題を抱えている

公式ホームページをチェックするとわかりますが、今では1日に1000件以上の申し込みに対応している金融業者も存在するため、電話、メールがつながりにくくなることもあり、度重なる電話、メールの対応を取ってしまうと、業者側の運営を妨げる恐れがあるのです。

それと、どのような職業の人であってもカードローン審査に通るわけではありません。

以下のような職業の場合は、カードローン審査そのものの対応が難しくなるため、銀行以外の金融業者で審査の申し込みを行ったほうが良いと、案内している金融業者も存在するのです。

  • ナイトワーカー
  • タクシー運転手
  • 自営業者

ナイトワーカーというのは、キャバ嬢、ホストといった、夜専門で仕事をされている人たちのことです。タクシー運転手、自営業者と同じで、出来高制で収入を確保していると判断される場合、カードローン審査に落ちやすくなることが多いので注意してください。

NEW ENTRY

消費者金融に多い!?審査の緩いカードローンは本当に安全?

審査の緩いカードローンは存在しますが、カードローン審査そのものが甘いわけではありません。 また、審査の緩いカードローンの中には、「誰でも借りられます」と謳っているものもあります。しかしこの...

複数申込のペナルティ!カードローンは複数申込が許容されない!?

カードローン審査では、金融業者側が審査申込上の注意を呼びかけていません。 そのため、「借り過ぎ注意」以外の注意点を知らないまま、カードローン審査に申し込んでいる人が多いのです。ですが、原則...

銀行系の利用で良く見かける!消費者金融はカードローン保証会社?

銀行カードローンの場合、カードローンの保証会社が仲介する形で、カードローン審査が進んでいくようになっています。 そのため、カードローンの保証会社が存在する場合、保証会社が列挙されているので...

消費者金融も無関係ではない!カードローンは信用情報が関係している

カードローンの信用情報ですが、インターネット上のものはすべて正しいわけではありません。 そこで今回は、記事内で正しいカードローンの信用情報、そして誤っていることが多いカードローンの信用情報...

人気の銀行系カードローン!消費者金融カードローンと何が違う?

銀行系カードローンとは、銀行で販売されているカードローンという意味ではありません。 銀行が提供しているカードローンのことなので、銀行グループの傘下にある消費者金融カードローンも、ものによっ...