知っておくと得をする!?カードローンの限度額は何を意味する?

カードローンの利用限度額というのは、年収だけでなく、職業によっても左右されます。

しかし、カードローン審査の事実について知らない人が多いため、今回は、カードローン審査の特徴をまとめて案内させていただきました。案内の中には、学生、専業主婦といった、特別な職業にある人もピックアップしているので、万人にとって基礎となる、カードローンの利用限度額を学べるようになっています。

総量規制で決まっている!借入は年収の3分の1以上にならない

そもそもカードローンの利用限度額には制限が存在します。今では良く知られるようになった総量規制も、そんなカードローンの利用限度額を制限するものの1つです。
・総量規制

借り入れに対する規制のことで、今では法律によって施行されるようになりました。

具体的には、年収の3分の1以上を超えて融資を受ける際、総量規制対象外のローンを利用しないと、年収に対する制限がかかってしまうのです。

総量規制の対象、非対象については以下を参考にしてください。

  • 銀行系:総量規制の非対象
  • 消費者金融:総量規制の対象

銀行系カードローンであれば、年収300万円の人は100万円までの融資が可能となります。

このことを知らずにカードローン審査に申し込んでしまうと、カードローンの利用限度額が100万円以上とはならず、今までローンを組んだことが無い人の場合、どうして多額の融資が難しいのかと、このようなことに悩みを抱えるケースまであるのです。

また、消費者金融は総量規制の対象となっているだけでなく、今では、銀行系カードローン並みの厳正なカードローン審査を行っています。

そのため、昔のように100万円以上の融資を受ける目的で、消費者金融を利用されたとしても、カードローン審査には通らないでしょう。今では、10~50万円の範囲でカードローンの利用限度額が設定されやすいです。

そのため、50万円以上からは融資が難しくなることを念頭に置き、カードローン審査の申し込みをされたほうが賢明です。

総量規制対象外の借入先!どのように総量規制対象外を探せば良い?

銀行系カードローンだけでなく、以下のようなローンは、すべて総量規制対象外のローンに該当します。

  • 銀行
  • 信用金庫
  • 信用組合
  • 労働金庫
  • 農協
  • クレジットカードのショッピング枠
  • 自動車ローン
  • 住宅ローン
  • 医療ローン
  • おまとめローン
・おまとめローン

他からの借り入れを一本化する際に用いられるローンのことです。

借金返済を目的としているローンのため、おまとめローンの1種である借り換えローンも、総量規制対象外のローンに該当します。

探してみると沢山見つかるのが、総量規制対象外のローンの特徴です。

銀行系に属するローンは、銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫、農協などとなっていますし、カードローンの広告、店内パンフレットを確認しても、「総量規制対象外で借りられます」というキャッチコピーを用いているので、カードローンの利用限度額に対して、厳しい規制が設けられていないカードローンを探すのも、それほど大変ではありません。

逆に、総量規制対象外であることがわかりづらいものは、クレジットカードのショッピング枠でしょう。クレジットカードはショッピング枠、キャッシング枠の借入希望額を設定してから、ローン審査を受ける流れになっています。

ですが、クレジットカードのキャッシング枠は総量規制の対象となっているので注意してください。

例えば年収300万円の人が、ショッピング枠50万円、キャッシング枠100万円で設定されると、カードローン審査に通らなくなります。また、キャッシング枠はショッピング枠より低い数字を記入したほうが、ローン審査が安定するようになりますので、今回のケースでは、ショッピング枠50万円、キャッシング枠20万円で調整したほうが無難でしょう。

他にも、生活に関わるローンとして、自動車ローン、住宅ローンも総量規制対象外となっています。

人気のプロミス!カードローンの利用限度額が高い消費者金融

カードローン審査に通る人が多く、カードローンの利用限度額が高くなりやすい、このような金融業者を探している場合、プロミスを通してカードローン契約を組むと良いでしょう。下の表の通り、プロミスは他の消費者金融より優れているポイントが多いです。
金融業者 審査時間 利用限度額
プロミス 30分 500万円
モビット 最短即日 800万円
アイフル 30分 800万円
アコム 30分 800万円

プロミスは、最短30分でカードローン審査を終えられるのですが、これは過去から現在にかけて大きく変化していません。

つまり、プロミスはカードローン審査にかかる時間が、他の金融業者に比べて高い金融業者なのです。利用限度額については500万円となっていますが、プロミスの場合、初回からの借り入れについても融通が利くようになっています。

例えば、フリーター、主婦のような人であっても、1~50万円での融資を行っているのです。

他の金融業者に比べて柔軟な対応を求めることができますし、プロミスは、カードローン審査だけでなく、実は増額審査にも素早く対応してくれるのです。消費者金融はカードローン審査が甘いと言われていますが、今では厳正なカードローン審査を行う金融業者が増えています。

しかしプロミスは、1万円単位のような少額の融資に対応している、入出金までの時間が短い、カードローン審査で必要な書類が少なく、インターネットのみでカードローン審査、契約が可能となっているのです。

他にも、プロミスは無人契約コーナーの数が多く、昔ながらのサービスとして、土日祝日であっても無人契約機を利用できるといった、アナログなサービスにも細かく対応してくれます。

フリーターは利用限度額が低い!職業によって審査内容が変化する

フリーターは、カードローン審査を申し込めないわけではありません。

ですが、以下のようなカードローン審査の基準が存在するので、すべてのフリーターが、等しくカードローン審査を受けられるわけではないのです。

  • 安定した収入を得ている
  • 年齢、年収の審査条件をクリアしている

これは即日審査に対応しているカードローンであっても同じです。

安定した収入を得ているとは、会社勤めをされている人で、従業員として登録されているケースが該当します。フリーターの中には日雇い派遣として収入を得ている人もいますが、このような人ではカードローン審査に通らないかもしれません。

安定した収入なので、毎月で収入額が大きく変動する場合では、カードローン審査に通らないからです。

これはフリーターのみ該当するわけではなく、ほぼすべての職業に共通して言えることです。

例えば、会社の役員、年収が多い自営業者であっても、急に収入が落ち込む、借金が目立つような人では、カードローン審査に通りません。また、安定した収入を得ている場合、カードローン審査に落ちるリスクが低くなり、適切なカードローンの利用限度額で契約を組むことになります。

これは総量規制対象外のカードローンでも同じです。いきなり100万円以上の融資は難しく、審査に落ちない代わりに50万円ほどで、カードローンの利用限度額が設定されるケースは良くあります。

曖昧な情報を信じてはいけない!学生向けカードローンの実態

学生向けカードローンには以下のような特徴があるので、カードローン審査の申し込み前に知っておいたほうが良いでしょう。

  • 特定の業者のみ審査対応している
  • 多額の融資に対応していない

学生向けカードローンは、主にクレジットカードの販売を行っている金融業者で、学生向けのカードローンも販売しているだけです。

つまり、おまけの金融商品として取り扱われているだけなので、ほぼすべての金融業者は、学生向けカードローンを主力として販売しているわけではありません。

また、消費者金融カードローンのほとんども、学生向けカードローンを販売しているわけではないので注意してください。なので、学生向けカードローンについては、あまり良く知られていない金融業者で契約を組むことが多いのです。

ここで注意しないといけないことは、カードローンの利用限度額です。

ものによっては、100万円以上でも融資可能と案内されているカードローンもあります。ですが、実際は1~30万円で融資の制限を設けている金融業者が多いため、このような商品を見つけた際は怪しんだほうが良いでしょう。

融資に関して曖昧な情報が目立つ場合、そもそもカードローンの審査を正確に行っていない可能性があります。金利などを確認すると、一般的なカードローンよりも金利が高く、学生では返済できないものまで含まれるのです。

このように違法な金利でカードローンを販売している金融業者もいるので、多額の融資に対応していない金融業者ほど、実は、誠実な学生向けカードローンの販売を行っています。

親権者の同意ってなに?学生向けカードローン審査の基礎知識

学生向けカードローンには、融資額をアップさせるコツがあります。

具体的には、以下のような方法で融資額をアップできるのです。

  • 就職前にカードローンを切り替える
  • 親権者の同意を得る

学生向けカードローンには多くの相談窓口があります。例えば、アルバイトを始めるのでカードローン審査を受けたいというもの、他にも、カードローンのグレードをアップさせる相談窓口まであるのです。

一般的なカードローン審査では、アルバイトを始める際に相談をされると良いでしょう。

ですが、すでに内定が決まっている場合、学生向けカードローンを社会人向けカードローンに切り替えることが可能なのです。その際には、カードローンの利用限度額が10万円以上もアップすることもあり、継続してカードローンを利用してくれるということで、カードローンの金利が優遇されるキャンペーンまであります。

その他の手段では、親権者の同意を得ると良いでしょう。

親権者とは、親に該当する人物のことです。つまり、親権者が代わりにカードローンの返済を行うという約束で、カードローンの利用限度額がアップするというテクニックもあります。

なぜカードローンの利用限度額がアップするのかというと、一般的な学生向けカードローンではなく、社会人向けカードローンを最初から利用できるからです。

このようなサービスは、カードローンだけでなく自動車ローン、クレジットカードにも適用されるので、利用限度額をアップさせるテクニックとして知っておきましょう。ただし、利用限度額をアップさせることができるといっても、元々の借り入れより10~30万円ほどしかアップしません。

ローン返済に基づき少しずつ利用限度額がアップするのは、一般的なカードローンと大きな差が無いのです。今では、すべての金融業者が信用を重んじているので、特別な融資を簡単に受けられる方法は少ないと、このような判断したほうが安全なローンライフを過ごせるでしょう。

専業主婦カードローン!ちょっとした工夫で利用限度額がアップする?

無収入の専業主婦であっても、専業主婦カードローンを利用すると、多くの融資を受けられることがあります。

ちなみに、専業主婦カードローンは、学生向けカードローンと比較すると、以下のような面で優れています。

  • 利用限度額は1~50万円と高い
  • カードローン審査にかかる時間が短い
  • 銀行系カードローンを利用できる

大きな違いは、総量規制対象外の銀行系カードローンを利用できるところでしょう。

学生向けカードローンの場合、信販会社、もしくは消費者金融の金融商品に、学生向けカードローンがラインナップされているだけです。なので、販売している金融業者を探すのに手間がかかります。

しかも、1~30万円で融資の制限を設けていることが多いため、カードローンの利用限度額が特別高いわけではないのです。

ではどうして、専業主婦カードローンは融通が利くのかというと、それは、配偶者の了承を得るという条件付きで、カードローン審査が進むようになっているからです。カードローンの名称では、「配偶者貸付」のカードローンとして販売されています。

専業主婦の場合、無収入、就職の予定無し、家事が忙しいなど、収入とは無縁の生活を送っている人が多いです。銀行系カードローンについても、このようなことは理解しているので、配偶者貸付という特別な措置を設けています。

しかも、配偶者を通じて融資を受けるだけで良いため、カードローン審査にかかる時間は即日、もしくは翌日までに審査結果が出るようになっているのです。

カードローン審査の審査条件も厳しくなく、以下の審査条件をクリアできる人物であれば、カードローン審査に落ちる可能性も小さいでしょう。

  • 同様のサービスを現在利用していない
  • 安定した収入を得ている
  • 過去に金融トラブルを起こしていない

これから初めて専業主婦カードローンを利用する人で、且つ、配偶者の収入が安定している人であれば、高確率でカードローン審査に通ります。

金融トラブルについてですが、借金返済で遅延が目立つ、もしくは、債務整理など借金返済の対応に問題が目立つ場合、カードローン審査に通ることはありません。今では、このような金融の利用履歴もチェックされるので、このような問題も含めて審査申込可能なようであれば、専業主婦カードローンに申し込みましょう。

借入のマル秘テクニック!誰にでもできる効率的な借入方法

カードローンの利用限度額で得をする方法ですが、以下のような対応が目立つ人であれば、カードローンの利用限度額がアップしやすくなります。

  • 返済で遅延しない
  • 定期的にローンを利用する

借金返済で遅延されている場合、数日程度の遅延を1回程度であれば問題ありません。

ですが、数日程度の遅延を何度も繰り返している、もしくは、電話連絡がつかないような相手では、金融業者も厳しい措置を取るようになります。なので、できる限り早い段階で、借金返済が苦しい場合は相談するようにしましょう。

金融業者が最も恐れている行為は、不誠実な対応を繰り返す相手との取引です。

また、返済で遅延しないことも大事なのですが、カードローン契約を組んだ場合、まったく利用しないのも良くありません。無目的な借り入れに対しても厳しい判断を下すことが多いので、カードローン、クレジットカードの契約を組んだ際は、定期的に利用するように努力しましょう。

このような努力を繰り返していると、カードローン、もしくはクレジットカードの増額融資という形で、利用限度額がスムーズにアップするようになります。