審査に通る人、落ちる人!横浜銀行カードローンと相性が良い人は?

地方銀行と呼ばれている銀行であっても、今では、web申込に対応している時代になりました。

似たようなサービスが銀行、消費者金融で増えているため、横浜銀行のような地方銀行を選ぶ理由、こちらについて悩んでいる人もおられます。ですが、それほど画一的なサービスを心がけているわけではないので、地方銀行を選ぶことにはメリットがあります。

今回はそんなメリットだけでなく、どのような人たちが横浜銀行を利用されているのかもまとめました。

審査は厳しい?横浜銀行のカードローン審査と注意点

地方銀行はカードローン審査が甘いと言われることもあります。ですが、審査の幅を広げる努力をしているだけなので、審査そのものが甘いわけではないことを良く理解しておきましょう。

具体的には、以下のような特徴を持つカードローンとして、横浜銀行カードローンを利用される人が増えています。

  • 保証会社の審査基準が厳しい
  • 他行と比較しても審査は厳しい
・保証会社

プロミス、アコムのような消費者金融、もしくはオリエント・コーポレーションのような信販会社は、保証会社として銀行と提携しているケースが増えてきました。

保証会社は、カードローン審査、契約、その後の取り引きを円滑にするため、これらの作業を担当している会社のことです。

近年になって、銀行カードローンは審査が甘くなったと言われていますが、消費者金融に近いカードローン審査を行うようになっただけです。つまり、誰でも通るような甘い審査を行っているわけではありません。

その証拠に、横浜銀行カードローンの審査は、100万円未満の融資の場合、審査基準が平均的になりやすいという特徴があるのです。

というのも、横浜銀行カードローンの金利である実質年率は、1.9%~14.6%と低金利になっているからです。今では低金利カードローンを求めて、地方銀行を利用される人が増えているため、若干厳しいカードローン審査も増えてきました。

保証会社はプロミス!今では消費者金融と提携している銀行が多い

横浜銀行カードローンの保証会社は、大手消費者金融のプロミスです。

また、プロミスがカードローン審査を担当しているのであれば、カードローン審査が甘くなると思ってしまいますが、昔に比べて今では、甘いカードローン審査を行っている消費者金融の数が減っています。なので、審査が甘いという考えを持たないほうが良いでしょう。

また、審査が厳しいといっても、以下のような審査基準を設けているだけなので、ほとんどの人がカードローン審査に通らないほど、厳しいカードローンというわけではありません。

  • 安定した収入を得ている必要がある
  • 他の金融業者でトラブルを起こしていない

安定した収入を得ているというのは、例えば、アルバイト、パート程度の収入でも問題ありません。銀行というと、アルバイト、パートに対してカードローン審査を行っていないイメージもありますが、保証会社の多くは大手消費者金融のため、アルバイト、パートであっても柔軟に対応してくれるのです。

逆に、ギャンブルで得た収入など、安定した収入を得ていることを証明できない人では、基本的にカードローン審査に通ることはありません。

また、今では銀行、消費者金融で情報を共有している時代です。そのため、銀行カードローン、消費者金融カードローンですでにトラブルを起こしている場合、こちらの情報が共有されるようになっています。このようなケースでも、カードローン審査に落ちることはありますので注意してください。

すでにトラブルを起こしている場合、1ヶ月間ほど様子を見てから、銀行カードローンの審査に申し込んだほうが賢明でしょう。

金利を比較!横浜銀行は他の銀行より金利が低いわけではない

金利を比較してみるとわかりますが、特別な低金利を用意している銀行カードローンはまったくありません。なので、低金利カードローンには過剰な期待を寄せないほうが良いです。
銀行名 商品内容
横浜銀行 1.9%~14.6%
三菱東京UFJ銀行 1.8%~14.6%
三井住友銀行 4.0%~14.5%
みずほ銀行 2.0%~14.0%

なぜ銀行カードローンの多くは、低金利カードローンとして販売されているのかというと、それは、他の銀行と比較して少しでも金利が低い場合、低金利カードローンに該当するからです。

銀行の金利設定を確認すると、ほぼすべての銀行は2.0~15.0%で金利設定を行っているのです。

このような背景がありますので、0.1%でも金利が低く設定されている場合は、低金利カードローンとして案内されることが多くなります。ちなみに、消費者金融カードローンの金利設定は、3.0~18.0%のものが多いです。

そのため、銀行カードローンと消費者金融カードローンを比較した場合、銀行カードローンは低金利というのは事実です。

融資限度額が1000万円!他と比較してどんなメリットが?

メガバンクと比較しても、横浜銀行カードローンは融資限度額が高いです。

一般的な銀行カードローンは500~800万円で、融資限度額の設定を行っているのですが、横浜銀行カードローンは1000万円となっています。

注意点として、融資限度額が高いとカードローン審査が甘くなるというわけではありません。以下のようなメリットを得られることもあるので、融資限度額は高いほうが良いと言われているだけです。

  • 増額審査で有利になりやすい
  • 低金利カードローンを利用できる

増額審査というのは、カードローン契約者が申請する増額審査もあれば、カードローンの運営先が判断して、増額審査が可能であることを通知してくることがあります。

元々、少額の融資しか行わない予定であれば、増額審査の通知がくるケースはほとんどないでしょう。そのため、将来的に今よりも多額の融資を受けたいと考えている人は、横浜銀行カードローンのような、融資限度額に余裕がある銀行カードローンを選ぶのです。

また、低金利カードローンについても、融資額が少ない場合は影響がありません。低金利カードローンの多くは、100万円以上の融資から目立って金利が下がっていきます。

そのため、融資限度額が低い銀行カードローンを利用されている場合、金利面が不安になることも多いため、今では金利、融資限度額を意識して、カードローン審査に申し込む人が増えているのです。

銀行カードローンは審査が甘い?甘い審査は本当に存在する?

カードローンの情報で良く見かける噂の中には、以下のような噂が存在します。

  • 消費者金融のほうが審査が甘い
  • 今まで借金をしたことがない人は多額の融資を受けられる

今では、横浜銀行のように保証会社が消費者金融というケースが増えています。なので、銀行、消費者金融で比較して、消費者金融のほうが審査が甘いというケースはまったくないでしょう。

実際に、カードローン審査には通過率というものも存在し、銀行、消費者金融では以下のような差がある程度です。

  • 銀行:30%台
  • 消費者金融:40%台

消費者金融のほうが銀行よりも審査に通過する可能性は高いです。ですが、消費者金融の場合は50万円以上の貸し付けに対して厳しく、そのため、銀行よりも融資額が減りやすいという特徴があります。

補足となりますが、今までに借金をしたことがない人は、銀行、消費者金融で多額の融資を受けられるというのは根拠が無い情報です。

というのも、今では借金経験についても評価される時代になっているからです。今までまったく借金をしたことがない人の場合、安定感のある借金返済が本当に可能か、こちらが不透明となりますので、かえってカードローン審査に落ちやすくなることもあります。

カードローン審査の柔軟性!銀行よりも消費者金融のほうが上?

消費者金融が銀行よりも勝っているところは、サービスの柔軟性です。

具体的には、以下のようなサービスは消費者金融以外では、受けられないケースが増えてきました。

  • 即日融資
  • 無利息キャッシング

消費者金融は、審査が甘いので利用している人が多いと良く言われますが、今では、カードローン審査の審査基準を用意しているため、収入、勤続年数、職業によってはカードローン審査に落ちます。

しかし今のような人気を維持できているのは、銀行カードローンにはない即日融資が可能で、且つ、無利息キャッシングが30日間、180日間で適用されるからです。補足となりますが、無利息キャッシングは初めてカードローン契約を組まれる人向けのサービスなので、誰でも申し込めるサービスではありません。

ですが、このようなサービスを提供しているため、若年層からの人気を得られるようになっています。

今では、横浜銀行のような有名な銀行であっても、消費者金融と提携しているケースが増えています。ですが、このような背景があるため、銀行側も安心して消費者金融と提携できるような時代になっているだけなのです。

画一的ではない!横浜銀行だからこそのカードローン審査が存在する

地方銀行のカードローン審査は、横浜銀行のように、個性的な審査になりやすい特徴があります。

横浜銀行の場合、以下のようなカードローン審査を行っていますので、メガバンクと比較して、画一的ではないカードローン審査を行っています。

  • 時間をかけて審査を行ってくれる
  • 収入状況を把握してから審査を行う

メガバンクなどでカードローン審査の相談をされると、スピーディーな審査を心がけていることをアピールされることがあります。

ですが、昔に比べて今の銀行カードローンは、それほどスピーディーな審査を行うことが難しくなっているので注意してください。そのため、数日かけてカードローン審査を行うことが増えており、このような傾向は、地方銀行のほうが目立っている状況です。

しかし、このような対応は悪いことではありません。というのも、横浜銀行の場合は収入状況を把握してから審査を進めてくれるからです。

そのため、ゆとりある返済が可能となりますし、審査上の問題点についても理解しやすくなるのです。大手銀行の場合、カードローン審査を慎重に行ってくれないこともあり、画一的なカードローン審査が多い傾向にあります。

大手銀行は多くの利用者がいますので、慎重な審査を行うことが難しいので注意してください。このような傾向にあるため、大手銀行でカードローン審査を申し込んだ場合、すぐに審査落ちの通知がくることもあるのです。

カードローン審査の審査条件!良く確認してから申し込んだほうが良い

カードローン審査は、審査基準をクリアしている人でなければ、カードローン審査に通らない仕組みになっています。

具体的には、以下の審査基準をクリアしていない場合は、カードローン審査の申し込みを控えたほうが良いでしょう。

  • 年齢が満20歳以上69歳以下
  • 安定した収入を得ている
  • 保証会社の保証を受けられる
  • 個人情報の取扱に同意できる
  • 限定された地域に居住している

また、横浜銀行のカードローン審査では、以下の書類を提出することでカードローン審査が進むようになっています。

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 在留カード

これらの身分証明書は、どれか1枚を提出できれば良いので、すべて提出しないといけないわけではありません。このような手順は消費者金融でも同じなため、銀行特有の対応ではないです。

また、現代の銀行カードローンは収入証明も行っているので、以下の書類についても提出を求められることがあります。

  • 源泉徴収票
  • 納税証明書
  • 確定申告書
  • 住民税決定通知書

どのような場合に求められるのかというと、借入限度額が50万円を超える場合となっています。

ですが、銀行カードローンの多くは50万円以上から、カードローン審査が厳しくなりやすいです。これは横浜銀行カードローンも同じなので、最初は10~30万円の範囲で借入希望額の設定を行うと良いでしょう。

横浜銀行カードローンのような融資限度額に余裕のある銀行は、増額審査という形で50万円、100万円の融資を受けられることが多いです。なので、どうしても多額の融資を受けたい人は、このようなサービスを通じて、借入限度額を少しずつ上げていくと良いです。

また、一般的なカードローン審査と同じで、すでに借り過ぎていると判断される人では、増額審査に落ちてしまう可能性が高いです。このようなことも理解して、横浜銀行カードローンを利用するようにしましょう。