人気のカードローン!楽におまとめローンへ切り替えることも可能

借金返済上で予期せぬ出来事が起きることはあります。

例えば、収入の都合上で借金返済が難しくなる、もしくは、返済計画がずさんであったため、結果として借金苦に陥ってしまうケースが該当します。このような場合、他から借りて借金返済というケースは珍しくありません。

ですが、借金返済のための借金はかえって借金返済を遅らせるだけです。そのため今回は、このような問題に効果的なおまとめローン、その内容やメリットを案内させていただきます。

実質年率が一律!銀行、消費者金融で利用できるおまとめローン

巷で話題になっているおまとめローンですが、具体的には以下のような性質を持つローンのことです。正確にはカードローンではなく、借金返済そのものの救済策として、用意されているローンとなります。
  • 複数のローン契約を1つのローンにまとめることができる
  • 実質年率が固定

なぜこのような性質になっているのかというと、それは、借金返済で無理をさせないという狙いがあるからです。ちなみに、カードローンで良く見かける総量規制については、おまとめローンでは対象外となるため、100万円以上のローンであっても審査に通るチャンスがあるのです。

・総量規制

年収の3分の1以上を超える借り入れに対して、借り入れの制限を設けるものを総量規制と言います。

多重債務問題の影響を受けて、貸金業法により運営されている業者に対して、総量規制が適用されるようになっています。そのため、消費者金融、信販会社は総量規制の対象となっているのです。

多数の業者から融資を受けている場合、借金返済は簡単なものではありません。というのも、同日に借金返済をまとめて行えるわけではないからです。

このようなケースに該当する人ほど、借金苦に陥ってしまう傾向が強く、借金返済のための借金を繰り返した結果、金利分の返済そのものが難しくなることもあるのです。なので、すでに借金苦という人は銀行のおまとめローン、もしくは、消費者金融のおまとめローンを利用すると良いでしょう。

消費者金融は総量規制の対象となっていますが、例外もあるため、おまとめローンは総量規制対象外で利用できるようになっています。

増額融資も可能!?おまとめローンだけのメリットは?

おまとめローンの良いところは、増額融資が可能になっているところです。

・増額融資

融資の多くは固定額になっているわけではなく、借入状況によって融資額が変動するようになっています。

近年では、銀行、消費者金融のどちらでも増額融資を認めるようになりました。おまとめローンの場合、初回から50万円以上の融資が可能となっているだけでなく、さらに増額融資を申し込むことも可能になっているのです。

このような対処についてはカードローン、キャッシングだけでなく、フリーローンと呼ばれている金融商品でも可能です。

ただし、カードローン審査とは違い増額融資の審査には時間がかかります。そのため、おまとめローンの増額融資に申し込む場合は、時間に余裕があるタイミングを狙ったほうが良いでしょう。

また、誰もが増額融資を受けられるわけではありません。以下の条件を満たせる人のみ、増額融資の申し込みが可能となるのです。

  • 安定継続した収入がある
  • 収入の証明が可能
  • 借入先から通知を受けている

借入先からの通知とは、例えば、長くカードローン、キャッシングを利用しているため、借金返済で良い評価を受けている場合に発生します。

人によっては、増額融資に関する相談を行っている人もいるため、借入先も気を利かせてくれることが多いのです。借入先からの通知を受けている場合は、増額融資の可能範囲を大まかに教えてもらえることもあるため、ローン審査で落ちる心配も小さいです。

どんな人と相性が良い?おまとめローンは多重債務者でも利用可能?

以下のような人物は、おまとめローンと相性が良いとされています。また、おまとめローンは高収入者でなければ、利用できない金融商品でもありません。
  • 借入状況が複雑化している
  • 返済計画を立てることができる

返済困難な借金ほど、借金の一本化によって返済が楽になることもあります。

そのため、すでに借入件数が多いと判断される人であっても、銀行、消費者金融でおまとめローンの審査を受けられるのです。借入状況がよろしくないという理由だけで、おまとめローンのチャンスが無いと思ってしまうのは良くないでしょう。

また、年収が200万円以下の人はカードローン、キャッシングの審査で落ちることもあります。ですが、このような審査基準に対しておまとめローンでは、柔軟な対応を取ってくれることが多いため、アルバイト、パートのような人であっても、おまとめローンを利用できるようになっているのです。

ただし、返済計画を立てることが困難という人では、おまとめローンの審査であっても、審査落ちになるでしょう。

例えば、長期返済に応じることが難しい、現在は無収入な人ではカードローン審査だけでなく、おまとめローンの審査であっても申し込みできません。現在は無収入という場合、アルバイト、パートなどで生計を立てるなどの努力をされてから、改めておまとめローンの申し込みを行ったほうが無難です。

借り換えローンと何が違う?なぜ今では人気になっている?

おまとめローンは、借り換えローンと比較されることが多いです。

その理由ですが、以下のような理由によって良く比較されています。

  • 同じローンだと思われることが多い
  • どちらも知名度が高い

似ているように感じるかもしれませんが、借り換えローンは1件のローンに対して有効、そして、おまとめローンは複数のローンに対して有効なため、同じような性質のローンではありません。

ちなみに、借り換えローンよりおまとめローンのほうが、カードローン審査が甘いと言われることもあります。ですがこのような情報は、根も葉もない噂でしかありませんので、信用してしまわないように注意しましょう。

その他の違いでは、借り換えローンのほうがカードローン審査にかかる時間が短いです。

その理由として考えられているものが、銀行、消費者金融に存在するノルマです。ノルマを達成する目的で、銀行、消費者金融が審査の対応を早くすることはあるため、借り換えローンのほうが、すぐに借りられるようになると言われています。

・ノルマ

金融機関には、新規契約者の達成数を意味するノルマがあります。

そのため、新規契約者の達成数が少ないと判断されるケースでは、ノルマを意識してカードローン審査を早くしてしまうのです。今では、多くの人がカードローン、そして借り換えローンを意識するようになったため、多くの人がノルマの存在を知るようになりました。

銀行のほうがお得?消費者金融と銀行でどのような違いがある?

おまとめローンは、消費者金融よりも銀行のほうが評価が高いです。

その理由ですが、以下のような利点が銀行カードローンに含まれているため、消費者金融カードローンよりも評価が高いのでしょう。

  • 融資限度額に余裕がある
  • 実質年率にこだわることができる
  • 長年の実績がある

要約すると、銀行カードローンの場合はおまとめローンであっても、返済期間を長くすることが可能になっています。しかも、消費者金融カードローンよりも実質年率が低く設定されるため、毎月の返済に余裕が生じるのです。

消費者金融カードローンは14.0%前後の実質年率となっています。ですが銀行カードローンは、実質年率が10.0%前後となっているため、約4.0%ほどの差が生じるのです。

おまとめローンの場合、長期間において返済される人が多いため、1年後、2年後というふうに返済期間が長くなるに連れて、この約4.0%の差が大きな差につながっていきます。

しかも銀行カードローンであれば、この状況からさらに金利優遇されるだけでなく、お客様との間でトラブルを起こしてしまう銀行が少なく、20年以上も運営されている銀行も多いため、気軽に優良業者を探すことも可能になっているのです。

また、銀行というとカードローンに対してお堅いイメージもあります。

ですが、銀行カードローンであっても、実際にカードローン審査を行うのは経験豊富な保証会社です。つまり、銀行カードローンは昔に比べて柔軟な対応を取るようになったため、老若男女問わずで利用者が増えるようになりました。

・保証会社

本来であれば、カードローンはおまとめローンであっても、担保、保証人が必要となっていました。

ですが、今では保証会社が返済能力を評価するようになったため、担保、保証人が不要のカードローン、おまとめローンが増えたのです。保証会社は、消費者金融、信販会社の有名な業者が担当となるため、知名度が低い業者との付き合いが増えるわけではありません。

審査のポイント!通常のカードローン審査とおまとめローンは別物

おまとめローンだけの審査ポイントをまとめると、以下のような3つのポイントがリストアップされます。

  • 返済履歴
  • 職業、勤続年数
  • 最近の年収

おまとめローンであっても、必ず借金返済の状況が確認されます。今では、銀行、消費者金融に関係なく個人信用情報機関に加盟しているため、嘘の情報でカードローン審査申込を行ったとしても、カードローン審査に通ることはありません。

例えば、借入件数0件、借金総額0円と記入した場合、借入件数、借金総額の情報に誤りがないか、こちらを最初にチェックするようになっているのです。これはシステムによって自動で判定されるため、嘘の情報が目立つような人では、どこの金融業者を利用したとしても、カードローン審査には通らないでしょう。

また、職業、勤続年数もチェックされるのですが、それほど厳しいチェックを行っているわけではありません。

年収も含めてチェックされるだけで、本当に働いているのか、在籍確認は取れそうか、収入は安定しているかがチェックされます。年収が100万円以内であっても、緩やかに借金返済される予定であれば、おまとめローンの審査に通ることはあるのです。

債務整理中では審査に通らない!?審査で悪い評価が付きやすい人は?

主に多重債務者として扱われている人の場合、以下の理由によっておまとめローンの審査に通らないことが多いです。

  • ブラックリスト登録されている
  • 借金返済の意思がないと判断される
・ブラックリスト

要注意人物リストとも言われるリストなのですが、こちらは金融業者も利用することが多いです。

今では、ブラックリスト登録された人物の情報を、個人信用情報機関を通じて共有するケースも増えてきました。つまり、A業者でお金を借りることができなかった人は、B業者でも同様の扱いを受けることが多く、最終的にはブラックリストの扱いを受け、審査そのものを申し込めなくなることもあるのです。

おまとめローンは、多重債務者を救済する目的で機能することが多いとされています。

ですが、すでに金融事故とされる問題を起こしている人物では、借金返済に応じない可能性が高いため、銀行、消費者金融のどちらでも、おまとめローンの審査を行ってくれることが減っています。多重債務者以外の金融事故では、以下のような行為も、金融事故と同様に扱われることがあるので注意してください。

  • 債務整理手続きを始めている
  • 自己破産者として登録されている
  • カードローン審査申込で怪しい行動が目立つ

すでに債務整理手続きを始めている場合、元金の返済に対応するケース、元金の返済にも応じないケースが考えられます。元金の返済に対応するケースであれば、誠実な借金返済に応じる構えとなるため、金融業者との間で揉めることは少ないでしょう。

ですが、債務整理手続きの多くは借金返済に応じないケースが多いため、金融業者の多くは、おまとめローンの審査を拒否するようになるのです。

他にも、カードローン審査申込後に態度が急変する人、もしくは、他の業者でも同様のカードローン審査申込が目立つような人では、債務整理手続きと同様で、不誠実な対応を取っている人物として、最終的にはブラックリスト登録となるケースもあります。