メガバンクとして有名!みずほ銀行カードローンにはどのような特徴が

銀行カードローンの中でも、特に古い歴史を持つのがみずほ銀行カードローンです。

銀行カードローンというと、消費者金融カードローンに比べて生真面目な審査が待っている、このように思われている人も多いです。しかしみずほ銀行は、過去から現在にかけて審査が柔軟なため、アルバイト、パートでも借りられる、高レベルなサービスを提供しています。

実質年率、融資限度額ともに、みずほ銀行カードローンはトップクラスです。そのため、長期的に利用できるカードローンを探している場合も、選ばれているのは主にみずほ銀行のような、メガバンクとして有名な銀行が多いとされています。

知名度はトップクラス!メガバンクとして頼りになる銀行

みずほ銀行の特徴ですが、みずほ銀行の金融機関コードは0001です。つまり、日本の中では特に古い歴史を持っている銀行が、みずほ銀行となります。

他にも、みずほ銀行には以下のような特徴があるため、多くの方から利用されるようになりました。

  • 融資限度額がトップクラス
  • 安定した収入がある人であれば利用可能

融資限度額というと、カードローン審査においては重要ではないという意見もあります。ですが、家族でみずほ銀行カードローンを利用される場合、急に高額の支出が予想されるようになった場合、このような時のことも考えて、あらかじめ融資限度額が高いメガバンクを利用される人が増えてきました。

現代では、個人の趣味による支出だけでなく、レジャー、もしくは資格取得、病院を利用するような形で、予想外の支出が発生するケースは増えています。

みずほ銀行カードローンは、このようなお使いみちにも対応しているため、借金の一本化を意識してみずほ銀行カードローンを利用される人も増えてきました。

・借金の一本化

複数のローンを1つのローンにまとめることを言います。

銀行カードローンでは、借り換え、おまとめローンに対応していますし、高額の融資に対応しているフリーローンも取り扱っているのです。

また、みずほ銀行ではこのような借金の一本化など、借金返済、借金返済のシミュレーションにも対応しています。借金を抱えている場合、新規でカードローン契約を組むことは難しいと思ってしまいますが、メガバンクなど頼りになる銀行カードローンもあるので、個人で悩むより相談をしたほうが得策でしょう。

補足となりますが、提供されている金融商品、サービスを利用する場合に、手数料などが発生することはありません。銀行カードローンは、このようなサービスにも対応しているため、老若男女問わずで人気が高いのでしょう。

銀行なのに審査が柔軟!収入が少ない人でも利用可能

近年では、インターネット上でカードローン審査が甘いという、このような情報を目にすることもあります。

ですが、このような情報には根拠がないため、カードローン審査では、以下のような審査条件が設けられていると判断したほうが良いでしょう。

  • 安定した収入がある
  • 返済能力が認められている
  • 国内で居住している

安定した収入があるというのは、会社勤めをされている、もしくは、自営業という形で収入を得ていても問題ありません。ですが、以下に分類される収入については、安定した収入があると判断されないこともあります。

  • 勤続期間が短い仕事の収入
  • 副収入として扱われるもの
  • ギャンブルにより発生した収入

なぜこのような厳しい審査条件が盛り込まれているのかというと、銀行カードローンだけでなく、ローン全般の利用で返済トラブルを起こす人がいるからです。つまり、ローン審査に通るためには収入だけでなく、返済能力も認められないといけません。

勤続期間が短い仕事の収入についてですが、短期のアルバイト、パート、もしくは、契約社員として短期間のみ働く場合も該当します。このような収入を得ている人の場合、働き始めではみずほ銀行カードローンの審査に通らないかもしれません。

また、ギャンブルにより発生した収入のすべては、副収入と同じで収入としての扱いを受けることがありません。急に収入が怪しくなる人もいますので、特に銀行カードローンでは審査対象にならないことのほうが多いのです。

お使いみちは自由!好きなように借りられるのもみずほ銀行のメリット

みずほ銀行カードローンの商品内容については、下の表を参考にしてください。みずほ銀行カードローンは、他の銀行カードローンと比較して、融資限度額に余裕があるという大きな特徴があります。
項目 内容
商品名 みずほ銀行カードローン
融資限度額 800万円
お使いみち 原則自由
※ 事業性資金は不可
保証会社 株式会社オリエントコーポレーション
その他 ・永住許可を受けている外国人の方も利用可能
・返済方式は残高スライド方式
・限度額50万円超にする場合は収入証明書を求められる

近年では、融資限度額が高い銀行カードローンの利用者が増えるようになりました。このような背景には、以下のような理由が含まれているとされています。

  • 消費者金融カードローンの審査が厳しくなった
  • 銀行カードローンの審査が柔軟になった

消費者金融カードローンというと、好きなだけ融資を受けられると、このように思われている人が今でもいます。ですが今では、消費者金融カードローンに総量規制が適用されるため、年収の3分の1以上で借り入れを行うことはできません。

総量規制が適用されないカードローンについては、主に銀行カードローンとされています。

しかも銀行カードローンは、みずほ銀行カードローンのように審査が柔軟になりました。具体的には、安定した収入がある人であれば、カードローン審査に申し込めるのです。

例えば、今までの銀行カードローンでは、アルバイト、パートの審査申込が認められていませんでした。しかし今では、保証会社ありでカードローン審査を行っているため、アルバイト、パートであっても銀行カードローンの契約を組めるようになったのです。

・保証会社

保証会社とは、カードローン審査、その後の契約、返済の対応を取る会社のことです。

保証会社の多くは消費者金融、信販会社で構成されているため、これらの企業に対して審査を申し込む形になります。消費者金融、信販会社はカードローン審査の実績豊富なため、多種多様な人でもカードローン審査に通るようになったのです。

どんな人が借りている?みずほ銀行カードローン利用者の特徴

みずほ銀行カードローンは、個人向け無担保ローンとして販売されています。

そのため、以下のような要望を持っている人ほど、みずほ銀行カードローンで融資を受けているのです。

  • 担保、保証人不要でカードローン審査を受けたい
  • 銀行カードローンで契約したい

近年では、消費者金融カードローンから銀行カードローンに切り替える人も増えてきました。その理由は以下のとおりなのですが、要約すると借金返済が楽になるため、みずほ銀行カードローンのような大手銀行に切り替えているのです。

  • 実質年率が低い
  • 借り換え、おまとめローンを提供している
  • 長期返済に対応している

銀行カードローンというと、お金に余裕がある人ほど利用している、このようなイメージを持たれている人もいますが、今では、様々な人が利用するようになりました。

例えば、みずほ銀行カードローンでお金を借りるというより、消費者金融カードローンで借金返済することが大変なので、銀行カードローンで借り換えを行うこともあるのです。昔は良く、借金の一本化というものを目や耳にしましたが、このような対応を、今では大手銀行でも対応してくれるようになったのです。

ちなみに、どうして消費者金融カードローンで借金の一本化を目指さないのかというと、消費者金融カードローンは、借金の一本化に対応しているものの、実質年率、融資限度額に問題が生じやすいからです。銀行カードローンの場合、以下のような対応を取ってくれるため、今では銀行カードローンのほうが知名度が高くなりました。

  • 200万円の融資に対応している
  • 金利優遇

消費者金融カードローンの場合、50~100万円で融資の制限を設けることが多いです。しかし借金の一本化を目指している人の場合、100~300万円の間で融資を受けたいというケースが多く、ぎりぎりで消費者金融カードローンの融資では、借金の一本化ができないというケースもあるのです。

また、みずほ銀行カードローンのようなメガバンクほど、金利が通常より安くなる、金利優遇のキャンペーンを開催していることが多かったりします。

2つのタイプが用意されている!便利なみずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンには、以下のような2つのタイプが存在しますので、用途に応じて、好きなタイプで融資を受けられるようになっています。

  • カードローン兼用型
  • キャッシュカード兼用型

違いをわかりやすくまとめると、以下のような違いがあります。そのため、同様の商品のように見えても、実は別物という事実があるのです。

・カードローン兼用型

ローン専用のカードが発行されるタイプです。

ただし、キャッシュカード兼用型とは違い、カードローン兼用型はすぐに利用可能になるわけではありません。カードローン契約後から1~2週間の期間を設けて、ようやくカードローンが利用できるようになります。

・キャッシュカード兼用型

みずほ銀行キャッシュカードに対して、カードローン機能を付与したものが該当します。

カードローン審査後にキャッシュカードのみで、カードローンを利用できるようになります。そのため、すぐにみずほ銀行カードローンを利用したい人は、キャッシュカード兼用型を選んだほうが得策なのです。

みずほ銀行のスイングサービス!無駄なくカードローンを利用できる

みずほ銀行カードローンを利用する場合、自動貸越機能、スイングサービスも知っておいたほうが良いでしょう。

・自動貸越機能

キャッシュカード兼用型を選択した場合、自動貸越機能も利用できるようになります。

自動貸越機能とは、キャッシュカード利用時の残高不足を解消する機能のことです。仕組みとしては、カードローン利用限度額を元にして、不足分をカードローン利用限度額で充当する仕組みになっています。

・スイングサービス

自動融資サービス、自動振替サービスとして有名なサービスです。

こちらはキャッシュカードの残高不足ではなく、クレジットカード決済時の不足分に対して、カードローン利用限度額で充当する仕組みになっています。自動振替サービスは、カードローンに対する入金に対して返済に余分が生まれた場合、その金額をみずほ銀行の普通預金口座に貯金される仕組みです。

今では、メガバンクで対応しているサービスを、参考にしている金融機関も増えてきました。

しかしみずほ銀行は、過去から現在にかけてこのようなサービスを提供しているのです。つまり、実績豊富なため信用が高く、そのため、多くの人から利用される銀行カードローンになりました。

そのため、無駄なくお金を借りる、無難に返済できる銀行カードローンを探している人は、みずほ銀行カードローンと相性が良い人となります。

どんな人が審査対象?カードローン審査条件を満たすことは大変?

みずほ銀行カードローンの審査条件は、以下のように細かく定まっています。

  • 年齢が満20歳以上満66歳未満の方
  • 安定した収入がある人
  • 保証会社の保証を受けられる人

このような審査条件が設けられているので、銀行カードローンは審査が甘いということはありません。このような情報にはリスクもあるので、審査が甘いという情報に騙されないようにしましょう。

具体的なリスクとしては、以下のような借入上のリスクが発生するとされています。

  • 知名度が低い業者を利用してしまう
  • ヤミ金など悪徳業者を利用してしまう

知名度が低いだけであれば良いのですが、人によっては、何度もカードローン審査を申し込む羽目になってしまい、金融事故を起こしてしまう人までいます。例えば、どこでカードローン審査を受けても通らないので、自暴自棄になってしまい、ヤミ金など悪徳業者を利用する人もいるのです。

ヤミ金などを利用してしまうと、借金返済でトラブルを起こしてしまう可能性が大きいため、銀行カードローン審査に通らなくなる可能性が出てきます。

アルバイト、パートの借入!みずほ銀行カードローンでは借入が可能

みずほ銀行カードローンは以下のような職業であれば、カードローン審査を行ってくれます。

  • 公務員
  • 会社員
  • 派遣社員
  • 個人事業主
  • 会社経営者
  • アルバイト
  • パート

銀行カードローンというと、カードローン審査が厳しいイメージもありますが、安定した収入がある職業に対する柔軟な姿勢もあるため、10~50万円といった、低額の融資に対応しているのです。

なので、アルバイト、パートは銀行カードローン審査に通らないと思わないほうが良いでしょう。返済についても長期返済に対応している強みが、みずほ銀行カードローンにはあります。

人によっては、すでにローン契約を他で組んでいるため、みずほ銀行カードローンの審査に通るか、そのことが不安という人もおられるでしょう。ですが、借金状況を理解し返済計画を立てられる人であれば、銀行カードローンの審査に通ることは不可能ではありません。

逆に、年収が多いように装ったり、借金をしていないように装っても、すぐにバレてしまうことのほうが多いです。

今では、銀行、消費者金融に関係なく個人信用情報機関を通じて、カードローン審査を行うようになっています。借金状況は必ずチェックされますし、近日に行ったカードローン審査の記入内容と、今回の記入内容を照会するのにも時間がかかりません。

嘘をついてしまうと、虚偽の情報でカードローン審査に申し込んだ、このような情報が残ってしまうので注意してください。