即日カードローンの審査に通りたい!そんな人ほど借入状況に注意!

借入状況を良く理解していない状態では、即日カードローンであってもカードローン審査に通ることは難しくなるでしょう。

また、即日カードローンはカードローン審査そのものが甘いわけではありません。そのため、借入状況をチェックされるようになっていますし、返済状況もチェックされるようになっているのです。

なので、可能な限り即日カードローンの審査に通りたいのであれば、他社からの借入を減らしておく、そして、申し込むタイミングも見極めて、安全確実に即日カードローンの契約を組めるようにしておきましょう。

即日カードローンの審査基準!すべて同じというわけではない!?

カードローン審査には、以下のような審査の種類が存在します。ですが、どの審査も癖があるので甘い審査は無いと理解して、カードローン審査に申し込むようにしましょう。
  • 通常のカードローン審査
  • 即日のカードローン審査
  • 借換のカードローン審査

どれも同じように感じるかもしれませんが、通常のカードローン審査以外は審査基準が厳しく定まっているため、以下の条件を満たせないようであれば、カードローン審査に落ちてしまう可能性が高くなってしまいます。

  • 職業に就いている
  • 収入が安定している

その他の注意点として、すでにお金を他社から借りているという場合は、そのことを明らかにしたほうが良いです。今では、銀行、消費者金融に関係無く、個人信用情報機関を通じてカードローン審査を進めています。

個人信用情報機関では借入状況を登録しているため、嘘の情報で即日カードローンの審査に通るというケースは、今では減少傾向にあるのです。もし審査に通ることがあったとしても、借入額が20万円を下回るなど、あまり得をすることは無いと思ったほうが良いです。

大まかな指標!即日カードローンで審査に通るための基礎知識

今でも信ぴょう性のある情報として用いられるものの中には、以下のような情報があります。

  • 借入件数は3件未満が望ましい
  • 1ヶ月に1件の契約が望ましい

このような情報はすでに10年以上も前から存在するのですが、実際にこのような情報を信用して、即日カードローンの審査に通った人は少なくありません。銀行は2件未満が望ましく、消費者金融は3件未満が望ましいということなので、返済額が少額のローンが存在する場合は、こちらを完済されてから新規カードローン審査の申し込みを行うと良いでしょう。

それと、即日カードローンの審査にどうにかして通りたい、このような意思で複数のローンを同時に申し込むのも良くありません。

カードローン審査申し込み情報はすぐにフィードバックされるため、1日に複数の金融業者で審査の申し込みを行っていると、金融業者の方も警戒することが多くなるのです。このような対応は多重債務者に見られる問題とされているため、安易に申し込みの数を増やすのは良くありません。

銀行、消費者金融の違い!即日カードローンはどちらも対応している?

下の表のとおり、即日カードローンは消費者金融で対応しているカードローンです。銀行でも即日カードローンらしい金融商品はありますが、審査のみ即日対応が可能ですという意味で、即日カードローンという案内を出しているだけなのです。
金融業者 即日カードローンの販売
銀行 対応していない
消費者金融 対応している

今では、銀行、消費者金融で提携しているケースもありますので、即日カードローン、借換カードローンのような特殊な商品については、消費者金融で主に取り扱っていると判断したほうが良いでしょう。

稀に、銀行でも即日カードローンに対応しているという情報が、インターネット上で見つかることもあります。ですがこのような情報は、銀行と提携している消費者金融が、即日カードローンの審査に対応しているだけなので、銀行のみで即日カードローンに対応しているわけではありません。

なぜ消費者金融が人気?即日カードローンでも人気になっている理由

インターネット上で即日カードローンについて調べると、オススメの金融業者のすべてが消費者金融というケースは少なくありません。

その理由ですが、消費者金融でカードローン審査を受けると、以下のようなメリットが発生するからです。

  • 審査がスピーディー
  • 365日24時間対応のサービスが多い
  • 30日間無利息サービスに対応している

このようなサービスは銀行では対応しておらず、主に消費者金融で対応していると思って問題ありません。しかも消費者金融は、レディースカードローンのように、女性専用のカードローン審査、即日カードローンの審査にも対応しているため、自然と男女から評価されていくようになりました。

逆に、銀行、消費者金融のどちらでも対応しているサービスには、以下のようなものがあります。

  • 来店不要のカードローン審査、契約が可能
  • webのみで審査、契約、入出金が可能

昔とは違い、今ではパソコン、スマートフォンからの申し込みに対応している金融業者が増えています。そのため、中小の銀行、消費者金融であっても、大まかなサービスに違いはない状況となっているのです。

人気の即日カードローン!審査通過率に大きな違いはない!?

銀行、消費者金融のカードローン審査通過率は以下のようになっています。

金融業者 審査通過率
銀行 約40%
消費者金融 約50%

銀行のほうが、カードローン審査通過率が低い状況となっているため、即日カードローンでは消費者金融のほうが良いと判断できます。ですが、消費者金融でお金を借りてしまうと以下のような弊害が起きやすいので、最近では、銀行カードローンを利用される人が増えてきました。

  • 初回の借入額が低い
  • 総量規制の対象となる
・総量規制

銀行は総量規制対象外、銀行以外の金融業者は総量規制が適用されるという決まりになっています。

総量規制が適用してしまうと、年収の3分の1以上はお金を借りられないため、このようなことも意識して通常のカードローン、即日カードローンを使い分けないといけません。

年収の3分の1以上はお金を借りられないので、年収300万円の人は100万円以内でお金を借りないといけません。銀行は、100~500万円の借入に対応しているという広告を多く出しているのですが、これは総量規制の影響で多く借りることが可能になっていることをアピールしています。

補足となりますが、長期間において消費者金融でお金を借りるようにすると、総量規制対象外になるなどの措置はありません。そのため、100万円以上を安定的に借りたいという場合は、最初から銀行カードローンで審査を受けたほうが賢明なのです。

もし借りるのであればどっち?銀行、消費者金融は金利が同じ?

金利の概要となりますが、銀行、消費者金融は金利が同じわけではありません。

  • 銀行:1.0~15.0%
  • 消費者金融:4.0~18.0%

借入額が高くなると、比例して金利が下がっていく仕組みになっています。しかし消費者金融では大金を借りることが、総量規制の影響で難しくなっているため、12.0~18.0%の間でお金を借りている人が多いのです。

銀行の場合、即日カードローンに対応していないというデメリットはありますが、キャンペーン中の申し込みで、カードローン契約時の金利が10.0%、もしくは12.0%で固定といった、金利優遇を意識したキャンペーンが多いという特徴があります。

消費者金融の場合は、即日カードローンに対応しているだけでなく、30日間の無利息サービスに対応しているので、今までカードローンを利用したことがないのでお試しで利用したい、もしくは、30日間だけ借りてすぐに返済するといった変則的な利用に最適です。

その他に知っておきたいこと!即日カードローンを賢く利用しよう!

即日カードローンで必要となる書類ですが、以下のとおり通常のカードローンと大きな違いはありません。

  • 本人確認書類
  • 収入証明書

今ではwebのみでカードローン審査、契約を終えることが可能となっているのですが、このような時であっても、提出するのは運転免許証、各種健康保険証、パスポートなどを提出するだけで問題ありません。

パソコン、スマートフォンから画像データを送信するだけで、カードローン審査がスタートする流れになっています。

また、収入証明書は借入希望限度額が50万円を超える場合に限り、収入証明書も必要になるというだけです。借入希望限度額は、金融業者によっては融資希望額のように別名が用いられていることもありますが、意味は借入希望限度額と同じなので、借りたい金額を記入するだけで問題ありません。

即日カードローンの豆知識となりますが、審査の多くは月末にかけて活性化することが多いです。

というのも、月末にかけて銀行、消費者金融はノルマを達成しないといけません。

・ノルマ

達成目標のことをノルマというのですが、金融業者では新規契約者を指して使われていることが多いです。

つまり、銀行、消費者金融ではノルマを意識して金融商品を販売しています。そのため、月末を狙って即日カードローンの申し込みを行ってみると、スムーズにカードローン契約を組めることが多いのです。

ただし、カードローン審査そのものが甘いわけではありませんので、即日カードローン審査であっても、借入状況のチェック、そして記入ミスが無い状態で申し込みを終えるようにしましょう。このような些細なことを適切に対処していると、即日カードローンの借入額が多く設定されるといった、借入側にとって都合の良い展開が多くなります。

即日審査カードローンの審査基準

情報が錯綜している!ブラックでも借りれるカードローンの実態

ブラックでも借りれるカードローンという情報を聞きつけて、カードローン審査は甘いと思われている人もいます。 ですが、本当にブラックでも借りれるカードローンは少なく、正規の金融業者では審査対応...

カードローンまとめる!そんな時に役立つ情報をピックアップ

カードローンをまとめるというのは、今では誰もが知っているカードローンの有効利用です。 例えば、カードローンをまとめる際は、借り換えローン、おまとめローンを選べるようになっています。似たよう...

即日で借りたい!そんな在籍確認なしカードローンはある?

カードローン審査で悩んでいる人の場合、在籍確認なしカードローンは魅力的です。 ですが、そんな在籍確認なしカードローンにもメリット、デメリットはあるので注意してください。今回は、そんな在籍確...

知っておくと得をする!?カードローンの限度額は何を意味する?

カードローンの利用限度額というのは、年収だけでなく、職業によっても左右されます。 しかし、カードローン審査の事実について知らない人が多いため、今回は、カードローン審査の特徴をまとめて案内さ...

多くの人が利用している!カードローンシミュレーションの重要性

カードローンのシミュレーションは便利なので、今では、シミュレーションをされてからカードローンの契約も珍しくありません。 ですが、カードローンのシミュレーションの中には、適切な情報、計算が含...

即日審査と即日融資!便利なカードローンとはどんなもの?

カードローンのサービスとは、主に即日審査、即日融資の2つとなっています。 同じサービスと思われることが多いのですが、実はまったく異なるサービスなので注意してください。今回は、そんな即日審査...

すぐに即日審査を受けたい!カードローンはまとめることも可能?

カードローンをまとめるというのは、何も緊急手段として選ばれているわけではありません。 というのも、カードローンをまとめるだけで生活が豊かになり、心を落ち着けて生活できるようになるからです。...

即日審査のカードローン!即日のキャッシングに対応している業者

カードローンについて、インターネット上で調べものをしていると、カードローン、キャッシング講座というものを見かけることがあります。 ですが、キャッシングというのは現金を借りることなので、今で...

似ているようで実は別物!カードローン、キャッシングの違い

急にお金が必要になった、もしくは計画的な借り入れをしたいという人は、今ではカードローン、キャッシングを利用されています。 また、カードローン、キャッシングには違いがあるという意見もあります...

金利安い金融業者は多い!?カードローンの金利で得をする方法

近年では、即日審査のカードローンであっても、金利安いカードローンを探す人が増えています。 そんな金利安いカードローンの情報の中には、古い情報も混ざっているため注意しないといけません。なので...