即日審査と即日融資!便利なカードローンとはどんなもの?

カードローンのサービスとは、主に即日審査、即日融資の2つとなっています。

同じサービスと思われることが多いのですが、実はまったく異なるサービスなので注意してください。今回は、そんな即日審査、即日融資の案内だけでなく、実際の銀行、消費者金融のサービスも案内しています。

これだけのことを知っていると、カードローンとはどのようなものなのか、その仕組みについても良く理解できるでしょう。

即日審査とは?カードローンは必ず即日審査できるわけではない

即日審査、即日融資のサービスを簡単にまとめると、以下のような違いに気づきます。また、良く見かけるカードローンのサービスは即日審査のため、即日融資と勘違いしないように注意してください。
  • 即日審査:申し込みの当日中に審査を終えられる
  • 即日融資:条件をクリアしている人は即日で融資を受けられる

大きな違いは、即日融資のほうがサービスが充実しているところです。

即日融資の場合、2018年以降銀行カードローンで対応しないサービスとなったため、銀行、消費者金融で対応しているサービスは即日審査のみです。即日融資の場合、指定口座への入金も可能となっており、これらのサービスはインターネット上ですべて対応可能となっています。

即日審査の場合、14時以前の申し込みであれば審査を当日中に終えられるだけです。つまり即日審査とは、時間厳守となっているサービスなのです。

補足となりますが、すべての金融業者で14時以前と決まっているわけではありません。銀行カードローンの場合、13時以前のような消費者金融カードローンに比べて、サービスの幅が狭いケースもありますので注意してください。

即日融資とは?即日審査が終わっても即日融資にはならない?

即日融資の注意点となりますが、即日融資は100%カードローン審査に通るわけではありません。

今では以下のようなカードローン審査の噂は存在しますが、現代のカードローン審査とは、本当に返済能力があるのかどうかをチェックしているため、カードローン審査そのものが甘くないのです。

  • 低収入者でも多く借りられる
  • 無審査、無確認のカードローン

現代では、年収、職業、在籍確認のチェックは必ず行っています。なので、金融業者によっては審査に通りやすいという情報は、あまり当てにならないと思ったほうが良いでしょう。

即日融資のサービスについても同じです。カードローン審査で高い評価を得られない人では、即日融資が難しいため、後日に審査結果を案内しますという対応が一般的になりました。

銀行カードローンの場合、即日融資そのものに対応していないため、銀行カードローンの審査は、昔に比べて厳しいものになっています。逆に、このような厳しさを確立しているため、安心して銀行カードローンを利用する人が増えてきたのです。

即日融資の基礎知識!即日融資を受けたい場合は消費者金融が良い

銀行、消費者金融のカードローン審査の内容は、下の表のようになっています。見ればわかるとおり、銀行よりも消費者金融のほうが、カードローン審査の質は上になっているのです。
金融機関の分類 即日審査 審査時間
銀行 銀行による 平均60分
消費者金融 対応可能 平均30分

なぜ消費者金融カードローンの審査は、銀行カードローンに比べて速いのかというと、それは、カードローン審査を過去から現在にかけて多数行っているからです。

一時期の消費者金融カードローン利用者数は、金融業者の中でもトップクラスでした。そのため、消費者金融カードローンのほうがカードローン審査のノウハウがしっかりしているのです。

ちなみに、銀行カードローンの審査スピードは、あくまでも平均60分というだけです。今では、1~10日かけてカードローン審査を行っている大手銀行が存在しますし、速さばかりが求められているわけではありません。

消費者金融はなぜ審査が速い?審査が速くならないケースもある?

消費者金融のカードローン審査が速い理由は、以下のような実績の多さにあります。

  • 多種多様なカードローン審査の経験がある
  • 保証会社としての実績も多い
・保証会社

カードローンの運営ではなく、審査、契約、取り引きに関する対応を担当している会社を、保証会社と言います。

今では、多種多様なカードローン審査の実績が買われている、プロミス、アコムのような大手消費者金融が増えてきました。能力が評価されているだけでなく、実は、銀行カードローンの審査も保証会社として担当しているのです。

また、60分以内のカードローン審査は速いと言われることが良くあります。しかし消費者金融のカードローン審査は、10分以内が増えておりますので、こちらを目安にしてカードローン選びを進めるのも良いでしょう。

現代のカードローンとは、インターネット上のみでサービスの利用が可能で、即日審査、即日融資に対応しているケースが多くなりました。そのため、カードローン選びを進める際は、サービスの幅、質にこだわったほうが良いのです。

銀行、消費者金融の違いとは?銀行カードローンは審査が遅い?

銀行、消費者金融の違いを簡単にまとめると、以下のような違いが浮かび上がります。

  • 銀行:丁寧な審査を心がけているため審査が厳しくなりやすい
  • 消費者金融:低額の借り入れが許容されサービスの幅が広い

銀行は総量規制対象外のカードローンを販売しています。そのため、多くの方が銀行カードローンを利用されているのです。

・総量規制

安全な借り入れを確立するために、総量規制が施行されるようになっています。

総量規制が適用となるカードローンは、銀行系のカードローン以外となっています。そのため、消費者金融カードローンは総量規制の対象となるのです。

総量規制が適用されている場合、年収の3分の1を超える融資に対して、カードローン審査が行えなくなります。つまり、年収300万円の人は100万円までで融資がストップする仕組みになっているのです。

人によっては、即日審査、即日融資のどちらの審査も通らなかったという人もおられるでしょう。このような結果になってしまう理由は、カードローン審査上の問題が発生しているからです。

昔に比べて柔軟なカードローン審査は増えてきました。ですが、融資額に関しては消費者金融であっても厳しいのです。

その代わり、1~30万円の低額の借り入れを許容しているため、低額でカードローン審査を受ける場合、カードローン審査に通りやすくなるでしょう。

即日融資に向いている!アコムは消費者金融の中でも使いやすい

消費者金融カードローンの即日融資を希望している場合、アコムのカードローン審査に申し込むと良いです。

その理由ですが、アコムのカードローン審査には以下のようなメリットがあり、他の消費者金融カードローンでは同様の対応が難しいからです。

  • 即日融資の実績が多い
  • 女性向けの金融商品を販売している
  • 低額からの融資、返済に対応している

アコムのカードローンというと、テレビコマーシャルでお馴染みのものが増えているため、安心して利用できるという強みがあります。

これは男性のみをターゲットにしているテレビコマーシャルではないため、近年では、女性からも支持されるようになってきました。しかもアコムでは、3秒診断という画期的なサービスも提供しているのです。

即日審査、即日融資においても、業界トップクラスの審査スピードを実現しているため、忙しい人にもオススメできる優良業者となります。

2018年から変わった!銀行の即日審査が難しい理由とは?

最近のニュースを通じて、銀行の即日融資が変わったことを知ったという人が増えています。

過去であれば、銀行も消費者金融並みのサービスを提供していました。ですが、以下のような問題を起こしてしまった銀行も存在するため、今では即日融資の対応が難しくなってしまったのです。

  • 暴力団絡みの事件
  • 即日融資絡みの事件

補足となりますが、即日審査で有名な銀行カードローンは存在します。

ですが、良く銀行カードローンの内容を確認すると、「審査スピードが向上しているだけ」で、実は、即日審査は不可能というカードローンばかりなのです。過去に起こしてしまった問題を改善するため、今では、新しいデータベースを構築するようになりました。

なので、即日審査といっても1日かけて審査を終えているだけで、すぐに融資の話しに切り替わるものではないことを理解しておきましょう。

つまり、現代の銀行カードローンは以下のような事情があるため、即日審査、即日融資が難しくなっているのです。

  • 過去に問題を起こしている
  • 土日祝日は審査対応が難しい
  • 審査そのものに時間がかかるようになった
  • 銀行口座開設を要求する銀行が多い

補足となりますが、銀行口座開設にかかる時間は銀行に依るので注意してください。

例えば、A銀行であれば1日以内で開設可能となっているのですが、B銀行であれば1週間ほどかかるケースもあるのです。消費者金融とは違い銀行では、それほどスピードにこだわっていません。

そのため、素早くカードローン審査、契約、取り引きを行いたい場合は、消費者金融カードローンを選んだほうが賢明です。

銀行カードローンの注意点!チェックしておきたい要素は2つある

もし銀行カードローンを利用したい場合は、以下の注意点も理解しておいたほうが良いでしょう。

  • 営業時間内に審査を終わらせる
  • 窓口による対応は時間がかかる

銀行の営業時間は長くありません。というのも、一般的な銀行の営業時間は9~15時となっているからです。

しかも、銀行は窓口業務がスピーディーというわけでもありません。日によっては、窓口業務以外の業務をこなしているため、中々作業が進まないこともあります。

なので、銀行カードローンを利用される際も、インターネット上からで申し込むようにしましょう。

そして、銀行カードローンの商品内容もチェックしたほうが良いです。カードローンの商品内容には、どの程度の時間でカードローン審査が終わるか、こちらが記載されておりますので確認しておきましょう。