借り換えによる借金返済!フリーローンで借り換えると返済が楽になる

フリーローンの借り換えというと、銀行ではカードローン審査に通りやすい、しかし、消費者金融ではカードローン審査に通りづらいというふうに、漠然とした情報が多く見つかります。

そこで今回は、このような情報の真偽性をハッキリさせるために、現在のフリーローンの借り換え、そして、銀行、消費者金融の審査方法などを明らかにしていこうと思います。他にも、フリーローンのメリット、デメリットといった、利用前に知っておきたい事実についても案内していきます。

なぜフリーローンを利用する?借り換えを選択する理由は?

フリーローンの借り換えには以下のような利点があります。そのため今では、男女に関係なくフリーローンの借り換えを利用する人が増えているのです。
  • 大金の融資に向いている
  • 銀行、消費者金融で販売されている金融商品

フリーローンの良いところは、なんといっても大金の融資が可能になっているところでしょう。ちなみに、銀行、消費者金融ともにフリーローンの販売では、フリーローン専用の名称を用意しているため、簡単に選ぶことができるようになっています。

また、フリーローンの多くは100~1000万円で融資を行っていることが多いので、金利についても10%以内と魅力的です。ただし、以下の条件を満たせない人では審査を行えないため、こちらについてはデメリットになりやすいでしょう。

  • 年収が200万円以上
  • 勤続年数が2年以上

それほど厳しい審査条件ではないように感じるかもしれません。ですが、審査そのものに時間がかかりますし、ギリギリ審査条件を満たせるような人では、カードローン審査そのものを断られることもあるのです。

フリーローンだけのメリット!借り換えで返済日をまとめることが可能

フリーローンの借り換えですが、以下のようなメリットを意識して利用されている人も多いです。

  • 返済日を設定できる
  • 返済タイミングを遅らせることができる

なぜ返済日を設定できるのかというと、それは、借り換えカードローンそのものが、そもそも救済策として用意されているからです。人によっては多大な借金を抱えている方もいるのですが、このような人ほど借金の返済日がずれているため、返済で延滞してしまうこともあります。

このような問題を救済するため、フリーローンの借り換えでは好きな日を返済日に指定することが可能なのです。

返済タイミングを好きに遅らせることができるのもメリットでしょう。例えば、1ヶ月ほどスパンを設けて2ヶ月後から返済開始であれば、フリーローンの借り換え以外の借金を優先して返済できますし、生活に対しての余裕も違ってくるのです。

ただし、フリーローンの借り換えであっても、半年後、1年後というふうに、いつまでも返済タイミングを延長し続けることはできません。カードローン審査の相談で、このようなことを要望として出してしまうと、誠実さに欠ける申込者と判断されることもあるので、長くても1ヶ月間を目安にして、返済タイミングを遅らせるようにしましょう。

落ち着いた借金返済!フリーローンは返済方式も変更できる

借金返済の基本となりますが、借金は返済方式によって、返済の難易度が大きく変わるといっても過言ではありません。主に以下のような返済方式が用意されているため、フリーローンの借り換えでも、返済方式の相談を行ってから審査に進むと良いでしょう。
  • リボルビング方式
  • 残高スライドリボルビング方式
  • ボーナス払いの有無

リボルビング方式とは、毎月固定額で返済を継続する返済方式です。キャッシング、クレジットカードといったローンではポピュラーなのですが、カードローンでは利用者が少ないため、あまりポピュラーではありません。

また、フリーローンの借り換えではリボルビング方式がオススメです。というのも、毎月の返済額が固定の場合は、返済ミスが起きてしまう可能性が低いからです。

もし、早め早めで完済してしまいたい場合は、残高スライドリボルビング方式を選ぶようにしましょう。残高スライドリボルビング方式は、返済に応じて利息も減っていく方式となっています。

そのため、一定額の返済後は借金返済が楽になりますし、その分だけ、フリーローンの借り換えを有意義に利用できるのです。

もし、返済スピードを上げたい場合はボーナス払いもありにして、返済できる金額の底上げを図ると良いでしょう。補足となりますが、フリーローンの借り換えであっても、すぐに返済できる保証がある人であれば、カードローン審査に通りやすくなります。

つまり、残高スライドリボルビング方式、ボーナス払いの設定であれば、フリーローンの借り換えであっても、カードローン審査がスムーズに進みやすいのです。

フリーローンの注意点!選ぶのであれば銀行、消費者金融のどちら?

答えからとなりますが、オススメは銀行とされることが多いです。

銀行のフリーローンの借り換えには、以下のようなメリットがあるため、今では若い人たちからも支持されるようになりました。

  • 金利優遇チャンスがある
  • 長期返済を認めている

フリーローンの借り換えで、借入希望額が100万円以上の場合は銀行を選んだほうが良いでしょう。銀行のフリーローンは金利優遇されやすく、元々金利そのものが高くないため、100万円以上であれば2.0~10.0%の間で、金利設定される可能性が高いです。

消費者金融の場合、高額のフリーローンの借り換えを認めていないケースもあり、金利優遇チャンスについてもありません。

しかも、銀行のフリーローンの借り換えは長期返済可能です。長いものでは3~5年のものもありますので、高額のフリーローンの借り換えであっても、返済で苦労する可能性が低くなるでしょう。

しかし銀行のカードローン審査は厳しいので、以下の条件を満たせない人では審査に落ちる可能性が高いです。

  • 現在、新規でカードローン、フリーローンに申し込んでいない
  • 現在、借金返済でトラブルを起こしていない
  • 本人確認、在籍確認、収入証明を行うことができる
・収入証明

本当に収入を得ているのか、直近の給与振込が確認できる給与振込口座を用いて、チェックする方法を収入証明と言います。

フリーローンの借り換えは、カードローンより審査が厳しくなりやすいため、3ヶ月以上の給与振込が確認できない場合、収入に問題ありと判断されることもあります。

フリーローンが利用できない!このような問題を解決する方法は?

何度もフリーローンの借り換えに申し込んでも、カードローン審査に落ちるという人がいます。

このような問題は、以下のような問題を抱えているため起きているのかもしれません。

  • お使いみちがハッキリしていない
  • 返済能力が十分ではないと判断されている
・お使いみち

どのような目的でフリーローンの借り換え、カードローンの契約を組みたいのか、こちらを明らかにすることをお使いみちと言います。

銀行のフリーローンの借り換えでは、消費者金融よりもカードローン審査が厳しくなりやすいため、以下のようなお使いみちでは審査に通らない可能性が高くなります。

  • 遊興費
  • 生活費
  • 資格費

生活費の場合、銀行カードローンの審査であれば、審査に通ることもあるでしょう。

ですが、フリーローンの借り換えは借金返済を主とするものなので、遊興費だけでなく、生活費、資格費でも審査に落ちる可能性があるのです。そのため、銀行のフリーローンの借り換えで審査に通りたいのであれば、そのまま借金返済でお使いみちを決めてしまったほうが無難でしょう。

ブラックリスト入りは何が怖い?ブラックリスト入りの嘘と本当

金融事故、もしくは個人的なトラブルを起こしている人は、銀行、消費者金融に関係なくブラックリスト入りしてしまいます。

・金融事故

長期間で借金返済を延滞している、過去に債務整理の手続きをされている人の場合、金融事故ありとして個人信用情報機関で登録されます。

また、ブラックリスト入りには以下のようなペナルティがあるため、借金返済においては注意したほうが良いとされているのです。

  • 1~10年間は新規の借り入れが不可能になる
  • あらゆる金融商品の申し込みを行えない

インターネット上では、ブラックリスト入りに関する嘘の情報も存在します。例えば、ブラックリスト入りすると生涯において、ローンを組めなくなるという情報もありますが、こちらについては虚偽の情報だと思って問題ありません。

100万円以上のような高額の融資が難しくなるだけで、少額の借り入れであれば、ブラックリスト入りが解除された後に利用できるようになっています。

また、あらゆる金融商品の申し込みについても、ブラックリスト入りが解除されると申し込めるようになっています。ただし、ブラックリスト入りがいつ解除されるのかは、金融業者のほうで案内していないため、解除されるタイミングがいつになるのかは不透明です。

他にも、虚偽の情報の中にはブラックリスト入りしていても、フリーローンの借り換えなど、一部の金融商品であれば審査に通るという情報もあります。ですがこのような情報は、悪徳業者を利用させるための手口なので、実際は、リスクの高い借り入れしか認められないだけです。

お金を借りた後、高い利息を取られることが多いので、ブラックリスト入りが解除されるまでは、下手に借金をしないのが得策でしょう。

申し込み前にやってはいけない!借り換えをスムーズに終わらせる方法

以下のようなことをしてしまうと、フリーローンの借り換えに申し込めなくなることもあります。

  • 借入件数が3件以上
  • フリーローンの申し込みをまとめて行う

今では、銀行、消費者金融ともに個人信用情報機関に加盟しているため、借入件数の把握ができないということはありません。そのため、借入件数に対して虚偽の事実を記入してしまうと、フリーローンの借り換えが難しくなるのです。

また、フリーローンの申し込みを行う際は、自動で申し込みを完了できるサービス、システムを利用しないほうが良いでしょう。

一見すると便利なサービス、システムのように感じますが、まとめて申し込みを行っている場合も、金融業者側は迷惑行為と判断することが多いです。このような行為が何度も繰り返されると、その際も、ブラックリスト入りすることがあるので注意してください。

審査が甘いわけではない!審査そのものを断られることもある!?

フリーローンの借り換えは銀行、消費者金融で対応しているため、審査そのものが甘いと思われることもあります。

ですが、以下のような審査対応を取っている金融業者も存在するため、甘いカードローン審査ではありません。

  • 保証人なしでは審査を行えない
  • 審査そのものに対応していない

保証人というのは、カードローン審査を申し込んでみるとわかるとおり、今では保証人なしで申し込めるのが当然となっています。

というのも、今では保証会社を通じてカードローン審査が行われているからです。

・保証会社

主に大手消費者金融が保証会社となっているのですが、保証会社ありの場合は、保証人なしでもカードローン審査が可能なのです。

これは他の金融商品でも見られている対応で、今では、銀行、消費者金融が提携しているケースも増えてきました。保証会社は、カードローン審査だけでなく、借金返済などの対応も取ってくれるため、昔に比べると今のカードローン審査は、スピーディーなものが増えているのです。

便利なサービスですが、フリーローンの借り換えは融資限度額そのものが高いため、慎重に審査を行う傾向にあります。

また、銀行、消費者金融では銀行のほうが、フリーローンの借り換えに力を入れているのです。そのため、消費者金融でフリーローンの借り換えを申し込むと、「現在は対応しておりません」というメッセージが返され、フリーローンの借り換えが難しいと判断できるケースまであります。

このようなケースもあるので、金融商品にフリーローンの借り換えが含まれているか、現在も審査対応を取っているか、これらをチェックしてから、フリーローンの借り換えに申し込んだほうが良いでしょう。