今でも人気のみずほ銀行!カードローンにはどんな特徴がある?

みずほ銀行カードローンは、銀行系カードローンの中でも低金利のカードローンです。

そのため、最近になってみずほ銀行カードローンに申し込む人が増えてきました。ですが、メリットばかりの銀行系カードローンではないので、記事を読んで、的確にみずほ銀行カードローンを利用したほうが良いでしょう。

また、今では定番の低金利カードローンについて、どうして人気が高まっているのかも案内しています。

ローン利用者が多い!みずほ銀行カードローンの商品内容

みずほ銀行カードローンは、低金利のカードローンを提供しているため、今でも人気があります。具体的な内容については、下の表を参考にしてください。
項目 内容
融資限度額 800万円
実質年率 2.0~14.0%
申込条件 ・申込時の年齢が満20~66歳
・安定した収入を得ている
・みずほ銀行普通預金口座をお持ちの方
保証会社 株式会社オリエントコーポレーション
提携ATM ・セブン銀行
・E-net
・ローソン
・提携金融機関
・ゆうちょ銀行
特徴 ・みずほ銀行の口座開設は必要
・アルバイト、パートも申込可能
・専業主婦(主夫)も申込可能

カードローン審査で良く見かけるものに、安定した収入を得ている人であれば申込可能というものがあります。

安定した収入とは、以下の職業に就いて収入を得ている人のことなので、それほどカードローン審査の申込条件が厳しいわけではありません。

  • 正社員
  • 派遣社員
  • 契約社員
  • アルバイト
  • パート
  • 自営業
  • 専業主婦

補足となりますが、上記の職業に就いていたとしても、収入がまだ発生していない、もしくは派遣先などが決まっていないなど、収入が不安定だと感じる場合では、カードローン審査に通らないことがあります。

そのため、安全にカードローン審査を通過したい場合は、すでに収入が発生していることを確認し、可能であれば収入を得てから数ヶ月経過後に、カードローン審査の申し込みを行ったほうが良いでしょう。

ローン審査が柔軟!好きな方法でカードローン審査を申し込める

みずほ銀行カードローンでは、以下の方法でカードローン審査に申し込めるようになっています。

  • インターネット
  • 書類の郵送
  • 電話による申し込み
  • 窓口からの申し込み

カードローン審査申込時に提出する必要書類についても、以下のとおりシンプルになっていますので、これからカードローン審査に申し込む人であっても、気軽に申し込めるようになっているのです。

  • 本人確認書類のコピー
  • 収入証明書類

今では、インターネットからの申し込みが増えています。というのも、カードローン審査に申し込む人というのは、銀行、消費者金融に関係なく、周囲の人達にカードローン審査申込を知られたくないからです。

これは男性よりも女性のほうが気にしているため、今では、インターネットからの申し込みが定番となりました。書類、電話、窓口の申し込みについては、高齢者の利用数が安定しています。

インターネットのみでも申し込めるのですが、高齢者の場合、カードローンそのものを信じていない人もいます。そのため、銀行、消費者金融では窓口などを通じて、具体的な内容について案内するサービスが残っているのです。

また、スタッフのアドバイスを受けながら申し込むことも可能となっているため、カードローンの利用経験がまったく無い人であっても、審査の申し込みは大変ではありません。

利用者が多い理由!みずほ銀行だけのサービスが充実している

みずほ銀行カードローンには、以下のような大きな特徴があります。そのため、メガバンクとして今でも親しまれているのです。
  • 融資限度額が800万円
  • 専業主婦でも申し込める
  • ローンの販売実績が業界トップクラス

融資限度額についての補足となりますが、融資限度額800万円とは、最大で800万円の融資が可能という意味です。

そのため、融資そのものの審査が甘いというわけではありません。例えば、専業主婦カードローンを通じてカードローン審査を申し込んだ場合、30万円を限度として申し込むことになります。

融資限度額は800万円のはず・・・と思ってしまいますが、これは申し込むカードローンによって限度額が異なるので注意してください。実際に、他の銀行系カードローンであっても、融資限度額300~500万円となっており、収入状況によって借入可能額が異なるのです。

サラリーマンとしてカードローン審査を受けた場合でも、50万円、100万円、200万円・・・とランクアップしていき、最大では800万円の融資を受けられるだけとなります。つまり、誰でも初回から800万円の融資が可能という意味ではありません。

このような堅実な運営を行っているので、みずほ銀行の人気は高いのです。

銀行系カードローンの中にも、多額の融資を謳っているものはあります。ですが、このようなカードローンを利用してしまうと、不要なのに借りてしまうという危険が発生します。

大手銀行のカードローンは、収入状況、返済状況、金融事故の有無まで確認して、始めてカードローン審査が進むようになっているため、安心できるローンライフを提供できているのです。手数料などが発生するものでも無いので、利用後にトラブルが起きることもありません。

低金利カードローン?今では銀行の中で人気の金融商品

カードローンには以下のような種類があり、その中でも低金利カードローンの人気は高いです。

  • 固定額、固定金利のカードローン
  • 職業別のカードローン
  • 低金利のカードローン

信用金庫など銀行系カードローンの中には、固定額による融資を行っている金融業者も存在します。

例えば、100万円の融資で実質年率10.0%のようなカードローンは、信用金庫以外では、ほとんど見ることが無い金融商品なのです。職業別のカードローンとは、公務員、医師など様々な職業に対して融資を行うもので、特定の職業に就いていない場合は、カードローン審査に通らないようになっています。

ですが、低金利カードローンは審査条件が柔軟となっているため、従来のカードローンと同じような形で利用できるのです。

低金利カードローンの利点ですが、他の金融業者と比較することで、本当に低金利であることが簡単に理解できるところでしょう。

  • 一般的な銀行:3.0~15.0%
  • 一般的な消費者金融:4.0~18.0%

みずほ銀行カードローンは、金利が低いと言われている銀行系カードローンの中でも特に低いです。みずほ銀行カードローンよりも低金利のカードローンは存在しますが、その代わり、収入、勤続年数などに対する審査条件が厳しいため、誰でも申し込めるカードローンではありません。

このような背景が存在するため、みずほ銀行カードローンに申し込む人が多いのです。

専業主婦カードローン!少額の融資であればローン審査が可能

専業主婦カードローンは、主婦、主夫であれば申し込めるカードローンです。

というのも、以下の条件を満たせる人であれば、カードローンの契約が可能となるため、申し込みそのものが可能になっています。

  • 配偶者の了承が必要
  • 同様のローンを組んでいない

みずほ銀行では、みずほ銀行のキャッシュカードをすでにお持ちの方であれば、カードローン機能をキャッシュカードに付与することが可能です。専業主婦カードローンを利用される方は、このような機能を気に入って、みずほ銀行でカードローン契約を組む人が増えてきました。

というのも、みずほ銀行のキャッシュカードを見ただけでは、カードローン機能が付与されているのか、こちらがわかりづらいからです。

ちなみに、配偶者の了承だけでなく、収入状況もチェックされるので注意してください。一般的なカードローン審査と同じで、年収、返済状況、金融事故の有無までチェックされるので、これらの情報について虚偽の報告があった場合、カードローン審査に落ちてしまう可能性が高まります。

ローン返済と相性が良い!残高不足の際も自動で融資してくれる

クレジットカードなどを通じて有名になった機能の中に、残高不足時の自動融資サービスがあります。

以下のようなサービスを行ってくれるため、今では定番のサービスとなりました。

  • 返済で遅延するリスクを避けられる
  • 契約中のカードローン以外に適用となる

このような機能は、みずほ銀行カードローンでも用意しています。

返済で遅延するリスクというのは、遅延を何度も繰り返していると、借金そのものができなくなってしまうというリスクです。今まで、借金返済でトラブルを起こしたことが無いという人ほど、借金返済で起こしてしまいやすいトラブルとされています。

ですが、みずほ銀行カードローンであれば、自動融資サービスを通じて、このようなリスクを回避できるのです。

また、みずほ銀行カードローン以外に対して適用となるため、カードローンと他のローンを区別して対応することも可能です。借金返済の遅延は、借金返済のトラブルとして扱われますので、問題は借金1件の範囲で済みません。

借金返済のトラブルに関する情報は、金融業者で共有している情報となります。つまり、A銀行でトラブルを起こしてしまうと、B銀行でもカードローン審査を行ってくれない・・・、このようなトラブルに巻き込まれることがあるのです。

銀行系カードローンのデメリット!審査以外に時間がかかってしまう

みずほ銀行カードローンだけでなく、銀行系カードローンには以下のようなデメリットがあります。

  • 審査が厳しい
  • 金融トラブルありの場合は審査に時間がかかる

審査が厳しいとは、例えば、すでに100万円ほど融資を受けている場合、他の銀行系カードローンでは、1~20万円ほどしか借りられないことがあります。銀行系カードローンには、銀行のみで定まっている審査基準がありますので、どうして融資額が少ないのか・・・、こちらについてはアドバイスしてくれません。

また、すでに銀行、消費者金融で金融トラブルを起こしている場合、カードローン審査にかかる日数が通常よりも長くなります。

銀行系カードローンは審査もスピーディーと言われていますが、こちらについては、今のところ融資で問題を起こしていない人に限定されます。つまり、金融トラブルをすでに起こしている方は、トラブル解決までカードローン審査の申し込みを控えたほうが賢明なのです。

すぐ融資を受けたい!そんな人は事前に口座開設しておいたほうが良い

みずほ銀行だけでなく、銀行カードローンのほぼすべては口座開設が前提になっています。

どうして銀行口座開設が必須となっているのかは、以下のような理由によって成り立っているのです。

  • 収入状況を確認するため
  • カードローン機能を付与するため

銀行、消費者金融に関係なく、今では収入状況をチェックした上でカードローン審査が進むようになっています。つまり、銀行口座を給与受取口座として開設していると、収入証明書類の提出無しでもカードローン審査が進むのです。

他にも、カードローン機能を付与するという目的で、キャッシュカード、銀行口座開設時に通帳などを発行するケースが一般的です。

また、銀行口座開設がお済みでない場合は、カードローン審査申込時に「銀行口座開設をお願いします」と案内されることもあります。このようなケースでは、1~2週間かけて銀行口座開設を行い、さらに数日ほどかけてカードローン審査が行われるのです。

消費者金融カードローンの場合、即日審査、即日融資が可能となっているため、これらのサービスと比較した場合、銀行カードローンは使いづらい・・・と、このように思われる人もおられるでしょう。ですが、面倒なのは銀行口座開設のみで、他の対応も遅いわけではありません。

みずほ銀行カードローンの場合、下の表のような手段、日数で融資を受けられるようになっています。

申込手段 カードの種類 融資時間
Web完結 キャッシュカード兼用型 最短即日
窓口による申し込み 選択されたカード 最短即日
ネット、電話による申し込み カードローン専用型 2~3週間
郵送による申し込み キャッシュカード兼用型 1週間
郵送による申し込み カードローン専用型 2週間

銀行口座開設時に発行できるカードというのは、キャッシュカードのことです。

そのため、キャッシュカード兼用型のカードローンであれば、カードローン審査、融資までにほとんど時間がかかりません。カードローン専用型は、カードローン専用のカードを発行するという意味になり、選択されたカードというのは、前述したカードの種類の内どちらかという意味になります。

銀行系カードローンは審査に時間がかかると言われていますが、正確にはキャッシュカード、カードローン専用のカードを発行するまでに時間がかかっているだけなのです。

将来的に、みずほ銀行でカードローン審査の申し込みをされる人は、これらのことも踏まえて、自分に適したものを選ぶようにしましょう。