甘い話が多い!無職でもカードローンは本当に利用できるの?

無職のカードローンは、無収入のカードローン審査ではないので注意してください。

こちらを知らないばかりに、カードローン審査に申し込むことそのものが億劫という人もいます。ですが今では、専業主婦カードローンもありますし、無職でもカードローン、クレジットカードを所有している人は多くいます。

記事内では、そんな無職、無収入で悩んでいる人向けのアドバイスをまとめてみました。

無職のカードローン!収入状況によっては借りられることもある

無収入はカードローン審査に通りません。そのため、銀行、消費者金融のカードローン審査では、収入の是非について問う審査基準が設けられているのです。

具体的には、以下の条件を1つでも満たせるような人は、カードローン審査が可能となります。

  • 株式投資で毎月50万円以上の収入がある
  • 働いてはいないが家賃収入がある
  • クラウドソーシングサービスで収入を得ている
  • アフィリエイト報酬を得ている

カードローン審査の審査内容ですが、主に利用者の安全性、そして、安定した返済を行っている履歴があるかをチェックしています。

利用者の安全性とは、収入を得ているだけでなく、収入が継続的であることを確認できるかどうかです。例えば、勤務先が存在するはずなのに、勤務先、もしくは営業所に連絡がつかない場合は、カードローン審査で落ちてしまうでしょう。

また、カードローン審査の多くはサラリーマンとして収入を得ているかどうかに、個室しているわけではありません。こちらについても理解を深め、カードローン審査を申し込むようにしましょう。

ただし、「無職の方は審査しておりません」など、特定の相手に対してカードローン審査が難しいという案内が見られる場合、他の金融業者を利用する形で、カードローン審査を申し込んだほうが良いです。

銀行カードローンなど、一部のカードローンは審査が厳しく、1年以上の勤続年数が確認できない相手では、カードローン審査を行わないケースもあります。

時代によって変化している!だからこそ無職でも借りられる

株式投資だけでなく、以下のような収入であっても、カードローン審査において収入とみなされます。

  • 相続した不動産などの財産
  • 家賃収入、駐車場収入
  • 副業による収入

今ではインターネットを駆使して、本業を営んでいる方であっても副収入を得ている時代です。

副収入ビジネスさえも存在し、つい最近までサラリーマン稼業であった人が、いきなり自営業者になるケースも少なくありません。そのためカードローン審査であっても、勤務先が見当たらない人に対して、カードローン審査を行うことがあるのです。

また、これらの収入については、「見込みであっても問題ない」という利点があります。例えば、相続した不動産などの財産によって、来月から収入が発生する、しかし今は収入を得ている状況ではないといった、特殊な状況にあってもカードローン審査を行ってもらえるのです。

確実な申込方法!カードローン審査で断られなくなる?

カードローン審査に申し込んでも、中々カードローン審査に通らない場合は、もしかすると、審査基準を満たしていないのかもしれません。なので、以下の審査基準も確認してから、カードローン審査に申し込みましょう。
  • 年齢が満20歳以上
  • 安定した収入を得ている
  • 申込情報を記入できる
  • 日本国内に居住している

これらの審査基準を満たせない場合、カードローン審査に申し込んでも、当日中に審査終了となり、審査に通ることはありません。

カードローンの運営側は、審査内容を公開することはありませんので、なぜ審査に落ちたのかについては、自分で探らないといけないのです。もし、無職のためカードローン審査に落ちたという場合は、就職先が決まってからリトライすると良いでしょう。

この場合、安定した収入を得ているに該当しないと思ってしまいますが、カードローン審査前に相談をされていると、「就職前であっても申込可能です」と、言ってもらえることがあります。

現在は無収入という理由のみで、カードローン審査の申し込みを断念するのは良くありません。今では、インターネットからのカードローン審査申込であっても、メールなどでアドバイスをもらえるようになっています。

カードローンの利用がまだない人は、このようなサービスも利用して、安全にカードローン審査を進めましょう。

今と昔で大きく変わった!今ではカードローン審査に通らないケース

以下のケースに該当する申し込みでは、ほぼ100%カードローン審査に通りません。

ケース 審査落ちの理由
年金収入 ・審査対応してくれる業者が激減
・年金収入に対する考え方が厳しくなった
ギャンブルの収入 ・不安定な収入に属する
・負債を抱えている人が多い
生活保護の受給 ・生活保護中のため
・収入自体が少ない
国、自治体の補助金 ・補助金のため
失業保険 ・失業中のため
家族による生活保護 ・無収入の可能性が高い
・生活保護の質が家庭により異なる

昔であれば、上の表のようなケースであってもカードローン審査が可能でした。

というのも、今のような厳しい規制が存在しないからです。今では、カードローンの運営側で好きなように審査できる時代ではありません。個人信用情報機関を通じて、カードローン審査を行う時代です。

・個人信用情報機関

国内では、CIC、JICCなど複数の有名な機関が存在し、銀行、消費者金融などほぼすべての金融業者は、個人信用情報機関に加盟しています。

個人信用情報機関は、カードローン審査の情報だけでなく、金融事故などの情報も管理しているため、過去に事故を起こしている人では、カードローン審査に通りません。

例えば、ギャンブルで収入を得ている人であっても、すでに多額の負債を抱えている可能性がありますし、こちらを偽ってカードローン審査に申し込むこともあります。ですが今では、個人信用情報機関を通じてカードローン審査を行うため、このような人ではカードローン審査に通らないのです。

無職に近い!そんな人でもカードローン審査は可能?

収入が自営業による場合、不安定な収入に属すると判断する人もいます。

ですが、以下のような条件付きでカードローン審査を行うことも可能なため、個人事業主であっても、カードローン契約は可能なのです。

  • 申告者としての書類、記録が存在する
  • 直近の収入を証明できる

個人事業主の場合、青色申告、白色申告のどちらで申告を行っていても、基本的にカードローン審査を行ってもらえます。

重要なのは、上記に書かれているとおり申告後の書類、記録を保管しているかどうかです。記録というのはデータのことで、今ではオンライン確定申告が可能な時代となっているため、記録についても重要な証拠として提出できるのです。

補足となりますが、最近になって仕事を辞めてフリーランスになったという人でも、収入見込みを提示することでカードローン審査を受けられます。

ただし、直近の収入を証明できない場合は、カードローン審査に落ちるリスクが高まってしまうでしょう。カードローン審査は無職、アルバイト、パートでも申込可能となっていますが、直近2ヶ月の収入証明書を提示できない人では、カードローン審査の条件を満たしていない扱いになります。

・収入証明書

給与受取口座の貯金通帳が、主に収入証明書となります。

確定申告書も収入証明書となるのですが、直近の収入を確実に確認できるようであれば、大きな問題もなく審査を受けることが可能です。

困った時はテンプレを参考にする!申込後の安定感が変わってくる

個人事業主のカードローン申込では、以下のテンプレを知っておき、申込書に記入することも大事です。

記入項目 テンプレ
勤務先電話番号 ・個人事業主なので自宅の電話番号を記入する
・固定電話番号がある場合は固定電話番号を優先する
勤務先住所 ・自宅の住所を記入する
社員数 ・正しく記入する
・1人で運営している場合は1人とする
事業内容 ・個人事業主の場合は「その他」とする
・請負の場合は「請負業務」でも問題ない
入社年月 ・収入を得るようになった年月を記入する
勤務形態 ・正社員を選択
・もしくは自営を選択
職種 ・事業内容と同じで「その他」とする
年収 ・1年分の収益ではなく収入を記入する
収入形態 ・固定給を選択する
・複数の請負で収入を得ている場合も同じ対応
保険証 ・保険証の種類は国民健康保険
・保険証の区分は本人を選択

カードローン審査の申し込みは、今ではデジタル化が進んでおりますので、インターネットからの申し込みに対応していない、銀行、消費者金融はほとんど存在しません。

なので、必要な情報を記録しておいたメモを用意しておき、こちらを役立てながら落ち着いて申し込むようにしましょう。補足となりますが、無記入ではカードローン審査が進みません。

「必須項目の記入が誤っている、されていない」などの指摘を受けて、修正しないといけなくなるので注意してください。勤続年数が1年以内など、年収を記入することが困難な場合は、平均月収をもとにして年収を求める形でも問題ありません。

こんな時はどうする?審査に通らない時は原因を探ったほうが良い

以下のような不注意が原因となって、カードローン審査に通らない人もいます。

  • 他社借入件数が多い
  • 借入総額が多い
  • 記入項目の内容が誤っている

他社借入件数についてですが、借入件数は多くても3件までと思ったほうが良いでしょう。

稀に3件以上の借り入れでもカードローン審査に通る人はいますが、その代わり、借入可能額が減らされる仕様になっています。個人信用情報機関を通じてカードローン審査が進むようになっているため、他社借入件数を少なく見せたとしても、カードローン審査に通ることはありません。

もし、もう少しで完済可能な借金がある場合は、事前に完済されてから申し込みしたほうが良いです。

借入総額についてですが、年収の3分の1以上は借りられないようになっています。これを総量規制というので、総量規制対象外のカードローン以外では、カードローン審査に通らなくなってしまいます。

総量規制対象外は銀行系カードローンのみなので、消費者金融カードローンでは、カードローン審査に通らなくなるリスクが上がってしまうのです。

最後に、記入項目についてもチェックしておきましょう。例えば、家族構成、電話連絡先などに誤りがないかをチェックします。人によっては、空欄のまま申し込みを終えてしまう人もいますが、重要な情報ほどカードローン審査の評価につながります。

そのため、面倒であっても無記入に等しい状態は良くありません。

何度審査しても同じ結果!すでに赤信号だと思ったほうが良い?

カードローン審査には、通る人と通らない人が存在します。

何度申し込んでも通らない人は、もしかすると以下の理由によって、すでにカードローン審査で赤信号が出ているのかもしれません。

  • 申し込みブラック
  • 返済トラブルが目立つ

申し込みブラックとは、カードローン審査の申込件数が多いと判断できる人のことです。

1ヶ月に2、3件であれば申し込みブラックになりません。ですが、毎週で数件の申し込みを繰り返していると、カードローンの運営側にとっては迷惑行為に相当するのです。

また、カードローンの運営側は警告をしてくれませんので、自分から進んで申込件数を安定させたほうが良いでしょう。このようなケースでは、無職、無収入に関係なくカードローン審査に落ちます。

他にも、返済トラブルの線を疑ったほうが良いです。人によっては、少額の借金ということで、中々返済を進めない人もいます。

ですがこのような小さな返済トラブルであっても、個人信用情報機関に返済トラブルありと記録されるため、カードローン審査の評価が下がってしまうのです。収入、就職状況に問題がないはずなのに、なぜかカードローン審査に落ちてしまう・・・という場合は、これらの問題を改善されてから申し込むと良いでしょう。