消費者金融も無関係ではない!カードローンは信用情報が関係している

カードローンの信用情報ですが、インターネット上のものはすべて正しいわけではありません。

そこで今回は、記事内で正しいカードローンの信用情報、そして誤っていることが多いカードローンの信用情報について、分別して案内していこうと思います。これから安全にカードローンを利用したい人は、記事を参考にして、自分に合ったローンライフを身につけるようにしてください。

カードローンだけではない!信用情報はローンごとに登録される

カードローンの信用情報というと、以下のような誤った情報がインターネット上に載っていることもあります。本当のことだと錯覚してしまうものも多いので、このような情報に惑わされないよう注意してください。
  • カードローン契約後に信用情報が登録される
  • 信用情報が良いとカードローン審査に通る

カードローンの信用情報には、上記のような側面があるのは確かです。

ですが、カードローンだけでなく、すべてのローンにおいて信用情報が登録されるようになっていますので、以下のローン契約を組んでいる場合も、信用情報の登録が行われているのです。

  • クレジットカードの審査など
  • 携帯電話の契約など
  • 自動車ローンの契約など

カードローンだけでなく、「取引上の信用を確かめる」目的で信用情報が利用されるようになっています。そのため、カードローンのみで信用情報を集めるというルールがあるわけではありません。

しかも、カードローンを正しく利用している場合であっても、信用情報が良くなるわけではありません。信用情報が良い人であっても、以下に該当するような人では、カードローン審査に通るのは難しいでしょう。

  • 年収、勤務年数が少ない
  • 借入件数、借入総額に問題がある

信用情報は、「安全に取り引きできるかをチェックするもの」なので、信用情報が良いというのは、スムーズにローン審査を受けられるだけだと思ったほうが良いです。そのため、信用情報を意識するだけでなく、収入状況、返済状況も理解して、カードローン審査などに申し込んだほうが良いのです。

3つの個人信用情報機関!機関によって違う情報の種類

信用情報というのは、国内では、3つの個人信用情報機関が関係しています。

下の表は、そんな個人信用情報機関ごとの役割を案内していますので、信用情報の基礎知識が気になる方は、良ければ参考にしてください。

機関名 役割
CIC ・JICCと並び良く目にすることが多い有名な機関
・CICはクレジットインフォメーションセンターの略称
・消費者金融、信販会社が加盟している
・クレジットカード、携帯電話、リースの会社も加盟している
JICC ・JICCは日本信用情報機構を意味する
・消費者金融、信販会社が加盟している
・クレジットカード、携帯電話、リースの会社も加盟している
KSC ・KSCは全国銀行個人信用情報センターを意味する
・銀行利用時の利用履歴を登録する機関

カードローンなど、金融商品の商品案内ページを参照すると、取引先情報の中に、個人信用情報機関の機関名を確認できます。

銀行、消費者金融のほぼすべては個人信用情報機関に加盟しているため、中小の消費者金融であっても、個人信用情報機関に加盟している時代です。そのため今では、カードローン審査がシステムによって機能するようになりました。

返済トラブルが発生!個人信用情報機関にすべて登録される?

ささやかな返済トラブルであれば、個人信用情報機関にその情報が登録されないこともあります。ですが、以下のような返済トラブルが目立つ人では、個人信用情報機関に悪い信用情報が登録されてしまうでしょう。
  • 返済トラブルが目立つ
  • 返済トラブル後に電話連絡が難しくなる

例えば、1週間程度の返済の遅延であれば、それほど悪い信用情報が登録されずに済むため、実は信用情報をあまり気にしないでも問題ありません。

ですが、毎月で返済の遅延が目立つようになってくると、返済そのものの督促を業者側が良く行うようになります。このような状況になってしまうと、すでに個人信用情報機関に対しても、悪い信用情報が登録されているかもしれません。

また、どのような状況であっても電話連絡が難しい場合、信用情報に傷がつくと思ったほうが良いでしょう。

数日程度の遅れであれば問題ないのですが、いつまで経ってもつながらない場合は、業者側で訪問をしないといけないこともあります。電話連絡そのものが途絶えている場合、裁判所を通じて訴えられることもありますので注意してください。

遅延してしまった!そんな時は焦らずに返済しよう

遅延してしまうと、ローン審査を受けられないほど信用情報に傷がつくというわけではありません。

このような場合は、以下のような対処のみで問題解決につながることが多いです。

  • 引き落とし、振込で対処する
  • コンビニ支払い用紙で支払う

27日に引き落としがかかる場合、27日を過ぎてから引き落としがかからなかったという連絡が来ます。

その後は、再度の引き落としを待つか、もしくは、銀行振込などで対処できるようになっていますし、インターネット上にアカウントが用意されている場合は、取引状況をインターネット上で確認するようにしましょう。

このような手段で対応しても、支払いを正しく終えたという扱いになり、大きな信用情報の問題とはなりません。もしインターネットを利用できない場合は、業者側のほうで郵送してくれる、コンビニ支払い用紙をコンビニに持っていき、レジカウンターで支払いを終えるだけで良いのです。

コンビニのレジカウンターを利用すると手数料が発生します。手数料は銀行振込などで発生する振込手数料と同程度なので、それほど厳しい出費にはならないでしょう。

カードローンを利用!これだけで信用情報に傷がつく!?

信用情報というのは、基本的にローンを利用している程度で傷がつくものではありません。

インターネット上では、「カードローンの利用で信用情報に傷がついた」という意見も見つかりますが、根拠となる情報が無いため、あまり信用しないほうが良い情報だと理解したほうが良いでしょう。

カードローンの利用で信用情報に傷がつくこともありますが、以下のような稀有な例に該当しない限りは、特になんの問題も起きないようになっています。

  • ローン審査申込を複数まとめて行った
  • 危険な業者を通じて契約を済ませた

インターネットには便利なサービス、アプリが充実しています。そのため、インターネットのみでローン審査申込を終えてしまう人もいるのですが、原則として、複数まとめて申し込むのは信用情報に傷がつく行為なのです。

というのも、複数まとめてでローン審査に通ったとしても、ローン契約につながるかどうかは曖昧だからです。

これではローン審査を行っている側が損をしますし、まとめてローン契約を行った場合、返済が安定するかも不透明となります。そのため、このような行為でも信用情報に傷がつくことはあるのです。

危険な業者というのは、俗にいう「ヤミ金」のことです。

ヤミ金は、悪徳業者として違法行為を繰り返しているのですが、危険な借金返済を迫るなど、借りている側も正常な取り引きを続けることが困難です。営業の届け出もなく営業を行っていることが多いため、このような業者でお金を借りているという事実が、信用情報に対して傷をつけることもあります。

なによりヤミ金で行う借金は、返済不能になることが多いため、新しい借金そのものを金融業者に拒まれることも多いのです。

意外と多い!信用情報に傷がつくネガティブな利用履歴

昔はホワイトと言われるような信用情報でも、今ではブラックに近い扱いを受けることがあります。

  • 副収入が多い生活を送っている
  • 勤務先、住所が良く変更となる
  • 借金経験がまったく無い

副収入が多い状況であっても収入には変わりない・・・、昔であれば、このような評価を受けることが良くありました。ですが今では、基本的にカードローン審査に通らない信用情報の1種なのです。

副収入が多いケースでは、急に副収入が途絶えてしまうケースもありますし、本当に安全な副収入を得ているのか確認しないといけません。そのため、一部の金融商品以外ではローン審査に通らないこともあるのです。

勤務先、住所についても正しい情報を記入することが大事で、良く情報が変更となる場合は、ローン審査に通らないこともあるので注意してください。

転勤が多いだけであれば問題ありません。ですが、仕事そのものが良く変わる、住所も良く変更となるようであれば、ローン審査を申し込めなくなることもあるのです。

このようなケースでは、安定した仕事に就けない可能性、借金返済の影響で同じ土地に留まれない可能性が出てきます。そのため今では、ローン審査申込において勤続年数だけでなく、居住年数の記入項目が用意されているのです。

他にも、借金経験はゼロよりもあったほうが良いです。

借金経験がまったく無い場合、金融業者側もどう評価して良いのか不透明になるのです。昔であれば高評価につながるのですが、今では、このような厳しい評価も存在するので、携帯電話の契約、クレジットカードの契約を先に済ませておき、借金返済に対応できるところをアピールしたほうが良いでしょう。

ペナルティとリスク!将来的にはリスクも変動する?

信用情報のペナルティですが、現在のペナルティがすべてではありません。

例えば、以下のようなペナルティについても、ほぼすべてが金融業者側の温情によって成立しているだけです。

  • 遅延日数のペナルティ
  • ブラック情報の解除

ブラック情報とは、ブラックリストに登録されることで発生する、金融機関を利用できなくなる情報のことです。

・ブラックリスト

他のローン会社と同じで、今では、銀行、消費者金融のほぼすべては個人信用情報機関に加盟しています。

加盟していることにより、各企業のブラックリストも照会できるようになりました。つまり、ブラックのため銀行でお金を借りられない場合、消費者金融など、他の金融業者でもお金を借りられない状況になります。

一般的なブラック情報は、1~5年間で解除になります。すると、新規でローン審査を受けられるようになるのですが、ペナルティが変更となった場合は、それに伴いペナルティの期間も今より長くなるのです。

補足となりますが、過去に迷惑をかけてしまった金融業者に対しては、原則としてブラック情報が解除されません。

例えば、A銀行に対して迷惑をかけていると、A銀行のブラック情報は残ったままになり、B銀行、C銀行については、ペナルティ分でブラック情報が残るだけになります。そのため、将来的にB、Cの銀行は利用できるのですが、A銀行、そしてA銀行の傘下に属する金融業者では、ブラック解除後も取り引きできないのです。

このようなペナルティ、リスクを知っていると、信用情報の重要性が理解できるだけでなく、安全なローンライフに努めることも楽になります。