クレジットカードの契約中!そんな人もカードローン借り換えは可能?

カードローン、クレジットカードには、大きな違いがありますので注意してください。

今回はそんな違いをピックアップしています。カードローンの場合、カードローン審査を受けないといけません。

これは借り換え時であっても同じなので、クレジットカードを持っているという理由で、審査無しにすることはできません。インターネット上では、今でも審査無しカードローンの情報があるため、これらの情報に騙されないよう気をつけたほうが良いです。

カードローンは借り換え可能!審査も通常と大きく変わらない

すでにクレジットカードの契約を組んでいる人であっても、カードローンの借り換えは利用できるようになっています。ですが、以下の審査基準をクリアできない人では、カードローン契約を組むことができません。
  • 年齢が満20歳以上
  • 勤務されている
  • 安定した収入を得ている

クレジットカードに比べてカードローンは、審査が厳しくなっています。

というのも、クレジットカードは10万円、20万円で枠が限度額に達するものが含まれるからです。カードローンの場合、1~1000万円の範囲で金融商品が売られているため、誰でもカードローン審査に通るわけではありません。

昔であれば、50万円、もしくは100万円の融資を受けていた人もいました。

ですが今では、総量規制によってカードローンの審査が行われているため、年収を無視して借りられる時代では無くなっています。

・総量規制

年収に対して審査を行う規制のことです。年収の3分の1以上を超えて融資することができないため、昔のように大金の融資を受けることが難しくなりました。

また、収入が不安定だと判断されるような人も、カードローン審査に通りません。「借り換えカードローンの審査は甘い」と言われることもありますが、実際はそこまで甘くないので注意してください。

収入が不安定というのは、以下のような収入を得ている人のことです。

  • ギャンブルで収入を得ている
  • 収入が不定期に発生する
  • お金の流れが不透明な現場での収入
  • 生活保護、失業保険で発生する金銭

他にも、インセンティブ報酬が多い場合、カードローン審査が厳しいものになります。

基本給が10万円以下、残りはインセンティブ報酬で収入が不安定という場合、借り換えカードローンの審査を申し込みたいのであれば、職業そのものを変えたほうが賢明かもしれません。

借り換えたほうが良い?クレジットカードのメリットを再確認

クレジットカードには以下のようなメリットがあるので、カードローンのために解約するのはもったいないかもしれません。

  • 年齢が満18歳以上から申し込める
  • 多機能なカード
  • 引き落とし用のカードとして用いることも可能
  • 信用情報の実績作りに役立つ
  • グレードが上がる仕組みを採用している

補足となりますが、クレジットカードはカードローンと同じで、年収に対して融資を行う仕組みになっています。

そのため、カードローン審査のように収入の確認、在籍確認、本人確認を行う手順はすべて一緒となっているのです。もしクレジットカードを解約してしまうと、すべて最初からやり直しとなりますので、とりあえず借り換えカードローンに申し込もうと思っているだけの人は、クレジットカードの解約を保留にしたほうが無難でしょう。

信用情報の実績作りについてですが、年齢が満18歳以上であればクレジットカードの契約を組むことが可能なため、実績作りに最適という意味です。

実績作りとは、意図的にローン契約を組むことによって、金融業者との取引記録を残すことです。これはカードローン、クレジットカードの会社のみで管理される情報ではありません。

今では個人信用情報機関を通じて、信用情報をまとめて照会できる時代になっており、例えば、A社がB社の取引記録を参考にして、カードローン審査を行うこともあるのです。

取引記録は長く安定しているほど良いため、大きな借り入れを避けれるクレジットカードは、実績作りに最適と言えます。しかもクレジットカードは、キャッシング枠の利用限度額が低くなる傾向にあります。

年収が多い人であっても、クレジットカードの場合は10~50万円のケースが多く、借り過ぎを防止したい人は、事前にクレジットカード契約を組んだほうが良いでしょう。

カードローン審査の壁!クレジットカードとは大きな違いがある

カードローン審査には以下のような注意点があるため、今では審査が甘い金融業者がほとんど存在しません。これは中小消費者金融であっても同じです。
  • 保証会社が審査を行う
  • 収入証明書類の提出を求められる
・保証会社

カードローン審査を主に担当している会社が保証会社です。

カードローンの商品ページを確認すると、項目の中に保証会社が存在し、保証会社が複数存在する場合は、好きな保証会社を選択できるようになっています。

保証会社の多くは、大手の消費者金融、信販会社となっていますので、これらの金融業者で金融トラブルを起こしている人では、カードローン審査に通りません。

その代わり、1~3日ほどでカードローン契約を組むことが可能で、その後は自由に利用できるようになっています。クレジットカードの場合、カード発行、カードの郵送までに1週間以上かかることが多いので、こちらはクレジットカード特有のデメリットです。

収入証明書類についてですが、以下のような書類を提出するだけで良いため、それほど苦労することはありません。

  • 直近の収入を証明できるもの
  • 確定申告書
  • 納税証明書

収入証明書類を求められるケースですが、年収、職業に見合わない利用限度額を設定している場合です。

つまり、50万円以上で収入証明書類の提出を求められる場合は、30万円あたりで申し込みをするだけで問題ありません。銀行に比べて、消費者金融は収入証明書類の提出を求めることが多いので、借り換えカードローンに申し込む際は、銀行を利用してみるのも良いでしょう。

カードローンに借り換え!そんな人たちが感じているメリット

借り換えカードローンをすでに利用されている人たちは、以下のメリットを感じていることが多いです。

  • 借り入れ、返済にゆとりができた
  • 金利優遇で返済額が減った
  • 返済方式を選び直せた

借り換えカードローンと一般的なカードローンには違いがあり、借り換えカードローンの場合、長期ローンを組むことが可能になります。

人によっては、昔よりも収入が減ったので借り換えカードローンを選ぶ人もいますが、借金苦の場合は、借金苦であることを伝えて借り換えカードローンの審査を受けたほうが良いです。もともと1年ほどで返済予定であったものを、借り換えカードローンであれば2年、3年にすることが可能になります。

なんの相談もされていない場合、カードローン契約後にさらに組み直しをできないか相談する人もいますが、カードローン、クレジットカードともに対応していないので注意してください。

そのため、銀行、消費者金融はローンに関する相談を無料で行っています。窓口で相談する必要はありませんので、インターネット、電話からの申し込み、相談も可能になっています。

また、返済方式を選び直せるところも借り換えのメリットでしょう。

例えば、ボーナス払い無しにしたいのであれば、ボーナス払いの項目にチェックを入れないだけで問題ありません。そして、借金返済に余裕ができてきた時は、随時返済という形で借金返済を進めるようにしましょう。

カードローン審査の謎!どうして無職でもカードローン審査が可能?

原則として、カードローン、クレジットカードともに、無職でも審査申込が可能となっています。

その理由ですが、今では以下の理由によって可能となりました。

  • 保証会社が存在する
  • 人々の働き方が変わってきた

大きな変化は保証会社が存在することでしょう。保証会社は消費者金融、信販会社から選べるようになっていますし、今では10年以上の実績がある保証会社まで存在します。

そのため、保証会社のほうでローン審査をためらうような相手でなければ、原則として無職でも審査申込が可能なのです。

保証会社のほうでローン審査をためらうケースは、主に以下のケースが該当します。

  • 債務整理中
  • 多重債務者
  • トラブルが目立つ

債務整理の申し立てを行った時点で、債務整理の申し立てを行っていることが明らかになってしまいます。そのため、債務整理の申し立て後にローン審査を行っても、ローン審査そのものを行ってもらえず審査落ちになります。

そして今では信用情報を共有している時代です。そのため、多重債務者であることを偽ってローン審査の申し込みをされても、ローン審査に通ることはありません。

トラブルが目立つというのは、例えば、電話連絡が難しい相手、ローン契約後に返済を行っていない、もしくは連絡時に悪態をつくなどして、カードローンの運営側、保証会社からの印象を悪くしている人が該当します。

今では契約者本人の印象もチェックしているので、電話連絡をしっかりと行い、安全な取り引きができる相手であることをアピールしたほうが賢明です。

補足となりますが、今では、夜間のみ仕事をされている、インターネットのみで生計を立てている人であっても、信用情報、スコアリングに問題が無いようであれば、カードローン、クレジットカードの審査に落ちる可能性は小さいです。保証会社の影響もあり、このような柔軟な対応が可能となりました。

主婦、主夫も審査可能!無収入でもカードローンを持てる?

専業主婦カードローンのような、専門性の高いカードローンは、基本的に借り換えカードローンとは別物です。

他にも、以下のような専門性の高いローンが存在します。

  • 公務員専用カードローン
  • 高齢者専用カードローン
  • 学生専用カードローン

専業主婦カードローンの補足となりますが、専業主婦のみ該当という意味ではありません。主婦、主夫のどちらであっても申込可能となっているので、安心して主夫も申し込めるようになっています。

専用カードローンが存在する理由ですが、主だった理由は、ローン審査が特殊になりやすいからです。

例えば、公務員専用カードローンの場合は、長期ローンを組むような形でカードローンを持つことが多く、他のカードローン、クレジットカードからの借り換えにも対応しているのです。安全かつ恒久な取り引きを可能とするため、定まった金融機関のみで取り引きを始めることが可能になっています。

好きな金融業者を選べないのはデメリットですが、金利優遇で10%以内の金利設定になるなど、公務員専用カードローンでしか味わえないサービスが充実しています。

そして、高齢者専用カードローン、学生専用カードローンは、基本的に30万円以上の融資に対応していません。そのため、借り換えカードローンの審査を受ける場合も、この範囲内で審査を受けないといけません。

主に消費者金融で金融商品を販売していることが多く、金利、融資限度額が他より優れているわけではありません。これらのことを理解した上で、専用カードローンに申し込んだほうが無難です。