年収は何を意味する?借り換えカードローンと年収の関係は?

年収とカードローンには密接な関係があります。

インターネット上では、今でも年収に関係なく借りられるカードローンの話もありますが、こちらは今では通用しない話なので、参考にしないほうが良いでしょう。昔に比べて、今ではルーズなカードローン審査が減っていますので、審査が甘い銀行、消費者金融は減り続けているのです。

そのため、年収とカードローンについても、正しい知識を知っておいたほうが良いでしょう。

年収は関係している?カードローン審査はどのように行われる?

カードローン審査は、年収に対しても審査を行っています。ですが、以下のような審査基準があるため、曖昧なカードローン審査を行っているわけではありません。
  • 年収が100万円以上か審査
  • 年収が200万円以上か審査
  • 年収が規定以上か審査

年収が低いと、カードローン審査に通らないのではと思ってしまいますが、今では、あまり気にしないでも良いケースが増えています。

例えば、年収が100万円以上か審査される場合は、「アルバイト、パートでも審査可能」という案内を出しているからです。重要となるのは、どのような職業に対してカードローン審査を行っているのか、こちらだけしっかりとチェックするようにしましょう。

年収が100万円以上か審査というのは、アルバイト、パートも含めて審査しているケースです。年収が200万円以上か審査される場合、正社員として勤務されている人を中心として審査しているだけで、アルバイト、パートであっても年収次第ではカードローン審査を申し込めます。

注意点として、年収が規定以上か審査しているケースでは、アルバイト、パートは審査不可だと思ったほうが良いでしょう。

規定は300~1000万円で定められていることが多く、特定の職業に就いていない人は審査不可のケースが多いからです。

雇用区分に注意!実は年収以上に重要視されることがある

カードローン審査では、年収だけでなく、実は雇用区分も必ずチェックされるようになっています。

雇用区分とは以下のような区分のことなので、どれに該当するかを確認してから、カードローン審査に申し込んだほうが良いでしょう。

  • 正社員
  • 準社員
  • 契約社員
  • 派遣社員
  • アルバイト
  • パート

正社員、準社員であればカードローン審査で評価が上がりやすいです。

契約社員、派遣社員は評価上のマイナスが無いだけなので、高評価につながることもあまりありません。なぜこのようなカードローン審査を行っているのかというと、それは返済能力を確かめるためです。

人によっては、年収が多く雇用区分の評価は低いというケースもあります。この場合、会社の都合で退職になるリスクもありますので、金融業者によってはカードローン審査が厳しくなるのです。

アルバイト、パートの場合、収入が安定しているのかを確認するため、以下のような収入証明書類を提出するように言われることもあり、それほどカードローン審査上の評価は良くありません。

  • 直近の収入がわかる通帳
  • 確定申告書
  • 納税証明書

これらは写しでも問題ありません。ですが、カードローン審査時の対応を見るだけでも、年収、雇用区分の重要性が良くわかります。

勤務先のスコアリング!勤務先が変わる場合は要注意

カードローン審査は、スコアリングを基準として審査が進むようになっています。スコアリングでは、属性ごとに点数をつけていき、高得点者ほど高評価につながるのです。
・スコアリング

項目ごとに点数をつけるという形で評価することを、スコアリングと言います。

スコアリングの属性とは、年収、勤務先、勤続年数、職業などの主だった項目のことで、スコアリングが良い人物ほど、ハイグレードのカードローン契約を組むことが可能です。

例えば、勤務先にもスコアリングがあるため、勤務先が変わるという場合は、スコアリングも意識してカードローン審査に申し込んだほうが良いでしょう。

  • 上場企業:最高評価
  • 大企業:高評価
  • 中小企業:評価なし
  • 零細企業:低評価

人にもよりますが、派遣社員から正社員に変わるなど、このような時は勤務先が変わることもあります。また、勤務先が変わると年収が変わるため、新しい勤務先で給料をいただいてもいないのに、カードローン審査を行っても良いのか・・・、このような悩みを抱える人もいるでしょう。

ですが、カードローン審査の年収は「見込みでも問題ない」ので、年収が300万円から400万円に変わる場合は、そのことを備考欄にまとめておき、カードローン審査に申し込んで問題ありません。

詳しいポイントは?勤務年数は1年以上でなければいけない?

カードローン審査で良く見かける、年収、勤続年数ですが、年収に比べて勤続年数は厳しい評価が少ないです。

  • 2年以上:高評価
  • 1年以上:評価あり
  • 1年以内:評価なし

上記のとおり、勤続年数が2年以上であれば高評価になるだけです。勤続年数はあくまでも、どの程度でお勤めされているのか推し量るためのものとなります。

ただし、1年の勤続年数を2年と偽るようなことをするのは良くありません。もし、収入証明書類を求められる形でカードローン審査が進む場合、2年分の収入証明を行わないといけませんし、提出できない場合はカードローン審査に落ちることもあります。

カードローン審査で年収、勤続年数を記入する際は、誤った情報がないかをチェックした上で申し込みを終えましょう。

意外と効果的!?カードローン審査に通りやすくなる方法

カードローン審査は、年収が高いとカードローン審査に通るという保証がありません。

ですが、カードローン審査で通りやすくなるためのテクニックはあります。具体的には、以下の対応を知っていると、カードローン審査で高評価になることが多くなるのです。

  • 利用限度額を低く設定する
  • 借入件数を減らす

簡単なことのように感じるかもしれませんが、カードローン審査には印象の評価もあるので注意してください。

人によっては、年収が高かったとしても負債も多いというケースがあります。

基本的に、金融業者は金融トラブルを起こしている人とは取り引きをしません。というのも、保証会社のほうで信用情報をチェックしてから、カードローン審査が進むようになっているからです。

そのため、とりあえず借入件数を減らしておき、真面目に借金返済を行っている人という印象が大事なのです。利用限度額についても同じで、今まで取り引きが無かった相手に対して、今では50万円以上の融資を行うケースが稀となっています。

つまり、利用限度額を低く設定する行為は、金融業者との付き合いをわかっている人ならではの対応なのです。

「これでは利用限度額が少なくなる・・・」と思うかもしれませんが、カードローン契約後は増額審査が可能となっておりますので、こちらに申し込んでカードローンの利用限度額を増やすようにしましょう。利用状況が良い人であれば、半年ほどで運営が増額してくれることもあります。

年収が高いとどうなる?金融業者で受けられるサービスの変化

カードローンを正しく利用していると、カードローンの運営側から様々なサービスを受けられます。

  • カードローンのグレードが上がる
  • 別種のローンに申し込める
  • 金利優遇されることが増える

カードローンは、クレジットカードに似ていると言われることが良くあります。実際にクレジットカードのようなグレードは存在しますし、カードローンのグレードが上がると、100万円以上の融資を安全に行えるのです。

通常であれば他の金融業者も用いて、少額の融資を繰り返して100万円以上借りるケースが多いです。ですが、カードローンの利用状況が良く、且つ年収も良い場合には、これほどの恩恵を受けられるようになります。

その他にも恩恵は存在し、例えば、クレジットカード、自動車ローン、住宅ローンにも申し込めるようになります。

これらの金融商品は金融業者のほうで特別なものが用意されるため、通常よりも金利が低く設定されるのです。

なによりも嬉しいのは、カードローン審査にかかる時間が短いところでしょう。

前述のカードローンのグレードが上がるケースでは、ほぼすべての対応を金融業者のほうで行ってくれます。手数料などもかかりませんし、必要書類についても最低限で済むようになるのです。

これらの恩恵をまとめて得られますので、年収が高い場合は、カードローン審査時に年収を明記したほうが良いでしょう。