即日融資が可能なのは銀行?それとも消費者金融?緊急時に頼れる業者

即日融資というと、今までは銀行、消費者金融ともに対応している融資方法でした。

そのため、銀行、消費者金融で新しい金融商品を生み出すこともあったのですが、今では、〇〇ローンのような商品名を見ることが減ってきています。なぜこのような状況になっているのか・・・、そんな銀行、消費者金融の変化であり、即日融資に対する認識、規制について詳しくなりたい方は、良ければ記事を参考にして今の金融事情を学んでいってください。

即日融資の有無!銀行カードローンは即日融資が不可になった?

そもそも即日融資というのは、銀行、消費者金融でも対応していたことがありました。ですが今では、消費者金融のみで対応している状況になっているので、銀行でも即日融資が可能という情報は、信用できない情報だと思ったほうが良いでしょう。

どうして銀行カードローンの即日融資が不可になっているのかというと、それは、2018年より銀行カードローンは、即日融資を行わないことを決定したからです。下記の要因が問題視されるようになったため、今のような融資を行うようになったとされています。

  • カードローン契約者の返済能力を超えた貸付が目立った
  • 暴力団関係者に融資を行っていた

銀行は総量規制対象外となっているため、どの程度の貸付を行うのかについては、銀行任せとなっています。

・総量規制

銀行以外の金融業者は総量規制の対象となっているため、年収の3分の1以上で貸付を行うことができません。

総量規制によって貸付の安全性、安定性が保たれるようになったのですが、消費者金融の貸付金額が少ないということで、銀行カードローンの利用者が増えやすい傾向になったのです。そのため、銀行側も貸付金額が多くなるなどのトラブルが起き、その後、暴力団関係者に対しても融資を行うといった、トラブルも発覚するようになりました。

即日融資の背景!反社会的勢力への融資も行われていた!?

2013年の週刊誌のスクープによって、某メガバンクの傘下から、反社会的勢力への融資があったことが発覚しました。

このような問題が起きた後、銀行は申込者の情報を警視庁のデータベースに照会しなければいけなくなり、その影響で、カードローン審査に数日かかるようになったのです。

つまり、以下のようなカードローン審査は、今では対応そのものが難しいものに変わりました。

  • 即日で審査を終える
  • 誰でも審査可能

一部では即日融資が不可能!?消費者金融は即日融資に対応している?

即日融資についてですが、銀行は即日融資に対応していないだけなので、消費者金融は今でも即日融資に対応しています。ただし、以下のような条件をクリアできる人でなければ、消費者金融でカードローン審査に通ることはありません。
  • 安定した収入がある
  • 在籍確認が可能
  • 即日融資用プランに申し込める

意外と知られていませんが、自動契約機と呼ばれる機械を通じて、即日融資を受けることも不可能になっています。

ただし、一部の大手消費者金融であれば自動契約機を介して、即日融資を受けることが可能になっているので、どうしても即日融資を受けたいという場合は、上記の条件を確認した上で、大手消費者金融の窓口、もしくはメール、電話を通じて相談を行うようにしましょう。

即日融資無しの審査?カードローン審査にかかる時間に違いはある?

以下のとおり、即日融資の有無によってカードローン審査の時間が異なります。

金融業者 審査時間
銀行 1~3日
消費者金融 1日以内

銀行は1~3日と書かれていますが、1週間ほど経過してもカードローン審査が終わらない人もいます。

なぜこのような問題が起きてしまうのかというと、以下のような問題を抱えている人の場合、カードローン審査に時間がかかりやすくなるからです。

  • 収入が不安定
  • 職業が不鮮明
  • 個人信用情報に問題がある

収入が不安定とは、副収入を得て生活をされているなど、職業をもってお金を得ていると判断されないケースが該当します。副収入の収入額が多い場合であっても、このような問題が起きることはあります。

また、最近できた職業のように職業が不鮮明という場合も、カードローン審査の審査時間が長くなってしまうでしょう。銀行は消費者金融とは違い、安定した返済を求める傾向にあるので、公務員、会社員以外の職業では、カードローン審査そのものが厳しくなりやすいのです。

最後に、銀行は個人信用情報もしっかりとチェックしているので注意してください。

・個人信用情報

個人信用情報機関に登録されている、金融の利用履歴に関する情報を個人信用情報と言います。

個人信用情報は、返済で延滞が目立つ、もしくはカードローンなどのローン利用が少ない場合、高評価につながらないということが多いです。

即日融資に対応していない!そんな場合に効果的な対処方法

将来的に即日融資に近いカードローン審査を受けたいという場合は、以下のことに注意して対処すると良いでしょう。

  • 銀行のキャッシュカードを利用する
  • 銀行を通じてローンを組む

銀行はお得意様に対して金融商品を売り込むことが多いです。これは、銀行カードローンでも同じなので、事前にキャッシュカードを利用しておくと良いでしょう。

キャッシュカードを利用するといっても、ローン返済などの引き落とし口座を、銀行のキャッシュカードにするだけで問題ありません。このような記録が蓄積すると、お得意様としてカードローン審査を早めてくれることが多いです。

もし可能であれば、ローンそのものを銀行で組むというのも良いでしょう。家電品、自動車などを購入する際は、銀行でローンを組むようにしていると、ローン審査で有利になることが多いです。

注意点として、返済時にトラブルを起こさないようにしましょう。銀行は、消費者金融に比べて借金返済トラブルに厳しいところがあるため、ローン返済は確実に返せる金額を狙って行ったほうが良いです。

銀行カードローンで即日融資並み!?ちょっとしたコツで審査が簡単

今では、インターネットを通じてカードローン審査の申し込みを終える人が増えています。

これには以下のような理由も含まれるため、今ではメジャーなカードローン審査の申し込み手段となりました。

  • 在宅のままカードローン審査を終えられる
  • 必要情報をまとめて記入できる、記録できる

カードローン審査というと厳格なものを想像される方もいますが、インターネットを通じてカードローン審査を行う場合、氏名、年齢、住所、連絡先、勤務先といった最低限の情報を記入して、カードローン審査の申し込みを終えるだけです。

時間にして60分ほどでカードローン審査の結果が通知されることが多く、基本的に窓口でカードローン審査を行うよりもスムーズなことが多いです。しかも、必要情報をまとめて記入できるようになっているだけでなく、記入した情報は記録されるため、何度も再利用できるのです。

今では銀行も消費者金融のサービスを意識して、インターネット上から気持ち良くカードローン審査を受けられる、このような体制を整える努力をされているため、複雑でわかりにくい審査になるケースは稀でしょう。

ただし、即日で融資が行われるわけではありません。カードローン審査に通った後は、契約用の書類作成、郵送、カードローン審査の申込者が書類の確認、署名、捺印などの手順を経て、ようやくカードローン用のカードが発行される、契約後に入出金をこなせるようになります。

即日融資の審査は甘くない!最低限でも知っておきたい審査の事実

即日融資というのは、カードローン審査であっても以下の問題を抱えている人では、審査に通らないほど甘くありません。

  • 年収が審査基準を満たしていない
  • 現在、借金返済トラブルを起こしている
  • 過去に金融事故を起こしている

補足となりますが、上記の条件だけでなく申込内容に虚偽の情報が含まれていないか、こちらもチェックしたほうが良いでしょう。

例えば、年収が審査基準を満たしている状態にするため、150万円の年収を200万円の審査基準のラインに合わせる、このような行為は禁止されています。このような年収のサバ読みについては、10万円、多くても20万円が限度だと思ったほうが良いでしょう。

また、借金返済トラブルとして延滞などの問題が発生しているようでは、銀行カードローンの審査に通りません。消費者金融のカードローン審査ではギリギリ通ることもあるのですが、銀行カードローンは借金返済トラブルを嫌っているので、借金返済トラブルがある場合は、あえて銀行カードローンの審査に申し込まないほうが良いのです。

金融事故についてですが、以下のような問題が見られる場合は、金融事故ありとみなされますので注意してください。

  • 債務整理手続き
  • 自己破産手続き
  • 多重債務問題

これらの問題は、金額が軽微であってもカードローン審査で問題視されます。

また、現在はこのような問題を抱えていないように振る舞ったとしても、個人信用情報機関を通じて借入状況、金融事故を把握されてしまうでしょう。中小の銀行、消費者金融でさえも個人信用情報機関に加盟している時代なので、安易に偽りの情報を記入するのは危険です。

即日融資の審査を楽にする!審査がスムーズに進むようになるコツ

即日融資の審査に通る自信が無いという場合は、以下のコツを活かして、カードローン審査に通りやすい状況を生み出しましょう。

  • 借入希望額は10万円以内で記入する
  • 在籍確認でトラブルが起きない状況にしておく

実際にカードローン審査の申し込みを行ってみるとわかりますが、借入希望額は1万円からで設定できるようになっています。

銀行カードローンは総量規制対象外となっているため、ついつい50万円、100万円という設定をされる人もいますが、年収が300万円以上でない場合、50万円以上からカードローン審査が厳しくなることもあります。そのため、無難に10万円以内で記入を済ませておくほうが、銀行カードローン、そして、即日融資向けの申し込みとなるのです。

また、在籍確認は銀行、消費者金融で行っているため、即日融資に対応している消費者金融であれば、在籍確認無しになるというものでもありません。今でも即日融資を行っている消費者金融は、カードローン審査が甘いと思われる傾向にあり、そのため、このような誤った情報に流されてしまう人もいるのです。

ちなみに、在籍確認は平日に終えておけるのがベストです。土日祝日でも在籍確認の対応そのものは可能なのですが、肝心の融資は即日とならない、もしくは翌日の午後に審査を終えるケースでは、翌々日にようやく融資を受けられるというケースもあります。

それと、近日中で勤務先が変わるといった、勤務先の情報が変わってしまうような状況では、在籍確認を終えないほうが良いです。カードローン審査中に勤務先が変わるようなことがあると、新しい勤務先に対しても電話がかかってしまい、カードローン審査についてもスムーズに進まないことが多くなるでしょう。