銀行カードローンの審査に通らない!そんな人が陥っている問題は!?

カードローンの審査に通らないことで嘆いている場合、もしかすると、ちょっとしたミスでカードローン審査に落ちているだけかもしれません。

また、銀行、消費者金融ともにカードローン審査の内容については、原則として明かさないことになっています。つまり、今回案内するカードローン審査の基本、応用を知っていると、安定したカードローン審査につながりやすいのです。

他にも、カードローンの審査に通らない人の特徴も案内しているので、良ければこちらも参考にしてカードローン審査に申し込んでください。

属性スコアリングが重要!審査に通らない場合は要チェック!

カードローンの審査に通らない人の多くは、そもそも属性スコアリングでマイナスの評価を受けています。また、こちらはカードローン審査時に判明するものではないので、自分で詳細の確認を取る必要があるのです。
  • 返済能力の有無
  • 返済状況の確認

カードローン審査の申込前にチェックしたおいたほうが良いことは、上記のとおりです。

属性スコアリングは、基本的に返済能力について細かくチェックする方法のことで、今でもカードローン審査において重要とされています。返済能力の有無に関しては、収入の有無だと思ってください。

そして返済状況の確認については、返済において遅延されていないかをチェックしましょう。ちなみに、返済金額の大小はまったく関係ありません。

例えば、1万円以内の返済で遅延してしまった人、10万円以内の返済で遅延してしまった人については、どちらも遅延の問題ありと記録されるだけなのです。このような情報が残ったままでは、属性スコアリングがマイナスの評価となります。

主な属性スコアリング!最低でも知っておきたい要素は?

属性スコアリングの詳細についてですが、下の表のような項目、評価が存在します。

項目 評価
年収 ・高いほど高評価につながる
・年収100万円以上から評価の対象
職業 ・公務員は特に評価が高い
・大手企業の社員も評価が高い
・自営業などは評価が低い
雇用形態 ・正社員であれば評価される
勤続年数 ・2年以上で評価される
・1年以上から評価の対象
住居 ・持家、社宅は評価される
・賃貸、公営住宅も評価される
家族構成 ・両親、配偶者と同居の場合は評価される
・同居人がいると判断できる場合も評価の対象

属性スコアリングの必要性ですが、借金返済でトラブルを起こしたとしても、その後、借金返済の目処が立つのかをチェックするために、このような細かいチェックを行っているわけです。

近年では、どのような方法で電話連絡が可能なのか、こちらも評価されるようになっています。例えば、固定電話ありは高く評価される、携帯電話のみの場合は評価の対象になる程度という感じです。

他にも、居住年数が10年を超えると評価されるなど、安定した生活を築き上げていると判断される人は、属性スコアリングで有利になります。

注目の信用情報スコアリング!属性スコアリングとの違いは?

属性スコアリングは、返済能力の有無を評価する際に用いられます。しかし今では、以下のような信用情報スコアリングも記録されるようになりました。
  • 金融の利用履歴
  • 審査上の評価

具体的には、信用情報スコアリングによって金融トラブルの有無がチェックされます。

例えば、最近になって金融トラブルを起こしてしまった場合、事故件数が1件というふうに記録されるのです。このような情報は個人信用情報機関に登録されるため、銀行、消費者金融などで共有される情報となります。

・個人信用情報機関

金融の利用履歴などが登録されている機関のことで、国内の金融業者が加盟している信用情報機関のことでもあります。

つまり、過去にトラブルを起こしてしまった人は、すぐに新しいカードローン審査の申し込みを行わないほうが無難なのです。

このような対応を何度も取っていると、誠実にカードローンを利用する気がない人として扱われ、最終的にカードローンの審査に通らない人になってしまいます。また、属性スコアリングと同じで、信用情報スコアリングも情報を公開することがありません。

このような情報も存在しますので、カードローン審査に申し込む際は、借金返済のトラブル、申込件数が多過ぎないかなど、カードローン審査に対する態度についても考えたほうが賢明です。

信用情報スコアリングの項目!どれを事前にチェックしたほうが良い?

属性スコアリングとは違い、信用情報スコアリングのチェックは簡単です。

というのも、大まかに4つの項目で構成されているだけなので、チェックにかかる時間が短くて済みます。

項目 評価
取引実績 ・キャッシング経験無しでは評価されない
・多重債務などは評価されない
取引期間 ・継続して取引するほど評価される
・取引期間中のトラブルはマイナスの評価
借入件数 ・件数が少ないほど評価される
・他社からの件数も計算に入る
借入総額 ・多過ぎなければ評価される
・少額であっても評価されることが多い

カードローンの審査に通らない場合に注意したほうが良いことは、大きな借金をしないと、信用情報スコアリングが良くならないわけではないことです。

例えば、年収200万円以内のアルバイト、パートであっても、1年間しっかりと借金返済されていると、カードローンだけでなく、キャッシング、クレジットカード、自動車ローンの審査で通りやすくなるのです。これは借金に関する情報が蓄積していくためで、定期的に借金返済でトラブルを起こしていない場合も、しっかりと評価される仕組みになっています。

ただし、どのような金融業者であっても具体的な数字は公開してくれません。

例えば、いくらまでであれば借りられるのか、増額融資を必ず受けられるのか、これらに関しては、実際にカードローン審査の申し込みを行うまでわからないのです。

銀行カードローンの基本!審査に通らない場合の対処方法

銀行カードローンの審査に通らないという場合、以下のような対応を取ってみるだけで、簡単にカードローン審査に通る人もいます。

  • 借入希望額を最低限にする
  • 虚偽の情報無しで申し込みを行う

借入希望額についてですが、実は10万円以内でも申込可能となっています。というのも、人によってはすでに借入総額が多い、もしくは収入が少ない悩みを抱えている人もおられるからです。

このような悩みは男性より女性に多く、近年では、中高年の方、老人、専業主婦、学生も銀行カードローンの審査に申し込むことが増えてきました。これは昔に比べて、銀行カードローンのイメージが良くなったからでしょう。

実際に、主婦専用カードローン、学生専用カードローンは大手銀行でも販売されていますので、怪しい金融商品を売っているわけではありません。

ただし、銀行カードローンは初回の申し込みに対して厳しい側面があります。なので、いきなり借入希望額100万円で申し込むよりも、1~10万円で申し込んだほうが無難でしょう。

借入希望額100万円というのは、勤続年数2年以上、年収300万円以上の人でもギリギリのラインなのです。アルバイト、パートなどでは、20万円以上から審査が厳しくなりやすいので注意してください。

そして、虚偽の情報無しで申し込むようにしましょう。カードローンの審査に通らない人ほど、年収、借入件数、勤続年数などを偽ることが多いです。

騙す目的で偽っているのではなく、記入そのものが面倒なので、このような対応を取ってしまう人もいます。ですが今では、インターネット上のみでカードローン審査申込を終えられる時代になりました。

記入した情報は記録されるようになっており、次回の申込時に呼び出すことも可能となっています。なので初回の申し込みに関しては、誠実な対応を心がけるようにしましょう。

おまとめローンの重要性!審査に通らないを克服できる!?

カードローンの審査に通らないという人は、借り換え、おまとめローンも知っておくと良いでしょう。

借り換え、おまとめローンというのは、以下のような特殊な対応が可能となっているカードローンのことです。

  • 借り換え:1件のローンを他の金融業者で再契約できる
  • おまとめ:複数のローンを他の金融業者で一本化できる

近年において注目されるようになったカードローンでは、銀行カードローンのおまとめローンが注目されています。

消費者金融カードローンと比較して以下のような特長があるため、男女に関係なく利用者が増加するようになりました。

  • 金利が優遇されやすい
  • 低金利カードローンが多い
  • 100万円以上の融資に対応

どうしておまとめローンのみで、カードローンの審査に通らない問題を解決できるのかというと、それは借入件数が減るからです。借金は完済する形で借入件数が1件減るという仕組みなのですが、おまとめローンによる一本化でも、借入件数を1件にまとめることが可能なのです。

ちなみに、銀行カードローンの金利設定は消費者金融カードローンより低いです。そのため、消費者金融カードローンから銀行カードローンに切り替えただけで、金利が2%以上も安くなることがあります。

2%というと、小さな金利差のように感じる人もおられるでしょう。ですが、100万円の借金返済をする場合は年間で2万円、5年間であれば10万円の差が生じるわけです。

しかも銀行カードローンは、長期の返済についても対応してくれます。1年間で返済するのは辛いと感じているなど、返済計画に支障をきたしている人の場合、このような方法で、カードローンの審査に通らない問題を克服してみると良いでしょう。

注意点として、100%カードローン審査に通るわけではありません。なので、おまとめローンを検討している場合は、いきなりカードローン審査の申し込みに進むよりも、事前に銀行の窓口などで借金返済の相談を行ったほうが無難です。

個人信用情報機関に注意!何気ない問題もすべてチェックされる

個人信用情報機関に登録される情報の中には、以下のような通常では気にすることがない情報も含まれます。

  • カードローン審査申込みの回数、期間
  • カードローン審査申込時の対応

カードローン審査申込みの回数についてですが、数多くの申込みは信用情報スコアリングに傷をつけるだけです。例えば、1ヶ月間に1~3回程度の申し込みであれば問題ありません。

ですが、1週間に数回といった申込件数では、借金返済のトラブルを抱えているため、他の金融業者からお金を借りようとしている人として扱われ、その影響で、カードローンの審査に通らないという問題が起きてしまうのです。なので、最近になって良くカードローンの審査に通らないことが増えたという場合、1ヶ月ほど申し込みをしない期間を設けたほうが良いでしょう。

補足となりますが、カードローン審査申込時の対応も、信用情報スコアリングとして登録されます。

例えば、まとめてカードローン審査の申し込みを行えるサービスを利用し、良く考えずに多数の金融業者を利用された場合、計画性の有無が判断されるようになります。つまり、1件ずつ申し込みを終えてカードローン審査の結果を待つようであれば、信用情報スコアリングに傷がつかないのです。

しかしこのようなことを知らない人物は、まとめて申し込めるサービスを何度も利用してしまい、最悪のケースでは、金融業者からブラックリスト登録されるケースもあります。

・ブラックリスト

金融トラブルが多発している人物、もしくは、カードローンの審査に通らない可能性が高い人物のリストです。

誠実な対応を心がけていないと判断される場合も、ブラックリスト登録されることがあります。また、ブラックリスト登録についても、登録を行ったかどうかの情報を、金融業者が通知、公開することはありません。

チェックされる金融商品は、なにもカードローンのみと定まっているわけではありません。割賦販売契約など、カードローン以外の金融商品で金融トラブルを起こしている場合でも、カードローン、キャッシングが利用できなくなるケースはあります。

銀行のカードローン審査に通らない!?審査に落ちやすい人の特徴

銀行カードローン柔軟な審査を行ってくれるのですが、以下のような問題を抱えている人では、カードローンの審査に通らないことが多いでしょう。

  • 無収入
  • 転職が多い
  • 引っ越しが多い
  • 借入件数が0件のまま
  • 態度が悪い

無収入とは、収入0円という意味よりも、むしろ定職に就いていないことを意味しています。そのため、アルバイト、パート、主婦、学生であっても、何かしらの職業に就いている、収入を安定して得ている場合はカードローンの審査に通るのです。

また、転職や引っ越しが多いと判断される人は、カードローンの審査に通らないことが多いでしょう。連絡が上手くつかない、借金返済のトラブルで訪問する際に、本人と会えないような問題が起きやすいため、カードローンの審査でマイナスの評価が付きやすいのです。

また、借入件数が0件のままも良くありません。今までに借金をされたことがない人物は、どの程度の借金までであれば返済可能なのか、こちらがわかりづらいからです。

他にも、カードローン審査申込後に何度も審査内容、審査にかかる時間、審査後の契約内容を聞き出そうとする人物の場合、審査そのものをスムーズに行えないため、審査時の評価が下がってしまうこともあります。このような情報も、信用情報スコアリングに記録されてしまうので注意してください。

補足となりますが、現代のカードローン審査は銀行であっても60分ほどで完了します。

このような情報は公式ホームページにも掲載されているので、先にこちらを確認されてから、カードローン審査申込をされたほうが良いでしょう。