銀行カードローンは即日OK?最短でお金を借りる方法

即日銀行カードローンは昔からあるため、今でも、即日融資の銀行カードローンがあると思っている人もいます。

ですが、実際は即日融資の銀行カードローンが無くなっているため、即日銀行カードローンの意味合いは、即日で審査を終えられるという意味に置き換わっています。他にも、銀行、消費者金融では即日の意味、サービスが異なっているため、具体的にどのような違いがあるのか、こちらも知っておいたほうが良いでしょう。

消費者金融と何が違う?即日銀行カードローンは使いやすい?

即日銀行カードローンをわかりやすくまとめると、即日審査に対応しているカードローンのことです。銀行カードローンは2018年以降、即日融資が不可となっているため、即日融資にも対応してくれると勘違いしないように注意してください。

また、即日銀行カードローンであれば、以下のようなケースでもお金を借りることができるようになっています。

  • 少額からの借り入れ
  • インターネットを通じての借り入れ

銀行というと、消費者金融に比べて審査が厳しいと思われている傾向にあります。

ですが今では、保証会社を消費者金融としている銀行カードローンも増えているため、昔に比べて柔軟性が上がっているカードローン審査が増えました。保証会社の消費者金融についても、プロミス、アイフル、アコムのような大手消費者金融が名を連ねているため、安心してカードローン審査を受けられるようになっています。

・保証会社

カードローンの審査基準を確認すると、保証会社の項目、欄を確認することができます。

保証会社とは、審査完了後の保証を行う会社のことで、借金返済時の取り立てなど、返済に関するトラブルなどを受け持つことも多いです。

保証会社に消費者金融が多い理由は、銀行よりも長くカードローン審査を行っている金融業者が多いからです。販売実績そのものも多いため、メガバンクほど消費者金融と提携する傾向にあります。

その他の違い!申込条件、審査基準がかなり違っている

銀行、消費者金融で同じようなカードローン審査を行っていると思われがちですが、以下のようなところに大きな違いがあります。

  • 総量規制を前提とした審査基準
  • 申し込みそのものに対する規制
・総量規制

年収の3分の1以上で借り入れを行う際、総量規制が適用となっている場合は、新規での借り入れが拒否されるようになります。

総量規制は銀行以外の金融業者で適用される仕組みになっているため、消費者金融は総量規制あり、銀行は総量規制対象外となっているのです。

つまり、銀行のほうがお金を多く借りられるチャンスがあるため、銀行、消費者金融は別物とされることが増えてきました。しかし、銀行、消費者金融ともに年収を前提にしてカードローン審査を行っているので、例えば、年収100万円の人は年収200万円の人に比べて、借入限度額が低く設定されることが多いのです。

また、就職状況によってもカードローン審査の難易度が違ってきます。これは即日銀行カードローンも同じで、専業主婦、無職、学生、老人などは、カードローン審査の対象外になることもあるのです。

即日銀行カードローンの注意点!消費者金融よりも劣ることがある?

銀行というだけで、消費者金融よりも優れていると勘違いされることもありますが、以下のような面で比較すると、銀行は消費者金融よりもサービスの質で劣っていることがわかります。なので、即日銀行カードローンについても、自分の都合に合っているかを考慮してから、消費者金融のカードローンも選んだほうが賢明です。
  • 無利息期間が無い
  • 職業によっては審査に通らない
・無利息期間

消費者金融では、新規の借り入れに対して30日間、180日間といった、無利息期間キャンペーンを開催しているのですが、これは消費者金融以外では確認できないサービスの1種です。

そのため、30日間のみカードローンを利用しようと考えている場合は、消費者金融の即日カードローンを利用したほうが良いでしょう。銀行でも金利優遇キャンペーンを行うような形で、利用者に対して何かしらの還元を行っているのですが、無利息期間と同等のキャンペーンは行っていません。

ちなみに、ナイトワークと呼ばれている職業については、銀行カードローン審査の対象外になることもあるので注意してください。ナイトワークというのは、以下のような職業のことです。

  • 夜間専門で勤務する職業
  • 風俗関係の仕事と判断される職業
  • あまり知名度の高くない職業

夜間専門で勤務する職業が該当するため、夜間パトロールのような職業に就いている場合は、カードローン審査で落ちてしまうか、通常よりも借入限度額が低く設定される恐れがあります。

あまり知名度の高くない職業についてですが、こちらは地域が主体となっているイベントの設営、運営に関する職業などが該当します。不定期でイベントが発生する、収入が発生すると判断されるため、基本的にカードローン審査で通りやすいということはありません。

総量規制に要注意!即日銀行カードローンは総量規制対象外

総量規制についての詳細となりますが、以下についても知っておくと、即日銀行カードローンをもっと利用しやすくなるでしょう。

  • プランによって融資限度額が違う
  • 法人、個人事業主に対する融資は審査に時間がかかる

銀行カードローンは1種類しか存在しないわけではありません。実際に銀行でカードローンの相談を行ってみるとわかるのですが、通常のカードローン、年収が多い人向けのカードローン、長期間の借り入れに対応しているカードローン、事業者専用のプランなどが用意されています。

さらに今では、専業主婦、高齢者でも銀行カードローンが利用できるプランもあり、3~10種ほどのカードローンが存在するのです。そのため、プランによって融資限度額が違うことも知っておいたほうが良いでしょう。

年収が少ないと判断される職業の場合、即日カードローンであっても20万円以内での借り入れのみ許容可能というふうに、かなり厳しい審査内容になることもあります。

また、法人、個人事業主に対する融資は、即日カードローンとして販売されているものであっても、1週間前後はかかると思ったほうが良いです。即日カードローンとして販売されている理由は、人によってはすでに、カードローンを利用されていることもあるからです。

この場合、別のカードローンプランに切り替えるという形になるため、カードローン審査が簡略化されることもあります。なので、即日カードローンとして販売されているものもあります。

銀行は総量規制対象外と聞くと夢が広がりますが、だからといって、無制限、自由な貸付を許容しているわけではありません。

即日融資のカードローン!今では消費者金融のみ対応可能?

完全な即日融資のカードローンについては、銀行以外で対応している状況となっています。

なぜこのような状況にあるのかというと、銀行カードローンは、今では警視庁のデータベースの照会を必要としており、その分だけ即日融資の対応が難しくなっているからです。このような問題はメガバンクだけでなく、中堅の銀行でも見られる問題となっています。

補足となりますが、即日融資が可能な消費者金融であれば、以下のような申込時間に対してカード発行、即日の入出金も可能となっています。

申込時間 カード発行 即日融資
13時まで 対応可能 対応可能
13時~20時 対応可能 応相談可
20時以降 対応不可 対応不可

消費者金融はカードローン審査が甘い、もしくは大金を借りられるという嘘の情報も出回っていますが、表の通りで、20時以降の審査対応はシビアになっています。もし、審査が即日で終わったとしても、借り入れに関しては翌日になることのほうが多いでしょう。

そのため、消費者金融で即日融資を受けたいのであれば、営業時間を確認した上で、13時までにカードローン審査の申し込みを終えていたほうが賢明です。

数日待たされる?即日銀行カードローンは休日に利用しないほうが良い

消費者金融とは違い、銀行カードローンの審査は在籍確認でかなりの時間がかかります。

というのも、以下の条件を満たせない場合は1~3日もかけて審査結果が出るからです。

  • 平日にカードローン審査の申し込みを終えている
  • 虚偽の情報が混じっていない状態で申し込んでいる

意外と知られていない事実なのですが、カードローン審査は土日祝日も対応しているだけで、平日と同じような即日の審査に対応しているわけではありません。つまり、土日祝日に在籍確認を行うという約束では、カードローン審査の時間が長くなってしまうのです。

また、カードローン審査の基本となりますが、カードローン審査で重要となるのは、虚偽の情報が混じっていないことです。虚偽の情報が混じっている場合、個人信用情報機関を通じて情報のチェックが入るようになっているため、無駄に審査時間が長くなってしまいます。

・個人信用情報機関

CIC、JICCといった個人信用情報機関が存在します。

今では銀行、消費者金融ともに個人信用情報機関に加盟しているため、虚偽の情報が混じっている状態で、カードローン審査が進むケースは減っているのです。

年齢、もしくは年収の内容に違いがある場合、電話確認という形で修正が入ることはありますが、就職先、住所などが正しくない場合、在籍確認が行えなくなるため、そのままカードローン審査が止まってしまうことがあります。このような問題を回避するためにも、事前に申し込み情報のチェックを行ってから、申し込みを終えるようにしましょう。

なぜ銀行カードローンは人気?銀行カードローンだけのメリットは?

消費者金融に比べてサービスが劣る銀行カードローンですが、以下のようなメリットもあるため人気が高いです。

  • 銀行自体の信用が高い
  • 他のローンをまとめて組むことが可能

メガバンクだけでなく、ほぼすべての銀行カードローンは、銀行の窓口、電話、書類の郵送、もしくはインターネットを通じて審査の申し込みが可能となっています。このようなサービスは消費者金融でも対応しているのですが、昔に比べて、銀行のほうは柔軟に対応してくれるケースが増えてきました。

例えば、どうしてもカードローン審査そのものに不安を感じるというケースでは、銀行員が訪問する形でアドバイスしてくれる、もしくは、電話を通じて困っているポイントをアドバイスしてくれるといった、便利なサービスが増えているのです。

消費者金融でも同様のサービスを行っていますが、それでも、信用が高い銀行を通じてカードローンを持ちたい、このような意思を持っている方が多くいるのです。

しかも銀行カードローンは、即日銀行カードローンのような複数の金融商品を、同時に申し込むことも可能になっています。具体的には、以下のようなローン審査の申し込み、相談をまとめて行えるようになっているのです。

  • カードローン
  • キャッシング
  • クレジットカード
  • 住宅ローン
  • 自動車ローン
  • 教育ローン
  • 生活ローン

複数の金融商品でまとめて契約できるという場合、気になるのは金利なのですが、銀行のほとんどは金利が借入額に応じて下がる仕様になっています。しかも、消費者金融よりも金利が低いので、金利の面で損失を招く恐れも小さいです。

近年では、借り入れ前に借り入れそのもののシミュレーションも行えるため、インターネットを通じてシミュレーションを行ってから、改めて銀行でカードローン審査を申し込むといった、時間を無駄にしないカードローン審査も可能になっています。

賢い銀行カードローンの利用方法!知っておきたい申込みテクニック

即日銀行カードローンのテクニックとなりますが、以下のような申し込みのコツを知っていると、安全快適にカードローンを持てるようになります。

  • 申し込みは午前中に済ませる
  • ネットから申し込む
  • 必要書類を揃えておく

銀行カードローンの審査時間をインターネット上で確認すると、30~120分以内になっていることが多いです。ですが、これは利用者が多くない時間帯を利用した場合の話で、スムーズにカードローン審査を進めたい場合は、利用者が集中していない午前中に済ませたほうが良いでしょう。

それと、窓口からのカードローン審査申し込みはオススメできません。

その理由ですが、銀行の窓口は金融の相談を受けるために設けられているからです。人によっては30分ほど自動車ローン、生活ローンの相談をされている人もいますし、何時になったら話がまとまるのか、こちらについては常に不明となっています。

インターネット上からの申し込みであれば、24時間好きな時間に申し込めるようになっていますし、周囲の目を気にしないでカードローン審査の申し込みを終えられます。なにより銀行の窓口とは違って、銀行員の営業トークが少ないというメリットもあるのです。

なので、カードローン審査そのものに慣れていない場合は、窓口よりもネットから申し込んだほうが無難でしょう。

最後に、以下の必要書類も揃えておくようにして、無駄な時間を使わずカードローン審査を終えるようにしてください。

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート

すべてコンビニなどでコピーした写しで問題ありません。どれか1枚の提出を求められるようになっていますので、運転免許証、もしくは健康保険証の写しがあるようであれば、こちらを提出するだけで問題ないです。

パスポートも利用可能となっているのは、外国の方が日本でカードローン審査を申し込む場合、国籍、住所などを明らかにする目的で利用されます。また、借入希望額が少額の場合であっても、本人確認書類に該当する書類の提出は必要で、在籍確認についても不要になることはありません。

インターネット上では、審査不要のカードローンに関する情報も出回っているのですが、これらの情報は根拠がない情報の1つなので、即日銀行カードローンを申し込む場合でも、書類や審査基準を、公式サイトで確認しておいたほうが良いです。