金利安い金融業者は多い!?カードローンの金利で得をする方法

近年では、即日審査のカードローンであっても、金利安いカードローンを探す人が増えています。

そんな金利安いカードローンの情報の中には、古い情報も混ざっているため注意しないといけません。なので今回は、新情報として知られるようになった、金利安いカードローンの情報をまとめました。

少しでも金利で得をしたいと考えている方は、記事を読み進めて、自分に最適なカードローンを選べるようになってください。

金利が0%!条件付きで利用できる金利安いカードローン

最も金利が安いカードローンは、消費者金融で販売されているカードローンです。というのも、以下のような金利0%のカードローンを販売しているからで、これは即日審査のものであっても同じとなります。
  • 30日間の無利息キャッシング
  • 180日間の無利息キャッシング

30日間、180日間が用意されているのであれば、180日間を選べば良いと思ってしまいますが、180日間は5万円までの借り入れに対して適用されるなど、適用条件が細かく決まっています。なので、これからカードローンを利用する予定の方は、とりあえず30日間の無利息キャッシングを選択すると良いでしょう。

補足となりますが、30日間、180日間は初回の契約に限るという条件があります。何度も繰り返し利用可能となっているわけではありません。

また、銀行カードローンは無利息キャッシングを専門的に販売しておらず、主に対応しているのは消費者金融カードローンです。

昔に比べて今では、カードローン、キャッシングの利用者数が減っているため、利用者にとって有用なサービスが増えてきました。また、無利息キャッシングにはペナルティのようなものが無いので、安心して利用できるのも魅力的です。

銀行は金利が安い!消費者金融と比較すると良くわかる金利の安さ

カードローン契約時に適用となる金利設定ですが、銀行系、消費者金融では、銀行系のほうが金利設定が安いものになりやすいです。

金融機関名 融資限度額 実質年率
銀行 500万円 2.0%~15.0%
信用金庫 100万円 10.0%~12.0%
消費者金融 300万円 3.0%~18.0%

銀行系である銀行、信用金庫は金利設定が安いため、今では、消費者金融カードローンから、銀行カードローンに切り替える人が増えてきました。

ただし信用金庫については、融資限度額、金利が、プランで定まっていることが多いため注意してください。例えば、30万円、50万円、100万円で金利が固定になっているケースが多くあります。

しかし銀行カードローンよりも金利が安いため、段々と信用金庫カードローンの利便性が知られるようになってきました。なので、金利が安い金融業者を選別する場合、銀行系、消費者金融で分類されることが多いのです。

銀行カードローンでも増えている!今では無人契約機も標準化

無人契約機というと、無人契約コーナーを置いている消費者金融が有名です。しかし今では、大手銀行も無人契約機を設置するようになりました。

三井住友銀行のような大手銀行にも設置されているのですが、以下のような理由もあり人気が高いです。

  • プライバシー保護がしっかりしている
  • 銀行員にアドバイスをもらいながら申し込みできる

消費者金融の無人契約機と同じで、カードローン審査に対して悩みがある場合は、ボタンを押すだけで銀行員からアドバイスをもらえるようになっています。

このようなサービスは女性からも支持されており、女性の場合は、プライバシーガラスによりプライバシー保護が成されているため、安心して利用できるという評価を行っています。これは、銀行に設置されている無人契約機のほぼすべてに言えることです。

プライバシーガラス以外では観葉植物を置くなどして、あまり重たいイメージにならないよう工夫されています。

近年では、カードローン審査だけでなく、申込者に適したプランをアドバイスするサービスまで増えてきました。初めてカードローン審査に申し込む人の場合、どのようなプランが好ましいか、どれだけ借りると良いのか、返済シミュレーションを行いたいという要望を持っています。

そんな要望に応えるため、銀行に設置されている無人契約機の中には、自分に適したプランや、安い金利のカードローン選びなど、細やかなサービスにまで配慮されているのです。

金利が変動する!?カードローンの金利はどのように設定される?

カードローン審査後に契約内容を確認すると、以下のようなことが記載されています。

  • 借入可能額
  • 適用される金利

そもそもカードローン審査とは、申込者の要望を聞き入れるために行っている審査です。

なので、要望は要望として処理されるだけで、例えば、金利2.0%で100万円の融資を受けたいという要望については、可能な限り対応することしかできません。実際は、借入可能額に対して金利設定されるシステムとなっているので、100万円の場合は12.0%前後で金利設定されます。

では、どれほどの融資を受けると金利が最も安くなるのかというと、それは、融資限度額まで借りられる場合のみです。100万円が融資限度額の場合は100万円、500万円の場合は500万円の融資を受けられる方のみ、金利設定が2.0%、信用金庫カードローンであれば10.0%という設定になります。

また、金利設定の詳細が気になる方は、公式ホームページで確認すると良いでしょう。

以下のような金利が変動する仕組みの案内を確認できるため、事前に確認しておくと、金利設定の仕組みについて詳しくなれます。

  • 50万円以内:15.0%
  • 50~100万円:12.0~14.0%
  • 100~300万円:6.0~12.0%
  • 300~499万円:4.0~6.0%
  • 500万円:2.0%

信用金庫のカードローン!金利が固定になるメリット、デメリット

信用金庫カードローンなど、ローンの中には固定金利という金利設定が存在します。

他にも変動金利という金利設定も存在するのですが、これら2種類の金利設定には以下のような特徴があるのです。

  • 固定金利:金利が固定で変動しない
  • 変動金利:状況に応じて金利が変動する

変動金利の仕様を確認すると、「状況に応じて」という表現が良く用いられています。

状況というのは、正確には市場の変動のことで、市場とは経済を意味しています。経済には好況、不況が存在するため、不況が長続きしているようであれば、変動金利の金利設定は安い状況を推移しません。

つまり、不況が長続きしている場合は固定金利のほうがわかりやすく、且つ便利なのです。

また、メリットが多いように感じる固定金利ですが、以下のようなデメリットもあるため、固定金利、変動金利ともに一長一短があると思ったほうが良いでしょう。

  • 金利が安いとは限らない
  • 長期間の利用に向いていない

実際に、信用金庫カードローンだけでなく、住宅ローンなども確認してみるとわかるのですが、金利設定は固定金利なら安いというわけではありません。なので、固定金利であれば金利が安いカードローンばかりではなく、むしろ、同額の融資に対しては変動金利のほうが安いのです。

これは、即日審査のカードローンでも同じなので、金利を気にする時は、低金利カードローンを販売している銀行系で、さらに安いと評判の大手銀行を利用したほうが確実でしょう。ちなみに、大手銀行、中堅銀行で金利設定を比較しても、0.1~1.0%ほどの差しかありません。

低金利カードローンは、銀行カードローンで良く見かけるキーワードでもあるのですが、今では金利を昔より下げている状況のため、特別安い低金利というのは、金利優遇キャンペーンを除くとかなり少ないです。なので、金利安いカードローン選びをされる時は、他と比べても本当に金利が安いのかもチェックしたほうが賢明でしょう。

今ではポピュラー!銀行、消費者金融で見られる変動金利

固定金利と良く比較される変動金利ですが、変動金利にも以下のようなデメリットがあるので注意してください。

  • 数年で金利設定が見直される
  • 現在ではほとんど変動しない

変動金利は、変動しやすい金利と勘違いされている方が多くいます。

ですが、固定金利、変動金利のどちらも、市場に大きな変化が見られた場合に限り、金利が変更となる可能性があるだけです。そのため、不況の場合はほとんど変動することがなく、好景気になったとしても、好景気になってから数年後に大きな変動が見られるだけなのです。

サイクルとしては、3~5年で見直しが進むようになっているため、カードローンを選ぶ際も、金利変動に関するニュースが流れていない場合は、ほとんど変動しないという見切りをつけても問題ありません。

そもそも変動金利は、金利が少しでも安い状況になると、買い注文が相次ぐような商品を通じて有名なだけです。

例えば、住宅ローンの場合は変動金利が重要となってきます。近年では、変動金利が昔に比べて下がりやすくなっていますし、住宅ローンの中には1000万円を超えるような、高額の融資を受けるローンも存在するのです。

そのため、カードローンの固定金利、変動金利に注目するよりも、低金利カードローンを販売している金融業者に注目したほうが良いでしょう。

銀行だけのメリット!金利安いカードローン以外の魅力

銀行カードローンには以下のような魅力もあるため、今では金利が安い以外の理由で、銀行カードローンで契約を組む人が増えています。

  • 他社の借り入れを銀行カードローンに切り替えることが可能
  • 家族で契約できる金融商品を販売している

近年では、消費者金融カードローンを銀行カードローンに切り替える人が増えてきました。

というのも、金利安いカードローンの代表格として、銀行カードローンが有名になってきたからです。銀行カードローンは金利が安いだけでなく、総量規制対象外のカードローンも販売しています。

・総量規制

銀行系は総量規制対象外、消費者金融は総量規制が適用されているため、消費者金融では高額の融資が難しい状況です。

総量規制が適用されている場合、年収の3分の1以上を超える融資を受けることができません。そのため、消費者金融から銀行に切り替えている人が増えてきました。

このような対応を借り換えローンと言います。借り換えローンは、銀行でも積極的に広告を出しているため、安心して利用できるカードローンとして有名です。

借り換えローンの長所は、通常のカードローン審査と同じ内容でカードローン審査を受けられるところです。しかも、通常のカードローンとは違い、金利が通常よりも安い状況になることが多いため、賢く借りて返済できるカードローンとして一躍有名になりました。

その他の金融商品では、家族で利用できるカードローンのように、金利が安いだけでなく、契約者をひとまとめにするタイプのカードローンも人気です。

カードローンの審査!昔のように今も審査は厳しい?

消費者金融の即日審査のように、カードローン審査の中には、中々審査に通らないタイプのカードローンも存在します。

現代のカードローン審査は、以下のような項目によるスコアリング審査を行い、スコアリング審査で問題が無いと判断できる人物であれば、カードローン審査に落ちる可能性は小さいです。

・スコアリング審査

クレジットカードの審査方法として有名で、スコアリングとは個人情報に点数を付けるという意味です。

項目 評価方法
年収 ・100万円以上から評価される
・500万円を超えると高評価
勤続年数 ・1年以上から評価される
・3年を超えると高評価
勤務先 ・会社員としての勤務で評価される
・公務員、大手の勤務で高評価
借入状況 ・返済能力に見合った借り入れで評価される
・自動車ローン、住宅ローンありで高評価

スコアリング審査は、なにもマイナスの評価を付けるために行っているものではありません。

そのため、配偶者ありの方であれば高評価となるため、職業が専業主婦であっても評価されるのです。他にも、安定した生活を行っているかどうかの指標となる、借入状況に対しても多くの高評価が存在します。

例えば、クレジットカード、自動車ローン、住宅ローンなど、毎月で定まった返済額を見込めるローンに対して、安定した返済を行っているようであれば高評価となります。クレジットカードの場合、今では賃貸料の支払い、光熱費の支払いに用いられていることが多いため、クレジットカードを所持していると、かえってスコアリング審査で評価されないわけではありません。