不測の事態を避けよう!消費者金融の審査甘いは嘘ばかり!?

審査甘い消費者金融という情報は、現代においても、インターネット上に残ったままとなっています。

ですがこのような情報の多くは、悪徳業者などが置いている情報だと思ったほうが良いでしょう。悪徳業者で販売している商品を売りつける、このような目的のために、インターネット上に嘘の情報を置いているだけなのです。

どうしてもすぐにお金を借りないといけない、このような心理を狙って甘言を置いているだけなので、カードローン審査においては、的確な審査項目、審査内容を事前に知っておいたほうが良いでしょう。

審査が柔軟な金融業者は多い!1000万人以上が通過している

今では良く言われていることですが、そもそも審査甘い消費者金融であることを謳っている、このような金融業者は営業届を出していない可能性が高いです。つまり、審査甘い消費者金融を利用してしまうと、大損をしてしまうリスクがあります。

なぜ、審査甘い消費者金融は危険なのかというと、以下のようなリスクを持っている可能性が高いからです。

  • 多額の融資を受けてしまう
  • 金利が不明
  • 業者の情報が不明

多額の融資を受けられることに関しては、本来であれば喜ばしいことです。ですが、審査甘い消費者金融ほどまともなカードローン審査を行っていません。

つまり返済可能なのかどうかを判断しておらず、貸すことのみに執着しているのです。もしこのまま、利用を継続するとどうなるのかというと、基本的に「焦げつき」と言われる返済不能状態に陥るでしょう。

焦げつきというのは、借金そのものの性質に問題があるため、返済不能状態が長く続くことを意味します。また、審査甘い消費者金融は借金返済を待ってくれることはありません。

まとめて返済するように命じてくるケースが多く、対応できない場合は、さらに金利が厳しい金融業者を利用するように命じてくるのです。これこそが「借金が借金を呼ぶ」という現象で、しかも、審査甘い消費者金融ほど金利については明確ではありません。

酷いケースでは、厳しい取り立てによって生活が破綻する人もいますし、事件沙汰になったとしても、肝心の取引相手の情報がすべて嘘の情報であったり、事件解決のための情報が見つからないこともあるのです。

補足となりますが、今では1000万人以上の人が、一般的な消費者金融のカードローン審査に通過しています。なので、審査甘い消費者金融を無理に探すよりも、安全を提供してくれる大手消費者金融を利用したほうが無難でしょう。

審査通過率は確認できる!?成約率という名称で公表中

銀行、消費者金融ともに審査に通過するかどうかは、カードローン審査を受けるまでわからないと言われています。

ですが、このような情報も今では古い情報となっているので注意してください。

  • 金融業者の多くは成約率を記載している
  • ランキングサイトでも成約率を確認できる

成約率というのは、どの程度の割合でカードローン審査に通過しているのか、こちらを表している数値のことです。例えば、銀行カードローンについて調べてみると30~40%、消費者金融カードローンについて調べてみると、40~50%ほどの成約率となっているので、それほどカードローン審査が厳しいわけではありません。

補足となりますが、過去の情報も含めて調べてみると、50%以上の成約率が目立っている時代もあります。

ですが、この頃はノルマ達成のために成約率が上がっているだけです。今では、ノルマばかりを意識するのではなく、長期間においてカードローンを利用してもらうという目的で、カードローンの販売を行っている金融業者が増えてきました。

そのことも考慮に入れると、30%以上の成約率は決して低くはありません。

ちなみに、成約率が近年になって下がってきているのは、カードローンの基礎知識を知らない人も、カードローン審査に申し込んでいるからです。このような人ほど、カードローン審査で必要となる書類、情報の記入について詳しくないことが多いです。

その結果、情報の不備が認められるという理由で、カードローン審査に落ちてしまう人も増えるようになりました。

審査甘い消費者金融!?甘い誘惑が多いインターネットの情報

インターネットを用いて情報収集をしていると、審査甘い消費者金融の情報が簡単に見つかります。また、このような情報に騙されたくない人は、以下の情報もチェックするような形で、カードローン審査へ進むようにすると良いでしょう。
  • 会社概要
  • レビュー、口コミ
  • 体験談

大手消費者金融について調べてみるとわかりますが、会社概要は公式ホームページ上に掲載されている、レビュー、口コミについても、簡単にインターネット上で見つかるようになっています。

そのため、最新の情報を簡単に入手することができない場合は、営業届を出していない金融業者だと思って問題ありません。悪徳業者の多くは、審査甘い消費者金融のふりをしているだけで、実際に、どのような場所で営業しているのか、責任者は誰なのか、どのような金融機関、業者と付き合いがあるのかを伏せていることが多いです。

また、なんとなく怪しい金融業者を見つけた場合も、個人の体験談などがインターネット上で見つからないかをチェックしてみましょう。

体験談の良いところは、良い口コミ、悪い口コミに相当する情報が載っているところです。金融業者によっては、悪い口コミばかりが見つかる金融業者もいるため、事前にこのような情報を仕入れていると、審査甘い消費者金融に騙されるリスクがグッと減ります。

審査甘いの見分け方!適切なカードローン審査とチェック項目

審査甘い消費者金融は、以下のような方法でも見分けることが可能です。

  • 審査項目
  • 審査、契約のステップ
  • 電話連絡先の電話番号

審査項目について触れていない金融業者は、100%審査甘い消費者金融であることを謳っているだけです。大手消費者金融で確認するとわかりますが、年齢制限、融資可能な職業、国籍などについて触れているため、カードローン審査前に審査項目を満たしているのか、こちらがすぐにわかるのです。

もし、審査項目が載っていたとしても、審査、契約のステップについて触れていないようであれば、怪しい業者だと疑ったほうが良いでしょう。

カードローン審査は書類の郵送、カードローン契約、アカウント登録がセットになっているため、インターネット上でカードローン審査が可能、契約もできると謳っている場合は、これらの情報についても案内しているものです。記載されていないということは、これらのサービスに対応していない、対応する予定が無い証拠となります。

最後に、電話連絡先に記載されている電話番号もチェックしましょう。

電話番号の先頭が080、090となっている場合は、悪徳業者の可能性が高いです。本来であればフリーダイヤル番号が記載されており、固定電話、スマートフォン、そしてFAXに関する電話番号も記載されているものです。

これらの案内が不足している理由は、業者のふりをしているだけで、実は個人が経営しているお店だからです。携帯電話番号を記載しているのも、会社の電話番号を知られたくない、計画的に会社を倒産させる際に、会社に関する情報を知られたくないという理由で、携帯電話番号のみを記載しています。

クリアな信用情報が重要!返済で遅延すると評価が下がる!?

カードローン審査には甘いものが存在しませんが、だからといって、審査を柔軟にすることも難しいわけではありません。

具体的には、以下のような対処法によって、カードローン審査の成約率を上げることは可能です。

  • 借金返済で遅延しない
  • 借金を完済する

借金返済を通じて、金融業者はローン契約者を評価する形式となっています。そのため、長期間において借金返済が遅延している場合は、信用情報と呼ばれる評価が下がっていくのです。

・信用情報

カードローン審査時にチェックされる項目の1つで、信用情報は個人信用情報機関によって保存、管理されています。

今では、すべての銀行、消費者金融で信用情報を用いた審査を行っているため、信用情報に対して嘘の情報を記載することはできません。

そのため、借金返済を無事に行っている、終えているように装ったとしても、カードローン審査の開始時点でバレるようになっています。

また、信用情報はローン契約者を監視するためだけのものではありません。そのため、10万円以下の小さな借金であっても、返済で問題を起こしていない場合は、信用情報の評価が上がっていくようになっているのです。

信用情報で最も高い評価を受ける方法は、借金そのものが無い状態になることです。そのため、借金の完済については評価されやすく、逆に、長期間において遅延している場合は、カードローン審査で審査落ちになりやすくなります。

スーパーホワイトの存在!該当するとカードローン審査に通らない?

カードローン審査に落ちる人は、ローン返済でトラブルを起こしている人だけではありません。

以下のような条件を満たしてしまうような人も、実は、カードローン審査で審査落ちになりやすいのです。

  • 金融の利用履歴が0件
  • ローン契約後にローンを利用しない
  • 長く収入を得ていない

上記の問題を多く抱えている人ほど、スーパーホワイトに近づくので注意してください。

・スーパーホワイト

ローンに関して履歴が真っ白の人を、スーパーホワイトと言います。

借金はブラックと呼ばれる、返済不能に陥っている人も悪く評価されるのですが、具体的なローンの利用履歴を確認しない人も、将来的にトラブルを起こす可能性があると判断されることがあります。

借金が無い人の場合、好きなだけ借金を行うことができると、このような勘違いをされることもありますが、実際は、無評価の状況からお金を借りるだけです。

そのため、銀行、消費者金融のカードローン審査において、審査甘い対応を求められるわけではありません。今では収入を前提としてカードローン審査が行われますし、借金返済の状況についてもチェックされるのです。

なので、今までにローン契約を組んだことが無いという場合は、信用情報を良くするために小さな借金から、金融の利用履歴を増やしていくと良いでしょう。

注意点として、借入件数は3件以内を想定しておいたほうが良いです。3件以上でローン契約を組んでいると、銀行、消費者金融のどちらでも、カードローン審査が厳しくなることもあります。

審査の基礎知識!在籍確認、電話連絡は消費者金融でも必須?

在籍確認は必須ですが、電話連絡は要相談となっています。

・在籍確認

カードローン審査申込において記入された情報の確認で、勤務先に対して電話連絡するものを在籍確認と言います。

ちなみに、インターネット上で見ることがある、「〇〇は在籍確認を行っていない」という情報は、審査甘い消費者金融の情報と同じで、嘘の情報だと思ったほうが良いでしょう。

そもそも、銀行、消費者金融に関係なく在籍確認は必須であるため、在籍確認のみ対応しないというケースが存在しません。なので、この手の情報を見かけた際は信用しないほうが安全です。

ではどうして、電話連絡のみ要相談になっているのかというと、それは、電話連絡による対応を別の対応に切り替えることも可能だからです。人によっては、在籍確認時にカードローン審査申込について、会社の同僚、上司にバレることが辛いと、このように考えている人もいます。

今では男女に関係なく、カードローン契約はスマートに済ませたい、このような思いを持っている人が増えているため、銀行、消費者金融で対応するようになってきました。

ただし、在籍確認は必須となっているため、何らかの方法で在籍確認を終えないといけません。そのため、相談後に担当者から連絡される方法を理解し、さらにカードローン審査を無事に終えないといけないのです。

今では、審査甘いカードローンそのものが減っている代わりに、サービスの質を上げる努力をされている金融業者が増えてきました。

信用情報のブラック化!消費者金融でもカードローン審査に落ちる

以下のような問題を起こしている人は、信用情報がブラックになってしまいます。

  • 債務整理などの金融事故
  • 返済において長期間の遅延
  • 情報の不備が目立つ
  • 短期間で連続の申し込みを行っている

今では、銀行、消費者金融ともに個人信用情報機関に加盟している時代です。

個人信用情報機関は、債務整理といった金融事故の情報を保存、管理しているため、カードローン審査時にこれらの情報が照会されるようになっています。つまり、過去に金融事故を起こしている人は、個人信用情報機関に登録されている金融事故の情報が残っている限り、カードローン審査に通りません。

稀に、「ブラックでも通るカードローン」という情報を見かけますが、借金返済で小さなトラブルを起こしている程度であれば、ブラックとしての評価、影響が小さいだけです。

つまり、ブラックとしての問題を抱えている人では、100%ローン審査に通過することはありません。金融業者はカードローン審査の申し込みまで対応してくれるだけで、その後は、すぐにカードローン審査に落ちましたという報告を受けるだけです。

また、A社、B社において記入されている情報が違うといった、情報の不備が多く見つかるような人物も信用情報がブラックになります。カードローン審査は、信用できる相手に対して融資を行っているものなので、信用第一であることを忘れず、正確にカードローン審査の項目を記入したほうが良いです。

最後に、短期間で連続の申し込みも良くありません。

今では、「複数の金融業者にまとめて申し込めるサービス、システム」も存在しますが、このような対応についても、金融の利用履歴に残ってしまうので注意してください。申込件数が多い場合、借金に対して不誠実であると判断されてしまいます。

実際にカードローン審査を通過したとしても、1社のみ利用される場合は、残りの金融業者を無視して話を進める流れになるため、信用情報がブラックになるケースも少なくありません。