知っておいたほうが得をする?消費者金融ランキングで学べること

消費者金融ランキングを参考にして、はじめてカードローン契約について、真面目に検討される人もおられます。

このような対応を取っている人がいる理由は、銀行のほうが消費者金融よりも信用できる、お得だと感じている人が多い証拠です。しかし最近になって、消費者金融のニーズが上がってきました。

そのため、銀行を除く消費者金融のみのランキングが活性化しているのです。また、事前に消費者金融ランキングを確認していると、各消費者金融の強みもわかるようになっています。

消費者金融ランキング!今でも高い人気を誇るアコムの特長

消費者金融のアコムには、以下のような特長があるため、男女に関係なく利用者が多いとされています。アコムは親切丁寧な対応も多いため、今では、老若男女からも評価される消費者金融になりました。
  • 簡単なシミュレーションを行える
  • 借り入れの簡易審査サービスを設けている

簡単なシミュレーションとは、借金返済のシミュレーションです。

人によっては、初めて借金をするという人もいるので、大手消費者金融ほど、借金返済のシミュレーションには力を入れるようになりました。ちなみに、大手消費者金融の30日間無利息カードローンというのは、初回の利用者であれば30日間無利息という意味です。

人によっては、何度も30日間無利息になるのであれば、定期的にカードローン契約を切り替えれば良いと考える人もいます。ですが、どの消費者金融であっても初回のみとなっているので注意してください。

また、アコムは今でも自動契約機、自動契約コーナーを設けています。街中にも自動契約コーナーを設けているという強みがあるので、あまり周りに見られない環境でカードローン審査を申し込みたい、このような要望を持たれている方は、アコムのカードローンと相性が良いでしょう。

どんな人が利用している?アコムのカードローンと相性が良い人

アコムのカードローンと相性が良い人の特徴は、以下のとおりです。

  • 女性
  • 中高年の方
  • カードローンの利用経験が無い

他の消費者金融とは違い、アコムは無理な融資を行うことが少なく、女性スタッフによる対応などが目立つという特徴があります。

親切丁寧なサービスを心がけているため、女性スタッフが多く常駐している消費者金融を探している人は、アコムのカードローンと相性が良いでしょう。また、在籍確認時も性別を選べるようになっています。

在籍確認時に異性から電話がかかってくるのは良くない場合、事前にアコムと相談されていると、自然な形で在籍確認の電話がかかってくるようにできるのです。

また、近年では中高年の方もアコムのカードローンを良く利用しています。なぜ中高年になってカードローンを利用しているのかというと、昔に比べてイメージが変わってきているからです。

一昔前までは、カードローンというと収入の多い人、もしくは、借金癖のある人が用いている、このようなイメージがつきまとっていました。ですが今では、専業主婦の方でもカードローンを利用されていますし、高齢者向けカードローンまで存在する時代です。

アコムは、このようなサービスをいち早くスタートさせているので、これから初めてカードローン審査を申し込むという人でも、自分に合ったローンプランが見つかるでしょう。

高水準のアイフル!大手消費者金融の中でも利用者が特に多い

消費者金融ランキングの中でも、上位に食い込んでいることが多いアイフルですが、アイフルは安心して利用できる要素が多いため、特に女性からの評価が高いという特長があります。
  • 無理な貸し付けを行っていない
  • トラブル、クレームが少ない
  • 利用者満足度が高い

アイフルの良いところは、他の大手消費者金融で対応しているサービスと同一のものを、アイフルも用意しているところです。

例えば、カードローン契約者専用のカスタマーサービスを設けている、自由なタイミングで電話相談できるといった、今では良く見られるようになったサービスも、一部の大手消費者金融の影響で知られるようになりました。そんなサービスの種類の多さでは、右に出る者がいない業者こそアイフルなのです。

また、どのような形でカードローン審査後に、カードローン契約、そしてローン返済が発生するのか、このような情報も提供しているので、カードローンの利用経験が無い人でも、アイフルであれば安心して利用できるでしょう。

アイフルはインターネットからのカードローン審査に対応している、他の大手消費者金融よりもカードローン審査スピードが速い、サービスは必要なもののみでまとまっているため、サービス過剰の心配もありません。

また、カードローン契約後に通知されてくる書類についても、カードローン利用者であることがバレないように、簡単に中身を見ることができないように配慮されています。徹底してカードローン契約者であることを隠したい、このような人はアイフルとの相性が抜群でしょう。

審査スピードに自信あり!消費者金融ランキングでも評価されている

アイフルのカードローン審査スピードは、業界随一と言っても過言ではありません。

というのも、銀行、消費者金融のカードローン審査時間は、以下のような速さで構成されているからです。

  • 銀行:最短60分以内
  • 消費者金融:最短30分以内
  • アイフル:最短10分以内

アイフルは長年の実績がある金融業者のため、カードローン審査申込数が増えたとしても、基本的にカードローン審査時間が長くなることはありません。そのため、消費者金融ランキングでもトップに君臨していることが多いのです。

テレビコマーシャルでお馴染み!プロミスは審査が柔軟なため人気

プロミスは、大手消費者金融の中でも金利、融資限度額、ローンプランの多さが魅力的です。

実際に消費者金融ランキングでも、融資に余裕があるので、プロミスを利用しているという人が多かったりします。

その他のプロミスの特長には以下のようなものもあるため、サービスの種類の多さでは、中々プロミス以上の金融業者は存在しません。

  • 完全在宅web審査
  • 金利が低い
  • 増額審査に良く対応している
・完全在宅web審査

webのみでカードローン審査を申し込む、受けることをweb審査と言います。

プロミスが提供しているweb審査は、自宅のみでweb審査を完了できるため、完全在宅web審査として高評価をいただいているのです。

人によっては、店舗内でカードローン審査の申し込みを行うことに抵抗がある、このような人もおられるでしょう。プロミスは、すでに10年以上前から完全在宅web審査に対応していますし、トラブルなどもほとんど発生しておりません。

このような対応だけでなく、消費者金融内では金利も低いため、web審査の質、カードローンの金利にこだわっている方は、プロミスを利用したほうが良いかもしれません。

補足となりますが、プロミスのカードローンは増額審査に対応しています。銀行、消費者金融とも、増額審査に対応しているという営業を行っていることが多いため、人によっては、増額審査を通過するのは簡単だと、このように思い込まれている人もいるのです。

しかし実際は、借入可能額が50万円以上になると、それ以降の増額審査が難しくなり、業者のほうから増額審査の営業を行うケースが減っていきます。プロミスは、このような問題が少ないため、消費者金融ランキングにおいてもトップクラスの人気を誇っているのでしょう。

消費者金融を選ぶべき?消費者金融ランキングからわかること

銀行、消費者金融だけでなく、金融業者には様々な種類が存在します。

有名なものだけでまとめても以下のような金融業者が存在するため、人によっては、銀行、消費者金融以外の方が、相性が良いというケースもあります。

  • 銀行
  • 大手消費者金融
  • 中小消費者金融
  • 信販会社
  • 信用金庫

中小消費者金融の補足となりますが、大手消費者金融と同じようで同じものではありません。中小消費者金融は融資限度額が100万円以内、金利が高めというケースもあるため、消費者金融ランキングにおいては、大手消費者金融のほうが支持されているのです。

ではどうして中小消費者金融を利用する人もいるのかというと、それは、中小消費者金融でなければ融資を受けられない・・・、このような人もおられるからです。

カードローンを販売しているという意味では、銀行、消費者金融、そして信販会社、信用金庫には大きな違いはありません。ですが、銀行、消費者金融以外では、返済方法、返済期間が違っておりますので、一般的なカードローンを求めている場合は、銀行、消費者金融を利用したほうが無難でしょう。

信販会社は主に割賦販売契約、クレジットカードを販売しているため、カードローンの存在を知らないという人もおられます。また、信用金庫はカードローンを販売しているのですが、金利が固定になっている金融商品が目立つため、実は、低金利のカードローンを販売している金融業者の1つなのです。

そのため、すぐに融資を受けたいという人は銀行、消費者金融を選ぶようにしましょう。低金利、もしくは自分に合ったローンプランを検討している場合は、信用金庫、もしくは信販会社でカードローン契約を組むと良いです。

銀行、消費者金融の違い!消費者金融にしかない強みってなに?

消費者金融ランキングを見るとわかりますが、消費者金融には以下の強みがあります。

  • 利用者が多い
  • 総量規制の対象
  • 即日融資に対応している

カードローン利用者の半数以上は、消費者金融カードローンの利用者です。

今では、消費者金融カードローンの人気が下がってきている、もしくは、契約者数が減っていると言われていますが、消費者金融カードローンは、総量規制の対象となっているため、安心して借りられるようになりました。

総量規制というのは、年収の3分の1を超える融資を受けられない規制のことです。

一見すると、融資額が減ってしまう規制のように感じるかもしれませんが、人によっては、大きな借金をまとめて負ってしまったばかりに、返済不能に陥ってしまう人もいます。このような問題を回避するために、総量規制という規制が施行されるようになっているため、カードローンを安全に利用できるといった、このような見方を持つ人が増えてきたのです。

また、銀行カードローンでも消費者金融のように、即日融資に対応していると営業を行っていることがあります。ですが、厳密には即日融資カードローンと言われるものに該当しないので注意してください。

銀行で対応している即日融資とは、主に即日でカードローン審査を終えることができる、こちらを意味しているだけなのです。

銀行は消費者金融に比べて、それほどカードローンを活発に販売していない時期があったため、消費者金融に比べてカードローン審査が速くありません。なので、消費者金融ランキングにおいてもカードローン審査のスピード、即日融資の対応が評価されているわけです。

また、銀行はアルバイト、パートも審査可能と謳っているのですが、こちらについても注意点があります。

消費者金融であれば、アルバイト、パートも審査可能となっているだけで、銀行カードローンの場合は、収入形態、収入状況、そして勤続年数が調べ上げられた上で、初めてカードローン審査を行っています。つまり、収入が少なく勤続年数が短い人の場合、消費者金融カードローンよりも審査に通過するチャンスが少ないのです。