多くの人が利用している!カードローンシミュレーションの重要性

カードローンのシミュレーションは便利なので、今では、シミュレーションをされてからカードローンの契約も珍しくありません。

ですが、カードローンのシミュレーションの中には、適切な情報、計算が含まれていないものもあります。このようなシミュレーションに頼っていると、いつまで経っても借金返済を終えられない、借金返済のジレンマを抱えてしまうこともあるので、なるべく詳細のシミュレーションを行えるもので、安全なローンライフを実現するようにしましょう。

シンプルな構成が多い!わかりやすいカードローンのシミュレーション

カードローンのシミュレーションというと、高度な計算を行うものと勘違いされることもあります。ですが下の表の通りで、高度な計算処理を行うものではないため、誰でも気軽に利用できるものなのです。
借入後残高 返済金額 返済回数
10万円 4000円 32回
20万円 8000円 32回
30万円 11000円 36回
40万円 11000円 53回
50万円 13000円 58回

上の表は、プロミスのカードローンのシミュレーションページで確認できます。

支払い回数が多いと余裕を持って返済できる、しかも、このような返済については、カードローン契約者の収入状況によって、適切な金額を示すことまで可能になっています。

なので、どうしてもカードローンのシミュレーションに納得できない場合は、金融業者のスタッフと相談をすることで、適切な対処も求められるようになっています。カードローンのシミュレーションそのものは数分で終わるものばかりなので、時間を長く取るということもありません。

なんのために存在する?カードローンのシミュレーション活用方法

元々のシミュレーションの存在意義は以下のとおりです。

  • 毎月の返済額の算出
  • 返済期間の算出
  • 借入可能額の算出

毎月の返済額の算出と、返済期間の算出は同じようなものに感じる人もおられます。

ですが、人によっては収入に余裕があるので返済期間を短くしたいという要望もあるため、同一のシミュレーションを行っているわけではありません。他にも、返済額をなるべく抑えたいという人もいますので、毎月の返済額の算出もシミュレーションできるのです。

このようなサービスは、男性よりも女性のほうが良く利用しているという統計データもあります。

女性の場合、今までまったくカードローンを利用してこなかったため、今でも、金融業者の一部は悪徳業者に近いと思われている人がいます。ですが、銀行、消費者金融でカードローンのシミュレーションを行うようになってから、毎月の返済額に納得できるようになり、また適切なアドバイスも受けられるため、このような不信感が薄れるキッカケになっているのです。

これもシミュレーションの存在意義と言えるでしょう。

借入可能額の算出もシミュレーションの重要な機能です。消費者金融のカードローンのシミュレーションで良く見かけるのですが、人によってはギリギリまで借りたいという人もいますが、このような要望はカードローン審査中に受けられるものではありません。

そのため、カードローンのシミュレーションを通じて、借入可能額をチェックする人が増えてきたのです。

返済プランの存在意義!即日審査カードローンでも役に立つ?

カードローンのシミュレーションを使うと、返済プランなど、プランに関する提案を受けることもあります。今では、こちらのサービスを受ける目的で、あえてシミュレーションを利用している人が増えてきました。

カードローンのプランとは、具体的には以下のようなサービス全般のことです。

  • 即日審査向けのプラン
  • キャンペーン適用ありのプラン

昔に比べて、今ではカードローンだけでなく、クレジットカードについても新規契約者の獲得を重視しています。そのため、カードローンのシミュレーションを利用した場合、期間限定でキャンペーン適用となるプランもあれば、即日審査に対応しているプランまであるのです。

プランの良いところは、その人に合った返済プランが提示される、発生する利息のいくらかをカットできるといった、他の金融業者では受けられないかもしれないサービスを、多く盛り込んでいるところでしょう。

ミニマムペイメントに要注意!支払いが中々終わらなくなる?

カードローンのシミュレーションで目立つトラブルは、ミニマムペイメントに関する問題です。

・ミニマムペイメント

金融機関で設定されている最低返済額を、ミニマムペイメントと言います。

厄介なことにミニマムペイメントは統一されていません。そのため、金融機関によってミニマムペイメントの差が激しいという問題が起こるのです。

20万円を借りた際では、1万円がミニマムペイメントになるケースもあれば、3000円がミニマムペイメントになるケースもあります。3000円がミニマムペイメントになるケースでは返済が楽になるのですが、これでは利息分も含めて少額の返済に応じているだけです。

何もしらずにミニマムペイメントのみでカードローン審査を申し込むと、返済期間が通常の倍、もしくは、いつまで経っても完済できないようなトラブルに巻き込まれてしまいます。

カードローンのシミュレーションは、公式サイトで設けられているもの、もしくは、企業に属しない個人や集団が設けているものの、2種類があるので注意してください。

企業に属しない人たちが作ったカードローンのシミュレーションは、返済期間が無駄に長くなってしまうものが多いです。簡易的機能のみ搭載されているシミュレーションなので、安全なカードローン契約を組むといった、基本的な要項を無視して開発されているものもあります。

カードローンのシミュレーションはどれも同じ・・・と思っていると、このようなリスクが発生するので注意してください。

補足となりますが、長期間をかけてゆっくり返済している場合、金融トラブルなどで契約の継続が難しいと判断された場合、融資額の一部をまとめて返済するよう命じられることもあります。なのでミニマムペイメントも意識して、安全な借り入れを目指すようにしましょう。

知らないと損をする!?返済とは別のシミュレーション

人によっては、以下のような流れでカードローン契約が解除になる人もいます。

  • 度重なる借金返済の遅延
  • 債務整理
  • 自己破産
  • 多重債務

カードローン、クレジットカードのどちらでも見られるのですが、基本的に借金返済の遅延を何度も見過ごすことはありません。多くても2回、もしくは3回までという決まりさえ存在します。

また、ルール違反となるカードローン、クレジットカードの利用が目立つ場合も、同様に契約の解除を迫られることが多いです。

このような場合、人によっては自暴自棄になる人もおられますが、しっかりと借金返済が難しい場合のシミュレーションの話をしておくと、その後の対応が楽になるでしょう。

契約の解除後も、借金返済という形で金融業者との付き合いは残ります。また、一括返済を命じない場合は、分割返済になりますので、カードローン、クレジットカードの返済状況をチェックしてもらい、適切な借金返済のシミュレーションを行ってもらいましょう。

このような時に、最もやってはいけない行為が電話連絡などを無視する行為です。

金融業者は、何度も電話連絡を入れてくれますので、状況を正しく説明するようにしましょう。もし放置されていると、連絡が不通となった相手と見なし、裁判を通じて処理するようになってしまいます。

このような状況に陥ってしまうと、後になって弁明できない状況となり、一括返済など、苦しい返済を迫られることが多くなるのです。

補足となりますが、借金返済そのものが苦しい場合は、事前に金融業者に対して連絡を入れたほうが良いです。というのも、ローンの組み直しという形で、毎月の借金返済を待ってもらえるケース、場合によっては、利息を抜いて返済しても良いという対応を取ってくれることもあります。

借金返済を正しく行わない場合、金融事故として記録されるので注意してください。

金融事故ありとして記録されている人物は、かつて利用していた金融業者を利用できない、その他の金融業者であっても、1~10年利用禁止という厳しい措置を取られてしまいます。これはローン全般に適用されるので、カードローンが駄目ならクレジットカードを・・・という対応でも、ローン審査に通ることは無いでしょう。

シミュレーションのメリット!ブラックリスト登録のリスクを回避

カードローンのシミュレーションには、以下のようなメリットもあるので、なるべく利用しておいたほうが良いです。

  • お得な情報がメールに届くようになる
  • 返済トラブルのリスクを減らすことができる

過去と現在では、カードローンのシミュレーションの意味がかなり違っています。

例えば、過去では個人が自由にシミュレーション機能を利用できるだけでした。しかし今では、金融業者のアドバイス前提でシミュレーションを利用できるのです。

これは即日審査カードローン、学生向けカードローン、専業主婦カードローンのような、特殊なカードローン審査に申し込む場合でも同じです。

また、どのようなタイミングで申し込むと、より着実にカードローン契約を組めるのか、初心者向けのアドバイスも盛んに受けられるようになります。電話連絡が入るといった面倒も少なく、今ではメールのみでお得なサービスを受けられるなど、過去に比べてサービスがかなり進歩しました。

また、今では若い男女もカードローン審査に申し込むケースが増えています。

それほど、金融業者を通じて融資を受けることが、今では一般の人にも認知されるようになったのです。人によっては、すでに借金をしていて新しく借金をしたいという人もいるのですが、銀行、消費者金融に関係なく、今では、このような人向けのシミュレーションまで存在します。

借金返済で苦しんでいる場合、新規のローンで借金を一本化するアドバイスもありますし、その際に、どれほど金利面で優遇されるのか、こちらに関するカードローンのシミュレーションも利用できるのです。

借金返済に長く苦しんでいると、いつかはブラックリスト登録となります。なので、早めにこのようなサービスも利用してみるのも良いでしょう。

・ブラックリスト

金融業者の場合、返済などでトラブルが目立つ人が、ブラックリストと呼ばれる特別なリストに登録されます。

ブラックリスト登録のリスクは、借金返済の遅延だけでなく、ローン申込の件数、借入件数などが多い場合も該当するため、早い段階で金融業者のアドバイスを受けることは重要なことなのです。

今月は返済が苦しい!そんな時は利息のみの返済も認められる

すべての金融業者に言えることではないのですが、借金返済で困っている場合は、基本的に助け舟を出してくれるのが金融業者の強みです。

具体的には、以下のような対応についても、借金返済で困っている場合は可能になることが多くあります。

  • 利息のみの返済
  • 借金返済を一時的に待つ
  • 借金そのものの組み直し
  • おまとめローンの提供

上記のサービスは、大手の銀行、消費者金融であれば、インターネット、テレビコマーシャルを通じてPRしていることも多く、今では、借金返済でトラブルになる前に、上記のサービスを利用する人が増えてきました。

これらの利用時も、カードローンのシミュレーションを受けられます。

利息のみの返済というと、まるで金融業者側に迷惑をかけているような・・・という気持ちになりますが、消費者金融では苦もなく対応してくれることが多いです。というのも、消費者金融の利用者には様々な職業に就いている人が含まれるからです。

そのため、季節によっては収入が不安定になる兼業農家のような人もいますし、一時的に借金返済を待ったことがある実績についても、銀行より圧倒的に多くあります。

また、おまとめローンで借金を一本化するというのも、今ではちょっとしたブームになっています。というのも、バラバラにローン契約をされている人より、おまとめローンで一本化されている人のほうが、借金返済でトラブルを起こすリスクが小さいからです。

カードローンのシミュレーションについて考える時は、「困った時はお互い様」の精神も重要となります。ただし、大手以外の中小消費者金融などでは、最初に組んだ契約を履行することを前提とし、後になって返済プランの組み直しをすることが難しいケースもあります。

金融業者のすべてで対応しているサービスと、勘違いしないように注意してください。

あまり恐れないほうが良い?シミュレーションでわかる借金返済の事実

過去と現在では、以下のような面でも変化が起きています。

  • 多額の融資に対応している業者は少ない
  • 借入希望額に沿って審査が進むケースは少ない

ローンには総量規制の対象、総量規制対象外が存在します。そのため今では、簡単に多額の融資を受けられる人の数が激減しました。

・総量規制

借り入れそのものに規制を設ける法律のことで、借り過ぎを防ぐ目的で施行されるようになりました。

総量規制の対象となっているローンは、年収の3分の1以上を超える融資が不可能です。そのため、カードローンのシミュレーションでも、借り入れそのものに上限が設けられているが増えてきました。

多額の融資とは、主に100万円以上の融資が該当します。過去では、カードローンのシミュレーション無しで、いきなり100万円以上の融資を受けられた人が多くいました。

ですが、このような借り入れをされていると返済で苦労するだけでなく、返済不能に追い込まれることもあるのです。

そのため、借入希望額100万円という設定で、カードローンのシミュレーションを行っても、「〇〇様の場合、50万円の融資であれば審査可能」といった、このようなシミュレーション結果が出るようになりました。

補足となりますが、銀行系カードローンは総量規制対象外、消費者金融カードローンは総量規制の対象となっています。そのため、消費者金融カードローンでシミュレーションを行っても、1~50万円の範囲で借入可能額が算出されるのです。